ホームページ制作は全国対応の会社が多いですが、トラブルが発生する場合を考えると、近くの会社を選択したい方は多いでしょう。

本記事では、大阪府にお住いの方や大阪に拠点をおく企業の方向けに「実績」「総合力」「ブランディング」「コンサルティング」「デザイン」の5つの特徴に分けて大阪の制作会社を解説します。

そのほかにも、
・大阪のホームページの見積もり例
・失敗しないホームページの選び方
について解説しています。ホームページ制作を検討している方はぜひ参考にしてください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスsiteflowではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。

実績豊富な大阪のホームページ制作会社2選

近年、オンラインコミュニケーションツールが発達している影響でホームページ制作会社の所在地は重視されていませんが、ここでは大阪で実績があるホームページ制作会社を紹介します。
制作実績をみれば、どの程度の経験を積んでいるかを見ることができるため、依頼する際の判断基準にもなります。

1. 株式会社AID-DCC

引用元:株式会社AID-DCC

「株式会社AID-DCC」は、ウェブとインタラクティブの分野を中心に、多岐にわたる領域・表現・技術によって企業や社会のaid(助力)を目指すホームページ制作会社です。

エンターテインメント性の高いものからメディア露出の多いものまで、さまざまな業種のホームページ・作品を手がけ、「ADFEST 2020」や「第40回新聞広告賞」などにおいて数多くの受賞歴があります。制作実績には、「株式会社セガグループ」の広告や「THE FIRST TAKE」のオフィシャルサイトがあり、実績豊富かつ魅力あふれる会社です。

2. 株式会社ノイ

引用元:株式会社ノイ

「株式会社ノイ」は、「しっかりこだわり、しっかり結果を出す。」をコンセプトに、クライアント視点での企画提案から、制作開発〜公開運用までプロジェクトの上流から下流までを請け負うホームページ制作会社です。

ブランディングやコミュニティサイトなどWebサイトの種類に応じて制作プロセスが異なり、面白さを追求したバナーから企業や大学のコーポレートサイトまで、タイプに応じて幅広くデザインできるのが特徴です。

制作実績には例として、「神戸学院大学」「京阪電気鉄道株式会社」「株式会社くらコーポレーション」などのオフィシャルサイトがあり、さまざまな業種のホームページに対応できます。

総合力のある大阪のホームページ制作会社2選

制作実績に加えデザイン・コンサルティングなど総合力のある会社は、クライアントにとって安心材料が多く、とても魅力的に見えます。ここでは、総合力のある大阪のホームページ制作会社を紹介します

3. UNIONNET Inc

引用元:UNIONNET Inc

「UNIONNET Inc」は、Webのプロ集団がトータルプランニングし、クライアントの課題にオーダーメイドな解決策を提供するホームページ制作会社です。

中長期的視野でコミュニケーションの質と量を高め、社会から信頼される企業へと成長するための第一歩を、ホームページを通じてサポートします。「Webからの集客を強化したい」「SNSをプロモーションに取り入れたい」など、クライアントのさまざまなニーズに応え、名刺やパンフレットも含めたトータルブランディングにも対応可能です。

4. エムハンド

引用元:エムハンド

「エムハンド」は、SEOやブランディング戦略を重視したサイト制作や、広告運用・コンサルティングなどあらゆるWeb領域に対応した総合的アプローチでサービスを提供するホームページ制作会社です。

ロジカルな戦略とデザインクオリティ、印象に残るユーザー体験、それらを高い次元でまとめ上げアウトプットすることで、企業成長に欠かせないブランディングの確立を実現します。

サイトを制作するだけでなくその後の運用についてもご提案し、定期的なコンテンツ・UIの改善など中長期的にPDCAを回していくことを目標としています。

ブランディングが得意な大阪のホームページ制作会社2選

オンライン時代において、ブランディングを成功させるため、ホームページは欠かせないツールとなっています。

そして、ブランディングが得意な会社は独自のノウハウを持っており、ホームページのようにIT技術を必要とするツールでは大きな差が生まれます。差を広げられないためにも、ここでは、大阪でブランディングが得意なホームページ制作会社を紹介します。

5. 株式会社モノサス

引用元:株式会社モノサス

「株式会社モノサス」は、マーケティングやブランディングから生まれる価値を提供し、クライアントの経営に役立つ戦略的な価値を高めることを目的としたホームページ制作会社です。

とくに、ブランディングサイトの制作に精通しており、一般消費者に対する認知度・イメージ向上を図る企業向けに、コンテンツ企画から、デザイン・実装まで幅広く対応しています。

これまでの実績として「オリエンタルモーター株式会社」「HTBエナジー株式会社」などがあり、いわゆるBtoB企業が多いのが特徴です。

6. PARADOX

引用元:PARADOX

「PARADOX」は、4領域のブランディング戦略(コーポレートブランディング・インナーブランディング・カスタマーブランディング・採用ブランディング)を軸にさまざまなソリューションを提供する会社です。

ブランディング戦略の中で、パンフレットといった印刷物や動画の制作など幅広いクリエイティブを制作していますが、ホームページの制作実績も多数あります。例として「川崎重工業」「タイガー魔法」「三和エステート」などの大手企業があり、ホームページ制作に関して信頼性が高いといえます。

Webコンサルティングが得意な大阪のホームページ制作会社3選

Webサイトや広告、SNSなどのWebマーケティングに関してノウハウがない、もしくは成果が出ない企業・組織であれば、Webコンサルティングが得意なホームページ制作会社がおすすめです。ここでは、コンサルティングに優れた3社を紹介します。

7. 株式会社ポテンシャルユナイテッド

引用元:株式会社ポテンシャルユナイテッド

「株式会社ポテンシャルユナイテッド」は、Webサイトを使ったビジネスを広げるためにソリューションを組み合わせた提案を行い、クライアントの課題を解決するホームページ制作会社です。

顧客とのWeb上におけるコミュニケーションに悩みをもつクライアント向けに、ヒアリングやこれまでの実績を活かして課題解決に導きます。

「大洋興業株式会社」「東急不動産株式会社 60周年記念サイト」など企業のコーポレートサイトのほか、「看護部」「シナジーマーケティング株式会社」の採用サイトなど幅広い制作実績があるのも特徴です。

8. 株式会社TAM

引用元:株式会社TAM

「株式会社TAM」は、製品・サービスの新しい価値を共創し、制作・開発のモノづくりから、マーケティング、現場運用まで伴走するホームページ制作会社です。

サービス開発からマーケティングまで深い専門性を組み合わせて、デジタル戦略のすべてをサポートします。これまでの実績としては、「ミズノ株式会社」のWebコンサルタントを手がけました。

競技用シューズのシェア拡大を目的に、課題抽出のための調査、ワークショップからブランドコンセプトの再定義、プロモーション施策立案と運用まで、クライアントと一体となりプロジェクトを進めます。

9. 株式会社アリウープ

引用元:株式会社アリウープ

「株式会社アリウープ」は、クライアントのWebサイトを「新たな価値を生み出す資産」と定義し、その運用を通して価値最大化をコミットするホームページ制作会社です。

Webサイトの役割やビジネスゴールを明確にし、目的を達成するための戦略を総合的に提案するのを得意としています。
とくに、Webを通じて得られる「成果」を重要視し、Webサイトをつくる「だけ」をゴールにしていません。

「Webを通じて自社のビジネスを向上したい」「デジタル施策で社会に良い影響を与えたい」と考えるクライアントの「本気」の実現をサポートします。

デザインが得意な大阪のホームページ制作会社3選

10. 株式会社フォーデジット

引用元:株式会社フォーデジット

「株式会社フォーデジット」は、生活の周辺にあるすべての体験を含め、ユーザー視点でサービスのあり方を描き、ウェブ・アプリ・プロダクト構築へとつなげるホームページ制作会社です。

新規または既存のアップデート、デジタルプロダクト開発など、オンライン・オフラインを問わず体験をデザインします。また、UXコンサルティングからUI開発、実装まで、サービスに必要なものを包括的に提供できるのが特徴です。

11. Vogaro株式会社

引用元:株式会社Vogaro

「Vogaro株式会社」は、企業やブランドのデジタルシフトを、戦略立案から施策実行まで伴走し、ビジネスの成長を実現するホームページ制作会社です。また、「流行を創出する」をミッションに掲げ、数多くの企業のブランディング・マーケティング支援を展開しています。

これまでに、「ネスレ日本株式会社」の総合プロモーションや「山本光学株式会社」のオフィシャルサイトを手がけており、豊富な実績と経験をもとにクライアントのニーズに応えます。

12. 株式会社STARRYWORKS

引用元:株式会社STARRYWORKS

「株式会社STARRYWORKS」は、先人たちが築いてきた伝統的な技能を大切にしながら、新しいテクノロジーも取り入れ、手法にとらわれない本質的なもの作りを追求します。

独自に動画編集アプリや決済アプリの開発も手がけており、幅広い分野に精通しています。
また、子ども向けのサービス・デジタルコンテンツ・プロダクトの企画・制作・開発を担う「株式会社BUTTON」を、子会社として新たに設立するなど、業種に捉われないクリエイティブさが特徴です。

【目的別】ホームページ制作にかかる費用相場

さて、続いてこの章では、ホームページ制作にかかる費用相場について解説していきます。

意外にもホームページ制作にかかる費用はピンキリで、依頼する制作会社や実装したい機能によって制作費用は大きく変化するので、この章で提示している目的別の費用相場はあくまでイメージをつかむための目安・参考程度に考えてください。

1. 必要最低限のホームページ

ホームページとして最低限の機能さえあれば良いという方は50〜150万円くらいの制作費用を想定しましょう。50〜150万円はホームページ制作費用の中ではかなり安価な価格帯に属します。

具体的なホームページ制作方法としてはホームページ制作ツールの既存テンプレートを用いた制作になります。ただし、この価格でオリジナリティ溢れるホームページを制作することは難しいです。

2. 一般的なホームページ

オーソドックス普通のホームページを制作したい方は150〜500万円くらいのホームページ制作費用を想定しましょう。ホームページ制作会社に依頼すると、大抵、この150〜500万円の間に収まります。

具体的なホームページ制作方法としてはクライアントからのヒアリングをベースにゼロから制作する方法が一般的です。依頼者側の希望を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、ある程度オリジナリティのあるホームページを制作することができます。

3. オリジナリティを追求したホームページ

オリジナリティ溢れる高品質なホームページを制作したい方は500万円以上の制作費を想定しましょう。より多くの人たちが制作に携わるため、プロジェクトは大規模化し制作期間も半年ほどになります。

単にホームページを作るだけではなく、ブランディングの観点もゼロから一緒に考えたり、他にはないハイクオリティなホームページを作ったりできます。

【番外編】フリーランスに依頼する場合

制作会社に依頼する以外にもフリーランスに依頼してホームページ制作をする方法があります。フリーランスに依頼するメリットはコストをより低価格に抑えられることです。

例えば、Lancers(ランサーズ)というフリーランス紹介サービスで作成する場合を考えてみましょう。Lancersで作成すると、1〜10ぺージの場合は5〜40万円で11〜20ぺージの場合は5〜80万円がおおよその相場です。

しかしながら、低コストな分、以下のデメリットも存在します。
・品質が保証されていない
・突然廃業するリスクがある
・納期に遅れる可能性がある
・作業内容に得意・不得意が出やすい


フリーランスへの依頼を検討している方は、ここで紹介したデメリットがあるということを理解しておく必要があるでしょう。また、以下の記事で他にも安心して制作を任せられるフリーランスを選ぶポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

大阪のホームページ制作会社の見積もり例3選

それでは、実際にホームページを制作する際どれくらいの料金がかかるのか、大阪のホームページ制作会社3社の料金を比較してみましょう。

ここで紹介している見積もり例もあくまで一例に過ぎません。もし興味のある制作会社を見つけたら、実際にその会社の見積もりも取り寄せてみてください。

また、見積もりを取り寄せる際に気をつけてほしい点があります。それは作成した見積もりが制作会社のホームページ上で公開されている見積もりとは異なる可能性があるということです。
実際に取り寄せた見積もりの内訳が適切か、他の制作会社と比べて何が違うのかなど、内容をしっかり確認することを忘れないようにしましょう。

1. 株式会社アイジス

引用元:株式会社アイジス

株式会社アイジスでは、テンプレートデザイン・オリジナルデザイン・スマートフォンサイトの3種類で料金を設定しています。テンプレートデザイン・スマートフォンサイトの場合、最安で170,000円から制作を依頼することが可能です。

また、基本料金はTOP含む7ページの制作の場合のため、それ以上ページを追加する場合は1ページごとに15,000〜40,000円の料金がかかります。ページ数と目的に応じてプランをお選びください。

2. モノレッジ

引用元:株式会社モノレッジ

モノレッジは、初回の制作費がスタンダードプランで最安価格が50,000円です。

また、現在はキャンペーン価格としてさらに値引きして35,000円と破格の値段となっています。また、制作後の月額固定費は0円です。ページ数やデザインのフォーマットによって制作費が大きく変動することも予想されるため、制作前には充分確認するようにしてください。

3. 株式会社アン

引用元:株式会社アン

株式会社アンは、ホームページ制作において「利益につながるWEBサイト」を目指す会社です。

料金はあくまで平均として、通常のホームページ制作が90~110万円ほどです。実際には、ターゲット分析やコンバージョン設定などを含めたWEB戦略(マーケティング)を練った上で金額が決定します。しっかりと目標を立ててホームページ制作を行いたい方におすすめの会社です。

【必見】ホームページ制作会社選びで失敗しない7つのポイント

この章では、ホームページ選びで失敗しない7つのポイントを紹介していきます。

ホームページ制作会社をよく考えずに選んでしまうと、想像とは違うホームページが完成したり、当初より高額になってしまったりするケースは少なくありません。ホームページ選びで失敗しないポイントを押さえて、自分に合ったホームページ制作会社を見つけましょう。

1. ホームページ作成目的の明確化

初めに明確にすべきは、「ホームページを通じて自社が何を達成したいのか」です。
なんとなくかっこよければいいや、最低限の閲覧数が確保できればいいや、など曖昧な理由や目的でホームページを制作するだけでは求める成果につながりません。

例えば、ホームページを通じて何をしたいのか、ブランディングをしたいのか、売り上げを上げたいのか、考えてみましょう。

そうしたら次に、どんなブランディングをしたいのか、売り上げはどの分野で何%増を目標にするか、という感じで目的をより具体的にしていきます。

十分に練られた目的やゴールは、自社にどんなホームページが必要か明確にしてくれるだけでなく、どこに強みを持つホームページ制作会社にすべきかも明らかにしてくれるため、とても重要です。

抽象的で曖昧な目的はしっかり掘り下げて具体化し、明確な目的にしましょう。

2. 予算・納期の設定

例えば「納期は〇月〇日で、予算は250万円以内。〇〇な機能を備えたホームページが作りたい。」など、明確な金額や納期、実装機能を含んだ提案ができれば、制作会社側からの具体的な提案がもらえます。

制作会社は同時にいくつもの制作を並行して行っている場合が多いです。納期が短いとホームページのクオリティが下がったり、費用が上がったりする場合があるため、余裕を持った納期の設定を行いましょう。

3. 相見積もりの取り寄せ

相見積もりを取るメリットは、見積もりをとったホームページ制作会社のうち、どこの見積もり金額が自社の予算と相性が良いか金額に見合ったサービスを提供しているかを客観的に比較し判断できる点にあります。

ホームページ制作はコンテンツによって大きくコストが変わってしまうこともあり、制作会社が料金表を公開していないことも多いです。

また、見積もりの際には制作費以外にも気をつけるべきポイントがいくつかあります。例えば窓口の対応がそのひとつです。

窓口の対応が悪い場合、こちらの意見が伝わらず納期や品質に影響が出ることも考えられます。コスト削減のためにメールのみで対応する会社も多いですが、満足のいくホームページを作るためには話し合いによる意見のすり合わせが不可欠です。しっかり話を聞いてくれる制作会社を選びましょう。

以下の記事では他にも見積もりの際に注意すべきポイント見積書にどんな項目を含めるべきかについてわかりやすく解説しています。ホームページ制作の見積もりについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

4. 同業種のホームページ制作実績の有無

その制作会社がどのような業種の企業と取引実績があるのかを調べることも重要です。また、制作実績の一覧ページから、どのようなポイントに注力してホームページを制作しているのか読み取ることも大切です。

自社と同業種のホームページ制作経験が豊富であれば、こちらが求める要件も理解されやすく、制作会社側からノウハウを提供してもらえることも期待できるでしょう。

5. サイト開設後のサポート体制のチェック

ホームページが納品された後は、自社で更新作業や保守運用などをおこなっていかなくてはなりません。

しかし、運用途中で何かトラブルが生じる可能性があります。そのため、開設・リニューアル後のサポートをどこまでおこなってくれるのか確認しましょう。

とりわけ初めて更新作業をするときには混乱が予想されるます。制作会社の方からサポートスタッフを派遣してもらったり、更新に関わる社員に対して、講習会などを実施してもらったりして、サイト開設後更新作業をスムーズに進めましょう。

ホームページの開設・リニューアル後に必要な保守運用の作業としては主に以下の5つがあります。

1. ドメインやサーバーの維持・管理
2. SSLサーバ証明書の維持・管理
3. CMSのアップデート
4. データのバックアップ
5. 外部連携の仕様変更対応


これらの作業は運用代行会社に外注して行うこともできますが、その場合は費用としておよそ1~5万円かかります。
運用保守についての詳細な情報は、こちらをご覧ください。

6. ホームページ更新方法の確認

ホームページコンテンツは常に最新の状態に保っていくため、定期的な更新が必要です。しかし、この更新作業を外部企業に委託すると毎回作業費が発生してしまいます。こうした事態を避けるため、ホームページ開設後の更新・運用はできれば自社でおこなうことを前提にしましょう。

そのためには、自社で運用しやすいようにシステムを整備してくれる制作会社を選ぶのがよいでしょう。

ホームページの更新やページの追加は、運用改善と呼ばれる作業に分類されます。運用改善は、ホームページを通したビジネスでより良い成果を生み出すために重要な段階であり、ホームページの更新やページの追加以外にも、主としては以下の4つの作業が挙げられます。

1.問い合わせ対応
2.分析・改善
3.トラブルや緊急時対応
4.集客


運用改善の作業はより良いホームページ運用のために不可欠ですが、その作業の多くは複雑です。これらの作業を外注する場合、たいへん高額で100万円以上かかってしまうケースもあります。

ホームページの更新やページの追加以外の運用改善の作業を考慮すると、自社で対応できる部分はなるべく自社で作業を行えるようにシステムを整備することが重要になってくるでしょう。制作会社を選ぶ際には必ず確認することをおすすめします。

以下の記事では、他にもホームページをさまざまなリスクから守るための運用業務運用を特化した会社を紹介しています。ホームページの更新についてもっと詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

7. 制作会社ホームページの更新頻度

依頼しようと考えているその制作会社が自社のホームページを更新しているか、充実したコンテンツを更新しているかどうかも重要な選定基準になります。特に今までの取引企業の種類やその制作内容を確認することで、実際にホームページを制作したときのイメージがしやすくなるでしょう。

もし依頼を考えている制作会社のホームページが更新されていないとき、また、取引業界が大きく異なっているときは注意が必要です。

自社をアピールする絶好の場であるホームページの整備がしっかりできていないということは、ビジネスに対する気配りや事業運営における余力があまりないことも考えられます。

継続的なサポートを受けるためには、セルフマネジメントのしっかりした、組織基盤が強固な制作会社の方が望ましいでしょう。

まとめ

大阪にはさまざまな特徴を持つホームページ制作会社が何社も存在します。それぞれの会社で得意分野が異なるため、どの会社へ依頼するかは自社のニーズに合った会社を選択するのがおすすめです。

とくに、本記事で紹介した「実績」「総合力」「ブランディング」「コンサルティング」「デザイン」の5項目は、ホームページ制作を依頼するうえで非常に重要な要素とされています。せっかくホームページを制作しても、開設する本来の目的(知名度や売り上げ向上など)を果たせなければ意味がありません。ぜひ、本記事で解説した内容を参考に、自社に最適なホームページを導入してください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスsiteflowではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。