気になるカフェがある場合、そのお店のホームページを検索する人は少なくありません。そして今やおしゃれなホームページを作成することが、カフェ経営において1つの集客手法になっています。そこで本記事では、カフェのホームページにおいて集客力を高めるポイントと参考になるおしゃれなホームページ事例を紹介します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページからの集客を最大化するためのポイント

ホームページを活用して、カフェへの集客を最大化させるには、「お店のコンセプトを反映させる」「利用時のイメージを伝える」「料金やメニューをわかりやすく伝える」の3つのポイントが大切です。それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

お店のコンセプトをホームページに反映させる

飲食店のホームページは、お客様にどんなお店なのかを、知ってもらうことがいちばん重要です。そこでまずはお店のコンセプトを明確にし、ホームページに反映させましょう。

例えば、「緑あふれる快適空間でのんびりコーヒーを楽しめる」がお店のコンセプトなら、それを伝えられる写真やテキストを意識的にホームページへ入れましょう。コンセプトが明確なほど、ホームページ全体の方向性も決まりやすく、ホームページに興味を抱いた人が足を運んでくれる可能性も高まります。

カフェ利用のイメージを伝える

カフェでどのように過ごせるのかを重視する人も多いです。そこでホームページには利用時のイメージがしやすい、店内や外観の写真を充実させましょう。

カフェには友だちと会話を楽しみたい人もいれば、1人でのんびりくつろぎたい人もいます。カフェの利用目的は人それぞれで異なるため、「お客様のニーズに合っているかどうか」「そうしたお客様へ、お店の雰囲気が明確に伝わるか」という点を意識してコンテンツを作成することが大切です。例えば、テーブルごとの写真を掲載して、わかりやすく店内の雰囲気を伝えるといいでしょう。

料金やメニューをわかりやすく伝える

どんなに料理やドリンクがよくても、価格がわかりにくいとお客様に対して不親切であり、新規顧客のチャンスも逃す可能性があります。

そのため、カフェで提供されているメニューと価格は、わかりやすく掲載することが重要です。特にお店のイチオシメニューがある場合には、おいしそうな写真つきで掲載するとお客様に伝わりやすく、来店するきっかけになります。

カフェのホームページ事例

cafe neuf

引用元:cafe neufホームページ(https://www.cafe-neuf.com/

こちらのホームページでは、店内の様子や提供する料理をスライド写真で紹介しています。また、日替わりのランチメニューが目の入りやすい場所に、「NEWS」として載っているのもポイントです。

Instagramのリンクも貼っており、SNS映えしそうなおしゃれでおいしそうな写真を随時更新することで女性客の取り込みに一役買っています。

CAFESTEEN

引用元:CAFESTEENホームページ(https://cafe-steen.com/

カフェのコンセプトである「親はゆっくり、子は楽しく、親子にやさしいカフェ」が伝わるようなほっこりとした写真が多用された、とてもおしゃれなホームページです。

駅からのアクセスが写真つきで詳細に記載されており、利用時のイメージがしやすいように仕上がっています。

GOOD CAFE TORTUE

引用元:GOOD CAFE TORTUEホームページ(http://cafe-tortue.jp/

お店のイチオシメニューである、高級クリーミー生食パンの写真を前面に打ち出すことで、「食べてみたい!」と利用者の視覚へ効果的に訴えています。

少々わかりにくい注文方法も写真を添えて丁寧に説明されていて、初めて足を運ぶ人も安心して来店できるでしょう。

AUX BACCHANALES

引用元:AUX BACCHANALESホームページ(http://www.auxbacchanales.com/

茶色をメインカラーにした、おしゃれで落ち着きのあるデザインのホームページです。「コンセプト&ヒストリー」ページを設けることで、コンセプトやお店が誕生した経緯が詳しくわかり、来店前から利用者の興味を引きつけます。

料理とドリンクのメニューは、お店に出されるメニュー表を模したデザインで、来店時のイメージがつきやすいです。

ボントレ珈琲店

引用元:ボントレ珈琲店ホームページ(http://www.bontore-cafe.com/

店内でどのような過ごし方ができるのか、写真やテキストでわかりやすく説明しているのが特徴です。特に店内の開放感ある空間が丁寧に紹介されていて、グループや家族、おひとり様など、さまざまなシチュエーションに対応可能なお店ということがよくわかります。

お店自慢の料理も「モーニングタイム」「ランチタイム」「カフェタイム」に分け、おいしそうな写真とともに丁寧に紹介しているのも、参考にしたいポイントです。

森の図書室

引用元:森の図書室ホームページ(https://morinotosyoshitsu.com/)

「飲んだり、食べたり、おしゃべりができる図書館」がコンセプトのカフェのため、本棚になっている店内の壁やお客様が本を読む姿など、コンセプトが伝わりやすい写真を数多くホームページに載せています。

また、ホームページに表示されているInstagramでは、毎回1冊の本を紹介して、“本好きさん”の興味を引く仕掛けがされています。渋谷という場所柄、複数ある最寄り駅からの所要時間が丁寧に記載されているのも参考にしたい部分です。

soup Cafe MON

引用元:soup Cafe MONホームページ(http://soupcafemon.com/

黒と紫色を使った大人っぽいデザインですが、あたたかみのある印象もあり、体を気づかったスープを提供するお店のコンセプトによく合っています。

おしゃれでおいしそうな写真を多く使っており、「落ち着きのある空間で、ゆったりとくつろげるカフェ」のホームページを作りたい方には、とても参考になるホームページと言えるでしょう。

カフェのホームページに載せるべき内容

カフェのホームページには、お店のコンセプトや料理メニュー、営業日時など、必須で載せるべき項目がいくつかあります。どの項目が欠けても、集客によくない影響を及ぼすため、漏れなく盛り込みましょう。

お店のコンセプト

他店との違いや、お店独自の強みや魅力などを伝えるため、コンセプトは必ず盛り込みましょう。お店のコンセプトにひかれて、足を運ぶ人も少なくありません。

例えば、「静かな空間で、厳選した豆を使ったスペシャリティコーヒーを楽しめるお店」がコンセプトの場合、ホームページの目立つ部分に、しっかりとその旨を記載しておきます。これにより、こだわりのコーヒーを静かな環境で楽しみたいユーザーへ効果的に訴求でき、集客力が高まります。

料理メニュー

料理に力を入れているカフェでは、テキストだけでなく、写真を充実させることが大切です。メニューだけよりも写真も添付されていた方が視覚的に訴えられます。なるべくおいしそうできれいな写真を採用しましょう。

営業日時

営業日時の情報が正しく記載されていないと、お店の信用にかかわります。そのため、現在有効な営業時間がすぐに利用者にわかるように載せましょう。

モーニングタイムやランチタイム、ディナータイムがある場合には、ラストオーダーの時間も含め、視認しやすい箇所に載せてください。

店舗案内

駐車場の有無や店内の喫煙状況、座席の数、個室の有無、支払い方法などお客様が気になる、チェックしておきたいと考えられる情報は、できる限り盛り込むことが大切です。また、「おひとり様ワンドリンク&ワンディッシュ」など、お店のルールがある場合には、わかりやすく明記しましょう。

ニュース

ニュース欄を設けることで、新メニューや日替わりランチの情報、営業時間の変更時などお店の最新情報が発信しやすくなります。アクセスユーザーが情報を見逃さないためにもトップページのわかりやすいところにデザインするのがポイントです。

料理や店舗の写真

お店でどんな料理が味わえて、どのような雰囲気で過ごせるのかをわかりやすく伝えるには写真活用が有効です。特に料理写真については、「出来栄えによって集客力が左右される」といっても過言ではありません。写真に不安がある場合には、プロのカメラマンに依頼することも検討しましょう。

問い合わせフォーム

予約や問い合わせのために、問い合わせフォームの設置も必須です。コンタクトを取れる手段が電話しかないと、お店が忙しいときなどには取りこぼしてしまう恐れもあります。いつでも問い合わせ可能な「問い合わせフォーム」を用意しておくと、こうした状況を回避できるでしょう。

カフェのホームページでやりがちなNGポイント

ホームページから集客につながらないようであれば、以下のNGポイントがないかチェックしてみましょう。もし、該当する項目があれば、すぐに見直すことをおすすめします。

最新の情報が掲載されていない

ホームページにできるだけ最新の情報を掲載することは、お客様の信頼度、満足度を高めることにも役立ちます。また、最新の情報が掲載されていないと、場合によってはクレームに発展する恐れまであります。

メニューや料金、営業時間に変更があったときは、なるべく早くホームページを更新しましょう。その際、情報の更新日も一緒に明記して、現在有効な情報かをわかりやすくするとよりよいでしょう。

他店との差別化をはかれていない

お店のサービスや商品そのものの差別化がなされていても、ホームページでそれが伝えられていなければ効果的な集客は期待できません。商品やサービスで他店との差別化をはかるためには、アクセスユーザーに伝わるようにコンテンツを充実させましょう。

また、いくら自信のあるサービスでも過剰にアピールすると、ユーザーは逆に引いてしまうことがあります。お店にフィットするニーズをしっかりと分析したうえで、適切なキャッチコピーなどでお店のコンセプトや特徴を打ち出すなど、適度なアピールを心がけましょう。

写真が少なく雰囲気がわかりづらい

飲食店において写真が少ないホームページは、イメージがしにくく「このお店に行ってみたい!」とお客様に感じてもらうに至りません。また、「おしゃれな空間でのんびりティータイムを過ごしたい」「大人数で集まりたい」「映えるカフェメニューを撮りたい」など、カフェに求めるものは人によって異なります。

その希望に添えるお店かどうかホームページを見てすぐにわかるように、メニュー写真はもちろんのこと、店内の写真や外観写真など、お店の雰囲気が伝わる写真を掲載させましょう。

まとめ

現在では、ホームページを用いた集客はあらゆる業界で一般的です。カフェも例外ではなく、集客を成功させるには、記事で紹介したポイントや注意点を理解しておくことが大切です。
また、ホームページだけでなく、SNSと組み合わせて運用することも検討してみましょう。

それでも「ホームページでの集客が思ったようにいかない」「何がいけないのかわからない」とホームページの作成にお悩みの方は、ホームページ作成サービスを展開する「siteflow」の無料相談をぜひご利用ください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。