飲食店がWeb集客を成功させるには、ホームページの適切な運用が欠かせません。現在では、飲食店を探すときや選ぶとき、多くの方がインターネットでリサーチを行っているからです。本記事では、飲食店がホームページ集客に成功するためのポイントや注意点を解説します。併せて、参考になるホームページ事例を紹介しましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページからの集客を最大化するためのポイント

すでにホームページを運営しているにも拘わらず、集客がうまくいかないのなら、以下のポイントを見直してみましょう。ホームページで集客を成功させるには、掲載するコンテンツや内容が重要です。

他店舗との差別化をする

独自のメニューやサービスを充実させ、他店舗との差別化を図っている飲食店は少なくありません。ただ、そのようなお店であっても、ホームページ上で差別化ができていないケースが多々見受けられます。

差別化を実現するには、情報量を増やしましょう。お客様の立場や目線になり、どのような情報を求めているかを考え、コンテンツ内容を充実させるのです。結果的に、アクセスユーザーが「ここで食べてみたい」と思ってくれるような内容を目指しましょう。

ターゲットを明確にする

ターゲットが明確でないホームページでは、誰に何を訴えているのかわかりません。まずは、お店のターゲットを明確にし、そのうえで適切なアプローチを行うことが大切です。

例えば、ターゲットがサラリーマンなら、1回の食事に使える金額に限りがあると考えられます。この場合、ホームページで安さをアピールすることで、メインターゲットの集客につながります。

店舗へのアクセスをわかりやすく伝える

美味しい料理を食べられるお店であっても、どこにあるのかわからなければ、選択肢から外されかねません。そのため、ホームページではテキストだけでなく、地図を掲載する、最寄りのバス停や駅からの所要時間やルートを示すといった工夫が必要です。近くに目立つ建物などがあれば、目印として説明しておくとわかりやすくなります。

写真を美しく掲載する

飲食店のホームページにおいて、料理の写真は集客に直結する重要なコンテンツです。見た人が「食べたい」と思ってくれるような、写真の掲載を心がけましょう。プロのカメラマンに撮影してもらう、必要に応じて加工を行うなどすると効果的です。特に、主力メニューの写真撮影には、こだわることをおすすめします。

飲食店のホームページ事例

どのような飲食店のホームページが集客に効果的なのか、実際に見たほうがイメージしやすいものです。そこでここからは、集客の見込める飲食店ホームページの事例を、いくつかピックアップして紹介します。

参考になるところがあれば、ぜひ取り入れてみましょう。

奏樹

引用元:奏樹ホームページ(https://www.soujyu.megaminomori.com/access/

写真をふんだんに使った、洗練された印象のホームページです。料理だけでなく、店の内装や、働いているスタッフの写真を掲載しているのも特徴と言えるでしょう。

トップページにはカレンダーを設置し、お客様がスケジュールを把握しやすく工夫しています。わかりやすい地図も掲載しているので、お客様は安心して来店できます。

らーめん山頭火

引用元:らーめん山頭火ホームページ(https://www.santouka.co.jp/story

サイトを開いて真っ先に飛びこんでくるのは、茹でられる麵やできあがったラーメンの様子を流した動画です。これにより見る者の食欲をかきたてることに成功しています。スタッフが調理をしている姿に加え、お客様が食事をしている写真を使っているのも、効果的です。店の雰囲気を伝えると同時に、初めて訪れるお客様に入店しやすいイメージを与えることでしょう。

「どのような経緯でお店が誕生したのか」。その歴史やストーリーも掲載しています。創業者の想いや、料理にかける情熱などを伝えられるため、一定の集客効果が期待できるでしょう。

toko

引用元:tokoホームページ(https://toko.kitchen/menu

全体的に、シンプルなテイストのホームページです。シンプルゆえにわかりやすく、アクセスした方はスムーズに必要な情報を引き出せます。

メニューのページには、メニュー表の画像をそのまま掲載しているのも特徴です。すべてのメニューが把握できるのはもちろん、注文方法も丁寧に解説されているため親切です。

ミツバチ食堂

引用元:ミツバチ食堂ホームページ(http://mb-cafe.net/

フェードイン・フェードアウトを繰り返しながら入れ替わる写真や、所々にポイントとして手書きフォントを用いることで、トップページで温かい雰囲気を伝えています。また、こだわりの野菜について丁寧に1ページを使って説明しているのも、お店の強みをアピールするのに十分です。

Googleマップとの連携や、最寄り駅、バス停からの所要時間も掲載し、アクセス情報を把握しやすいのもアクセスユーザーとしては安心でしょう。

お食事処まんだら

引用元:お食事処まんだらホームページ(https://www.yaohiko.co.jp/mandara/

江戸時代に創業した歴史ある飲食店で、創業当時から変わらぬ技法と味など、強みを説明しています。主力メニューの写真と金額を掲載するのも忘れていません。お店のコンセプトも記載しているため、どんなお店なのかすぐ把握できます。

このようなWebサイトはロングスクロール型と呼ばれます。近年、爆発的にスマートフォンが普及したことを受け、クリックすることで生じるローディング時間を短縮し、縦スクロールのみで見られるページを追求した結果、この形態になりました。パソコンよりもスマートフォンで検索する機会の増えた現代において、ぜひ見習いたいデザインのWebサイトでしょう。

そば処 東家

引用元:そば処 東家ホームページ(https://wankosoba.jp/

大胆な赤と黒の色使いが印象的ななか、「創業明治40年、わんこそばと郷土料理」と、何を食べられるお店なのか記載しているトップページが魅力です。歴史ある、老舗の飲食店であることもしっかりアピールしています。

メニューのページでは、美しい写真を採用しているのはもちろん、画面いっぱいに大きなサイズで掲載している点も特徴と言えるでしょう。

フレンチごはん西麻布GINA

引用元:フレンチごはん西麻布GINAホームページ(http://gina.tokyo/

黒をベースにしたページに美しく盛りつけられた料理の写真をいくつもレイアウトすることで高級感漂うホームページに仕上がっています。「お箸で食べるフレンチごはん」と、お店のコンセプトを明確に打ち出しているのも、参考にしたいポイントです。

店内の写真にもこだわっており、どのような空間・雰囲気なのかが一目で把握できます。このように店全体のイメージがわきやすいことも、集客力へつながります。

瓢喜

引用元:瓢喜ホームページ(https://hyoki.jp/blog_all/all/

「厳選した素材を用い、丁寧に仕上げた出汁で味わう出汁しゃぶが自慢」。この情報がお店のこだわりとして紹介されており、アクセスユーザーはお店の特徴や魅力をすぐ把握できます。

ブログページでは、食材や食にまつわる四季の話題を取り上げています。ブログ記事からお店に興味を持ち、来店につながるといったことも十分考えられるでしょう。

飲食店のホームページに載せるべき内容

ホームページには、「お客様が求めている情報」を漏れなく盛り込むことが大切です。デザインも大切ですが、それ以上に内容や盛り込むコンテンツが、集客に大きく影響します。そこで以下では、飲食店のホームページに載せるべき内容を解説します。

お店のコンセプト

コンセプトは、他店との差別化を実現するのに必要な項目です。また、お店の特徴や強みを端的にアピールできるため、必ず盛り込みましょう。

コンセプトは、トップページのわかりやすい位置へ配置するのが基本です。まだコンセプトが決まっていないのなら、コンセプト設計から始めましょう。

料理メニュー

飲食店のホームページにアクセスした方は基本的に、「どのような料理を食べられるのか」を知りたいと考えています。そのため、料理メニューの掲載も必須です。

料理は写真で紹介し、金額も記載しておくと親切です。主力のメニューについては、別途説明文を加える、複数の写真を使用するなど、工夫してアピールしましょう。

営業日時

基本情報として、必ず盛り込むべき項目です。定休日や開店と閉店の時間を記載するのはもちろん、ラストオーダーの時間についても記しておきましょう。

なお、イレギュラーな休みが発生することのあるお店は、その都度ホームページへその旨をアップロードすることが大切です。SNSと連携し、リアルタイムで休業情報を発信できる体制も整えておきましょう。

シェフ、スタッフ紹介

直接口に入れるものを、どのようシェフが作っているのか、どういったスタッフが運んでくれるのかは、お客様の気になるところです。安心感につながるため、シェフやスタッフの写真つきで紹介しましょう。できるだけ詳細な紹介文を記載すれば、お店に親近感を抱いてくれる可能性も高まります。

店舗案内

駐車場の有無や座席数、支払い方法の種類、禁煙かどうかなどで、利用するお店を決める方は少なくありません。そのため、これらの情報もホームページに盛り込んでおきましょう。支払い方法はできるだけ詳細に、使用可能なクレジットカードのブランドまで記載しておくと親切です。

ニュース

新メニューやメディア出演情報などを、ニュースとして掲載します。新メニューをニュースとして発信すれば、既存客の集客効果も期待できます。SNSで発信した情報が掲載されるなどの仕組みを作っておけば、ニュースを発信するたびに発生するホームページの更新作業は必要ありません。アクセスしてくれたユーザーが、すぐ新着ニュースをチェックできるよう、わかりやすい位置に掲載しておくことも大切です。

料理や店舗の写真

飲食店ホームページにおける、もっとも重要なコンテンツです。写真なら、アクセスユーザーの視覚に訴求することで、高い集客効果が期待できます。

料理写真は、美味しそうに見えることがもっとも重要です。湯気やみずみずしさも取り入れ、「食べたい」と思ってもらえる写真を掲載しましょう。見栄えのよい写真を撮る自信がないのなら、プロへの依頼がおすすめです。

予約フォーム

オンラインで予約を受け付けるのに必要です。ホームページから予約が可能なシステムを採用すれば、電話受付の手間も軽減されるので、スタッフは本来の業務に集中できます。

予約フォームは、トップページのわかりやすい箇所に設置するのがおすすめです。

飲食店のホームページでやりがちなNGポイント

安定した集客を実現できないのは、ホームページに何らかの問題があるからかもしれません。もし、以下に心当たりがあるのなら、改善を検討しましょう。

予約機能がない

なるべく会話をせず予約まで完結したい、と考えるお客様は一定数います。予約機能がなければ、予約を貰い損ねる恐れもあります。前述したとおり、予約機能は電話対応の手間を軽減でき、スタッフの負担を減らせるメリットもあるので、導入を検討しましょう。

メニューが最新でない

こまめにホームページの更新を行わないお店では、古いメニューを掲載したままになってしまうことも起こりえます。メニューが最新でないと、ホームページを見て来店したお客様から、クレームが発生するかもしれません。新たなメニューを開発したときは、すぐホームページへ反映させるなど、こまめな更新が大切です。

口コミホームページとの差別化ができていない

口コミサイトと同じ情報を掲載していては、ホームページのメリットが半減してしまうでしょう。口コミサイトに掲載できる情報は限られていますが、ホームページならさまざまな情報を載せられます。基本的な情報だけでなく、お店の魅力が最大限に伝わるコンテンツを盛り込み、口コミサイトとの差別化を図りましょう。

まとめ

誰もがインターネットを利用する現代において、飲食店が集客を成功させるには、ホームページの活用が欠かせません。他店との差別化やターゲットの明確化を意識し、集客できるホームページを目指しましょう。
本記事では、参考になる飲食店ホームページの事例も紹介しました。参考にできる部分が見つかれば、ぜひ取り入れてみましょう。ホームページでの集客について悩んでいる方は、無料相談もぜひご利用ください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。