「ホームページを作りたいけど、何からすれば良いのかわからない」と困っている保険代理店も多いと思います。この記事では、保険代理店のホームページ作成にテーマを絞って詳しく解説します。有益なホームページ作成にぜひ役立ててください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

保険代理店におけるホームページの役割とは

保険代理人にとってホームページに求めるべき役割は、自社や自社の取り扱う保険を紹介し、対面営業まで誘導することです。現代では、保険はユーザーが自分で調べて選ぶ時代です。オンラインで申し込みまで完結する保険サイトもあります。

しかし、保険代理店が不要というわけではありません。保険はライフプランに大きく関わる商品なので、専門家に直接意見を聞いてみたいというユーザーも多くいます。「ベストな保険を自分で選びたいけど、専門家の知識も参考にしたい」というユーザーが、ネット検索に期待することは何でしょうか?

それは「選択肢が幅広く、信頼できる保険代理店を見つけること」です。保険そのものをホームページで売るのではなく、自社がどんな保険会社かを売り込むことが重要なのです。

保険代理店のホームページ事例

保険代理店のホームページを作成するときは、実際に運用されている他社のホームページを参考にするのが一番の方法です。

見るべきポイントはいくつもありますが、自社の特徴や連絡先・アクセスなどの基本的な情報、取り扱っている商品の種類が簡潔に伝わるホームページは、優れているといえるでしょう。

いくつかの事例とともに、保険代理店のホームページで見るべきポイントを紹介していきます。

株式会社山下保険サービス

引用元:株式会社山下保険サービスホームページ(https://yamashita-hoken.com/

愛知県一宮市で営業している株式会社山下保険サービスのホームページは、暖かみのある落ち着いた配色と、親しみやすいイラストが特徴です。

「保険を通じて家族の安心を守る」というコンセプトが、文章だけでなく全体のデザインからも伝わってきます。「家族に関する悩みを安心して相談できる」という印象を与えられることが大きな特徴としてあげられます。

有限会社ハロー保険サービス

引用元:有限会社ハロー保険サービスホームページ(https://hellohoken.co.jp/

福島県いわき市の有限会社ハロー保険サービスは、ターゲットを女性に絞ったホームページを作成しています。

パステルピンクの配色や丸みのあるフォント・アイコンで、全体的に女性らしいデザインです。従業員の顔がわかる画像を多く使い、安心感も演出しています。

有限会社モリ保険事務所

引用元:有限会社モリ保険事務所ホームページ(https://morihoken.com/

宮城県気仙沼市の有限会社モリ保険事務所は、大正7年創業という自社の歴史を押し出したデザインです。

縦組みのメニューで歴史の古さを表現するなど、印象に残りやすいユニークなレイアウトとなっています。初回訪問時に流れるムービーで、地元に密着して営業を続けてきたこともうまく表現しています。

株式会社ゆいわーく

引用元:株式会社ゆいわーくホームページ(https://yuiwork.com/

東京都と鹿児島県の2拠点に店舗をもつ株式会社ゆいわーく。この会社のホームページでは、実績を具体的な数字で掲載しています。

詳細なデータはユーザーにとっても有益ですが、SEO(検索エンジン最適化)施策にも有効です。SEO施策がしっかりとできているホームページは、検索結果の上位にランクインされやすくなります。

FICパートナーズ株式会社

引用元:FICパートナーズ株式会社ホームページ(https://fic-group.co.jp/

新潟県南魚沼市に本社を置くFICパートナーズ株式会社のホームページは、画像やバナーを多用し、内容が視覚的にわかりやすくなっています。

また、2カラムレイアウト(画面を縦2列にわけるレイアウト)で、サイトメニューが常に左側に表示されるようになっており、ホームページ内の移動がしやすいのも特徴です。

株式会社三重保険企画

引用元:株式会社三重保険企画ホームページ(https://miehokenkikaku.com/

株式会社三重保険企画は、三重県津市の保険代理店です。この会社は、トップページで「保険の加入・見直しなら私たちにご相談ください」と掲載し、自社のセールスポイントを端的に伝えています。

一見当たり前のようにも思えますが、オリジナリティを出そうとして表現が曖昧になるより、シンプルで明確な文章のほうがユーザーも理解しやすいというメリットがあります。

株式会社 フォー・オール・プランニング

引用元:株式会社 フォー・オール・プランニングホームページ(https://fap-ins.com/

大阪府大阪市の株式会社 フォー・オール・プランニングでは、オリジナルのマスコットを活用して、自社の特徴をアピールしています。

目を引く位置にマスコットが配置されており、ホームページに訪れた人が親しみやすさを感じてくれそうです。マスコットキャラクターにセリフを言わせることで「どのセクションで何を知れるのか」がわかりやすくなるよう工夫もされています。

保険代理店のホームページに載せるべき内容

参考となるホームページを具体例とともに解説しましたが、「具体的にどんな項目やページを作れば良いの?」と思う方も多いでしょう。
そこで、保険代理店のホームページが載せるべき最低限の内容を紹介します。

当社について

自社がどんな会社であるか、端的に伝えましょう。自社の強みや企業理念などをわかりやすく伝えるのがポイントです。キャッチコピーなど、印象に残るフレーズを載せるのも有効です。

保険商品紹介

自社がどんな保険商品を取り扱っているか、一覧にして紹介すると効果的です。バナーやメニューで表示しておき、その中にユーザーがあらかじめ候補にしていた商品ブランドがあれば、スムーズに問い合わせや申し込みに進めます。

スタッフ紹介

スタッフを紹介することで、ユーザーは安心感を得られて対面相談をしやすくなります。可能であれば顔写真も載せて、「この人が相談にのってくれるのか」とイメージできるようにすると良いでしょう。

会社概要

会社概要には、会社の基本的な情報を載せます。所在地や設立年月日、代表や役員の名前、事業内容などです。これらを載せることで、社会的に信頼できる企業であるとアピールできます。

店舗案内

店舗案内では、所在地やアクセス方法をしっかり紹介しましょう。対面での相談を依頼しようと思っても、店舗の場所がわかりにくければ行くのを止めてしまうかもしれません。可能であれば地図も掲載し、ユーザーがストレスなく店舗を訪問できるようにしましょう。

事例、お客様の声

良い口コミやレビューは集客にとても有効な情報です。客観的な意見を載せることで、ユーザーは「この会社に相談するとどんなメリットがあるか」というイメージがしやすくなり、問い合わせに繋がります。

FAQ

顧客からよくある質問をまとめ、あらかじめ答えておくことで、ユーザーの悩みを解消できます。あらかじめ悩みを解消しておくことで「この保険代理店は有益で信頼できる会社だ」という信頼獲得ができるとともに、ユーザーが申し込みに至るまでの迷いを払拭できます。

問い合わせフォーム

問い合わせフォームは、顧客獲得の最終関門です。ホームページ上の見つけやすい場所に設置するのはもちろん、入力項目を最低限にするなど入力のハードルを下げる工夫も必要です。メールフォームだけではなく電話番号も設置すれば、より多くの問い合わせを得られるでしょう。

保険代理店のホームページでやりがちなNGポイント

これまで紹介してきたホームページからもわかるように、ユーザーの見やすさや使いやすさ、わかりやすさはホームページ制作ではかかせません。さらに以下のNGポイントをおさえておけば、よりユーザーの信頼感が得られる保険代理店のホームページが作れるでしょう。

商品案内のみをしている

自社で取り扱う商品の案内ばかりをしてしまい、会社情報や他のコンテンツが一切ないのはNGです。最初に解説した通り、ホームページに求める役割は「対面営業まで誘導すること」です。商品を売ることではなく、自社の理念や取り組みを知ってもらうことに主眼をおきましょう。

ホームページに載せるべき情報は先述の通りですが、他にも保険に関するお役立ち情報の紹介や、社員ブログで親しみをもってもらうなど、ユーザーがホームページを見るメリットを作ることが大切です。

曖昧な表現をしている

文章に曖昧な表現が多いと、専門性を疑われてしまいます。ユーザーからの信頼が落ちるのはもちろん、SEO的にもマイナス要素です。断言できない事柄以外、情報はなるべくはっきりした表現で提示したほうが、ホームページの価値は上がります。

また、ユーザーの印象に残そうと、抽象的なタイトルやキャッチコピーを使う場合も要注意です。多用すると、ユーザーから「結局何が言いたいの?」と思われてしまいます。文字情報の多いインターネットでは、物事を簡潔かつ明確に伝える技術が重要です。

ターゲットが絞られていない

狙うべきユーザーの定まっていないと、ホームページもデザインやコンテンツがぶれてしまいます。ターゲットを広く取るより、特定の層に絞るのはマーケティングの基本です。

年齢や性別、職業から趣味嗜好まで、可能な限り「狙うべきユーザー像」を具体化させましょう。そうすれば、ただ問い合わせ数が増えるだけでなく、成約に繋がる「質の良い問い合わせ」を増やせます。

まとめ

保険代理店のホームページ作成について詳しく解説しました。
保険代理店のホームページは、「対面営業に繋げるために、自社と取り扱い商品を知ってもらう」のが最大の役割です。ホームページの役割を把握し、ターゲットを絞って作成することで「有益なホームページ」が完成します。ユーザビリティを向上させ、親しみやすく信頼の得られるホームページを作成すれば、利益向上にも繋がるでしょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。