飲食店が集客力を高めるには、どのような方法が利用できるのでしょうか。飲食店の集客では口コミのほか、ホームページなどのWEBを利用した集客も可能です。これからホームページなどのWEB利用に取り組む方はもちろん、すでにWEB利用を始めている方でも、集客を高めるヒントが得られます。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

飲食店におけるホームページやWEB集客の必要性

口コミのみで目標の集客数を達成できるのは、一部の飲食店に限られるでしょう。「消費者行動モデル」によると、見込み客は認知・興味・欲求・行動という段階を踏んで飲食店を利用します。ほとんどの飲食店では行動の段階に至るよう、ホームページやSNSなどのWEBを使った集客が必要です。


認知の段階では、利用者が飲食店を探します。検索エンジンなどから飲食店を探し、検索結果に自店の情報が表示されることで、認知されるでしょう。興味の段階は、特徴の把握です。そのため、飲食店は利用者の興味を引けるよう、写真を掲載して料理や店内の様子を伝える必要があります。

欲求の段階で、お得なキャンペーンやクーポン、新メニューを提示すれば、利用を促せるでしょう。最後の行動では実際来店して、そのときの体験に基づき次に来店するかを決めます。繰り返し自店を訪れてもらうためには、サービスの質を高めるのはもちろん、利用者への特典(スタンプカードや次回利用できるサービス券など)を用意することも検討できるでしょう。


このように、見込み客を来店という行動に促すには、WEBが大きな役割を果たします。グルメ情報サイトは広く認知してもらえて、クーポンなども提供でき、口コミの投稿による評価も把握できるため、効果的な集客方法といえます。とはいえ、それだけで十分なわけではありません。グルメ情報サイトで興味を持った見込み客は大抵、該当店舗のホームページも見て、店の雰囲気やメニューの詳細などを確かめるため、ホームページを魅力的なものにすることも重要です。

飲食店の集客対象とは

集客の対象は、一様ではありません。そのため、飲食店ごとに主に集客したい対象を設定する必要があります。この章ではペルソナとよばれる対象の設定方法と、ペルソナの行動・ニーズの重要性を取り上げます。

まずはペルソナを設定しよう

ペルソナは、集客対象を具体的にイメージして設定することです。多くの人に来て欲しいからといってターゲットが漠然としていると、戦略が立てにくく、どこにでもある普通の店になってしまいかねません。たくさんの飲食店の中で興味を持ってもらうには、他店との差別化は不可欠です。そのためには、まずペルソナの設定が助けになります。


ペルソナに含める情報は、性別や年齢、住居エリア、職業、趣味・嗜好や学歴、家族構成などです。一例として性別・年齢・家族構成の情報から、集客対象を想像してみましょう。

出店している場所はショッピング街に近く、10~30代の若い年齢層の客が多いとします。その場合、ペルソナを20代でひとり暮らしの会社員女性と設定できるかもしれません。稼いだお金は自分のために使えるため、食べ物の見た目や色合い、飲食店の雰囲気など自身の好みを重視して飲食店を選ぶと考えられるでしょう。


20代の女性が好みそうなインテリアや食器、料理はどのようなものでしょうか。20代女性に人気の飲食店や読まれている雑誌などを分析したり、20代の店員がいれば意見を尋ねたりしてみてもよいかもしれません。


たった3つの情報だけでも、どんな店作りをしたらいいか、メニュー設定をどうするか、ある程度の方向性を定めることができました。

ペルソナの行動やニーズを考えよう

ペルソナがとりそうな行動を想像してニーズの把握に努めてください。よりリアルに行動を想像するためにも、ペルソナの情報を細かく設定します。性別や年齢、家族構成だけでは、はっきりした人物像が浮かびません。具体的な職業や収入、住所、趣味、食事の好み、生活パターン、恋人の有無、学歴などを決めて、現実に存在するかのようなペルソナを作ります。

すると、選びそうなメニュー、訪れる人数や時間帯、食事に割ける金額などを明確にできるでしょう。このように、ペルソナによって予想できる行動が異なります。そのため、ペルソナに合わせて集客方法を変える必要があるでしょう。次の章ではペルソナを利用したWEBによる集客方法を取り上げます。

飲食店におすすめのWEB集客方法

飲食店の経営者がWEBを使って集客するには、どのような方法が挙げられるのでしょうか。この章では、おすすめのWEB集客方法を紹介します。

自店 ホームページ

自店のホームページを作成して、検索エンジンからの流入を図る方法です。自店のホームページを設置すれば、グルメサイトよりも詳細な情報を載せられ、コンセプトも十分打ち出せるため、集客効果が期待できるでしょう。検索エンジンからの流入してもらうためには、検索結果の上位に表示させるSEO施策や、ホームページの作成料やサーバー代、ドメインの取得費用などが必要です。

ホームページによる集客を図るためにも、ペルソナを活用できます。自店は繁華街にある居酒屋と仮定しましょう。設定したペルソナは、43歳の既婚男性で、営業の仕事に従事しています。取引先とのやり取りでストレスを抱え、日々の疲れをアルコールで発散したいと考えている方です。また、2人の子どもがいて自分が毎月もらえるお小遣いは少ないため、安い居酒屋を探しています。

このようなペルソナに合った居酒屋は、気兼ねせずに入店できる外観やアクセスのよさ、リーズナブルな料金、長く滞在できる雰囲気などが挙げられるでしょう。そのため、ホームページには外観・内観・料理の写真、アクセスマップ、飲み放題プランをはじめとしたメニューの料金、クーポンなどのお得な情報などを掲載すると、集客につながると考えられます。

SNS

Twitterなどの媒体を使った集客方法です。SNSは利用にお金がかからず、手軽に始められる点がメリットといえます。とはいえ、SNSによる集客は登録を前提とします。登録されていなければ情報を届けられません。そのため、新規の客を増やすというよりは、既存客に来店を促すのが主な目的となるでしょう。


また、定期的な更新も必須です。更新が滞るとお店が潰れたと思われかねないため、常に新しい情報を載せる必要があります。

SNSの活用にペルソナをどう活用できるでしょうか。自店は住宅街にあるイタリア料理店とします。ペルソナは37歳の既婚女性で、小学5年生の子どもが学校に通っている時間を利用して日中はパートに出ています。パートが休みの日には、ダイエットを解禁して友人とランチに行き、気分転換するのが楽しみです。


このような方からは、ランチでの利用を希望する、話しやすい環境で長居したい、凝った料理や目新しいものを味わいたい、といった要望が想像できるでしょう。そのため、飲食店はTwitterやInstagramなどに自店の情報・料理の写真を載せたりFacebookのライブ配信で自店の雰囲気を伝えたりします。そのほか、公式LINEを活用すれば登録者とのやり取りやクーポンの発行も可能なため、リピート客の確保も期待できるでしょう。

グルメ情報サイト

自店の情報を掲載しグルメ情報サイトからの流入を図る方法です。飲食店の情報はジャンル・地域別に検索でき、文字情報のほか写真や利用者の評価・口コミも載せられます。また、クーポンの発行も可能です。公正取引委員会の調査でも、消費者の約54%は必ず、または大体このようなグルメ情報サイトを利用すると答えています(平成31年4月~令和2年3月時点)。よって、集客効果が期待できるといえるでしょう。
(参照元:https://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/2020/mar/200318-4.pdf

ただし、サイトのデザインを変えられない、他店の情報も掲載されるため埋もれやすい、情報の修正・削除が難しい、悪い評判・口コミの影響が大きい、契約に費用がかかる、といったデメリットもあるので注意してください。

ペルソナを活用した集客例を考えてみましょう。自店は大学のそばにある定食屋とします。ペルソナは、都内に住む男子大学1年生です。生活費をアルバイトで稼ぎ、節約しながら学生生活を送っています。パソコンよりもスマートフォンを使う機会が多く、知り合いとの連絡や動画の閲覧、情報検索などに利用しています。

このようなペルソナは、学校の近くにある、安くて量が多い、スマートフォンから簡単に探せる、といった条件に当てはまる飲食店を求めているでしょう。そのため、グルメ情報サイトには、学校からの距離や所要時間、平日の営業時間、メニューの料金、料理の写真などを掲載します。学校から近く、利用しやすい時間に営業していて、リーズナブルでボリュームのある料理を食べられると評価されれば、この学生客の獲得につなげられるでしょう。

メルマガ

メール配信を利用した集客方法です。アドレスを登録している方限定ではありますが、SNSを使わない方にも情報を届けられますし、特定の層に向けてメールを配信できます。さらに、クーポンの配布やお得なキャンペーン情報のお知らせにも使えるため、再来店を促したいときに効果的な集客方法といるでしょう。

しかし、メルマガの閲覧にはクリックが必要なため、メールを送った方がすべて情報にアクセスしてくれるとはいえません。既存の利用客がもう一度足を運ぶよう、興味を引くタイトルやお得な情報を載せる必要があるでしょう。

メルマガでの集客にペルソナをどのように活用できるでしょうか。自店は大通りに面したラーメン屋です。ペルソナは62歳の既婚男性で、SNSには縁がなく、メールか電話ですべての用事を済ませています。また、仕事を退職したばかりで、外にはあまり出ません。年金暮らしのため贅沢はできませんが、月に数回は近場のお店で食事を楽しんでいます。

このようなペルソナは、行ったことがない店にはあまり入らない、気兼ねなく利用できるお店を探していると想像できるでしょう。スマートフォンに疎くても情報を届けられるメルマガを送って、久々の来店を促します。シルバーデーなどの企画も可能でしょう。来店した経験がある店のため、キャンペーンなどをきっかけに、なつかしさを感じて足を伸ばしてもらえるかもしれません。

Googleマイビジネス

飲食店の情報を登録できるサービスです。登録した情報は、Googleの検索エンジンとGoogleマップの検索で表示されます。登録可能な情報は営業時間をはじめ、自店のホームページや住所、写真などです。無料で使えますし、飲食店の経営者が口コミに返答したり口コミを管理したりできる点がメリットといえるでしょう。


しかし、意図的に悪い評価を投稿されたり、誤った情報を載せられたりする可能性もあるため、こまめなチェックは欠かせません。気をつけたい点として、お店側がどのように返答しているかも、多くの人は注目しています。たとえ辛辣なコメントであっても、返答の仕方がよければ、閲覧する人に好印象を与えられるでしょう。

Googleマイビジネスでの集客にも、ペルソナを活用できます。自店は郊外のそば屋ですが、都心からも車で2時間ほどなので、遠方の客も呼び込みたいと考えています。

ペルソナは都心に住む34歳の独身女性です。ドライブが趣味で、休日にはレンタカーで初めての土地を訪れています。このようなペルソナは、食事で失敗したくない、営業時間はいつまでか、休業日はいつだろうかなどと考えるでしょう。そのため、Googleマイビジネスに正確な営業時間や休業日、駐車場の有無などを登録しておくのがポイントです。また、料理・店内の写真を掲載して、女性でも完食できるボリュームや1人でも入りやすい雰囲気などをアピールできれば、集客につなげられるでしょう。

飲食店者がホームページやWEB集客するときのポイント

飲食店の経営者がホームページなどで集客力を高めようとするなら、SNSやグルメ情報サイト、Googleマイビジネスへの登録を検討できます。ただし、SNSでは情報の更新を、グルメ情報サイト・Googleマイビジネスでは口コミと情報のチェックを怠らないようにしましょう。


ホームページを訪れてすぐに離脱しないよう、トップ画面の制作に注力してください。注目される写真や心に残るキャッチコピーなどを載せると、短時間での離脱を防げます。写真の選定では、お店の雰囲気が伝わるか、実際行ってみたくなるかを吟味しましょう。

お店の外観・内観はもちろん、店主・スタッフの写真を掲載すると、見込み客の信頼を得やすいといえます。とはいえ、見栄えの悪い写真を掲載すると、集客にはつながらないため、プロに任せるかアプリによる写真の加工をおすすめします。

ホームページには、お祝いごとで利用する方に向けたページの設置もおすすめです。見込み客は普段の食事のほか、誕生日などの個人的なイベントに合わせて飲食店を利用しています。そのため、お祝い向けの料理やケーキ、飲み物、個室、割引サービスなどの情報も掲載すると、集客につながるでしょう。

そのほか、自店へのアクセスを促すために、地図の設置が必須です。手書きの地図では、経路がわかりにくいので、見込み客の取りこぼしを避けるならGoogleマップを設置しましょう。

予約機能を設置するならこまめな確認は欠かせません。臨時休業など、変更情報の掲載も忘れないようにします。変更・臨時の情報を伝えられるようホームページにSNSのタイムラインを埋め込んだりサイト内のブログを更新したりして、休業や営業時間の変更などを知らせてください。

まとめ

飲食店の経営者向けに、ホームページなどのWEBを使った集客方法を紹介しました。WEBによる集客は、利用する媒体によって、得られる効果が異なります。見込み客に自店の詳細な情報を届けるために、ホームページの設置を検討しましょう。
siteflowでは、ホームページ作成の相談を受け付けています。お店の魅力を伝えるホームページのデザインを低価格で作成できますし、更新には専門知識を必要としません。ホームページを使った集客に興味がある方は、無料相談でサービスの概要を把握してみてはいかがでしょうか。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。