インターネット上に不動産情報があふれている現代では、他社比較をするのが容易になっています。何か突出した魅力がなければ、競合他社に埋もれてしまいます。

顧客は、不動産を探し始めてからさまざまな選択肢を吟味したうえで購入を決定するため、情報検索した段階でふるい落とされる不動産会社は決して少なくありません。

売れ行きが伸び悩む不動産会社が多い中、株式会社オープンハウスは徹底した差別化戦略で、2021年には売上高7,880億円を突破する見通しです。

郊外に家を建てる他社競合とは真逆を行く戦略、都心の狭小地に3階建て住宅を安く建てるサービスを実施し、集客に成功しています。
参照元:株式会社オープンハウス(https://openhouse-group.co.jp/ir/upload_file/m005-m005_07/210514_7.pdf

このように、競合他社がひしめく不動産業界で勝つには、同社のような差別化戦略を打つ必要があるでしょう。

そこで、本記事では、集客方法に困っている不動産会社に向けて、集客がうまくいかない理由と対策方法を紹介していきます。成約数に伸び悩んでいる企業は、ぜひ下記の施策を講じて巻き返しを図ってみてください。

不動産会社のホームページ制作はsiteflowにお任せ!

siteflowでは誰でも手軽にホームページを作成できます。

・不動産業界の制作実績多数あり
・作るときも、作った後もプロが徹底サポート
・初期費用0円、月額9,000円からで始めやすい

まずは無料相談をお試しください。

よくある集客がうまくいかない要因

効果的な集客施策を考えるにあたり、まず不動産会社の集客がうまくいかない要因をおさえましょう。3つ挙げることができます。

親しみづらいイメージを持たれている

不動産業界だけでなく、多くの業界で「企業の親しみやすさ」が重視されています。敷居が高く見える企業は、利用した際のイメージが湧きにくく敬遠されがちです。

親しみやすい企業と比べると入店までのハードルが高いため、新規客が気軽に立ち寄りづらく、固定客を掴むまでが大変になります。

新規客が気軽に立ち寄れる企業を目指したいと考えているなら、ホームページやSNSを活用し、より身近に感じてもらう施策を実施する必要があるでしょう。

ターゲットのニーズに応えられていない

ターゲットのニーズに応えられるだけの情報を開示できていないと、何を売りにしている企業かが分からず思うような成果が得られない恐れがあります。

たとえば、ファミリー層をターゲットにしているにもかかわらず、子ども向けの施設情報を全く提供していないところは少なくありません。

「駅チカ物件、ファミリー向け」と銘打っても、何がどう向いているのか情報が不足していると、暮らし始めた際のイメージを想像しにくいものです。

幼稚園・小学校・公園・スーパーは近くにあるかなど、ニーズに沿った情報を提供することが重要でしょう。

載せている物件情報が古い

載せている物件が既にない、過去の物件データを載せているなど、インターネット上に掲載している物件情報が古いと企業の信用度が低下するでしょう。

不動産会社の中にはおとり広告として、既に成約済みの良物件をあえて掲載し続ける会社もあるため、掲載情報を入念にチェックする消費者が増えています。

他企業と見比べた際に情報が古いと、手が行き届いていない企業だと勘ぐられるのも無理はありません。常に新しく正確な情報を載せることを徹底しましょう。

不動産業におすすめの集客方法10選

これより先は、不動産業におすすめの集客方法を10パターン解説していきます。自社に取り入れられそうなものを探してみてください。

1. ホームページ

インターネット上で他社比較をする消費者が増える中、今やホームページは集客には欠かせないツールとなりつつあります。ただ制作すれば集客力がアップするというものではなく、検索エンジンに上位表示される質の高いホームページを目指す必要があるのです。

特定のキーワードで検索されたときに、検索結果の上位に表示されるように対策すること「SEO対策」といいます。上位表示を狙うと、キーワード検索からの流入を増やせるため、企業の認知度を向上させられます。

自社の名前・サービス内容を訴求できれば、集客数・成約数はおのずと増えていくでしょう。以下では不動産会社のホームページを3つ紹介しています。参考にしてください。

三井不動産リアルティ株式会社

引用元:三井不動産リアルティ株式会社ホームページ(https://www.rehouse.co.jp/

三井不動産リアルティ株式会社のホームページは白を基調にした清潔感のあるデザインです。三井不動産リアルティのターゲット層はファミリー層や中高年層を意識しており、用いられている人物写真もそれらの世代をカバーしたものが多くあります。

サイトコンテンツとしては同社の主要事業「三井のリハウス」が目立つような構成になっています。また、トップページで「プレミアム物件」として海外も含むリゾート物件の案内を行っているのも資金力の高い購買層向けに情報発信しているのが伺えます。

全体的なサイトデザインとしては、スタイリッシュ過ぎず、適度に落ち着いたレイアウト構成になっています。

株式会社 東京不動産

引用元:株式会社 東京不動産ホームページ(http://www.tokyo-re.com/

東京不動産のホームページのファーストビューは画面いっぱいに広がる都内の映像から始まります。東京駅をはじめ、オフィス街や下町、神社など都内の各所を紹介しながら東京が持つモダンとレトロの両方の側面をアピールしています。

トップページに物件情報など多くの情報を載せる企業が多い中、東京不動産のトップページはかなり情報が削ぎ落されており、白と黒のモノトーンを基調に構成されたデザインはどこか重厚さを感じさせるものです。

しかしホームページ全体のコンテンツが乏しいわけではなく、個別のページでは必要な情報が詳しく掲載されています。

株式会社アールストア

引用元:株式会社アールストアホームページ(https://www.r-store.jp/

アールストアのホームページは白を基調に比較的シンプルにまとめられています。写真が多用されており、差し色に黄色も使われているため、賑やかさや可愛さを感じさせるデザインです。

イラストも使われており、随所でポップさも感じられるデザインです。トップページにピックアップされている物件写真はどれも光をうまく取り入れた明るい写真が使われており、清潔感を感じさせます。

掲載物件は1Rなど単身世帯向けのものが多く、サイトデザインのポップさとターゲットの若年層がマッチしたホームページです。

以下の記事では、不動産会社のホームページを特徴別に紹介するとともに、不動産会社に特化したホームページ制作会社を紹介しています。併せてご覧下さい。

2. リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの順位によらず、広告費を払えば上段・下段に情報を表示させられます。有名な掲載先としては、国内ではGoogle・Yahoo!の2つのサービスが挙げられるでしょう。

設定したキーワードに紐づいて、ユーザーの視認性が高い場所に広告掲載ができます。即効性の高さから、短期的な集客方法として注目を集めています。自社のホームページやブログなどが上位表示されず、自然流入の数が少ないとき、集客数が伸び悩んでいるときに活躍するでしょう。

ただし、リスティング広告は、まとまった予算を投じる必要があるので気をつけたいところです。入札は、高い金額を投じるほど掲載順位を上げられます。また、クリック課金方式のため、広告をクリックされる都度課金されることになります。

投じた予算に応じて集客効果を発揮するため、少ない予算で広告を打ちたい企業は思うような効果が得られないケースもあります。選定するキーワードによっては安い価格で広告掲載ができますが、人気の高い枠だと競合が多く、それなりの費用がかかると念頭におく必要があるでしょう。

3. ブログ

ブログは、高い費用をかけずに認知度をアップできる集客方法です。継続的にコンテンツを投稿し続けることで読者を増やし、サービスを売り出していきます。コンテンツの量を必要とするため、長期的に施策を実施する必要があります。

ただし、ホームページと同様にコンテンツの質が重要で、多くの人の目に触れるためには検索エンジンで上位表示を狙わなければなりません。

ユーザーにとって有益な情報を発信し続け、記事の質と量を確保できれば、おのずと訪問者数は増加し続けていきます。不動産業者としての専門性を生かした内容をわかりやすく伝える必要があるでしょう。

ブログは、広告と違って一度に多額の費用を投じる必要はありませんが、更新し続けるために人員や時間を割かなければならないのが難点です。かけた人件費分だけ集客効果がアップしているか判断がつきにくく、費用対効果が読みづらいという側面があります。

先行投資として根気強く続けられるか、ユーザーのニーズに合わせて内容を改善していけるかが、成功の別れ道でしょう。

4. SNS

SNSは、若年層から中高年層まで幅広い層を集客できるツールです。ここでは、有名な4つのSNSサービスの特徴を解説していきます。それぞれ訴求できる世代が異なるので、下記の情報を踏まえたうえで集客施策を実施してください。

Facebook

Facebookは、20~50代までのユーザーが多く利用しています。国内の月間アクティブ利用者数は、2019年時点で2,600万人です。2015年の2,500万人と比べても、堅調な動きを見せていることが分かります。

総務省の調査によると、中高年層にとってはTwitterやInstagramに比べて利用率が高く、不動産の広告やビジネスに関する商材の宣伝に向いている媒体といえるでしょう。

また、他媒体と違って実名登録制を採用しているため、ユーザーが名前・性別・年齢・地域・趣味といった情報を細かく入力しています。

広告を打つ際は、ユーザーが登録をした情報をもとにターゲティングを行えるため、より自社の広告が響く層に訴求できます。

参照元:https://www.soumu.go.jp/main_content/000708015.pdf
https://japan.cnet.com/article/35139021/

例)東京R不動産

引用元:東京R不動産(https://ja-jp.facebook.com/realtokyoestate/

東京R不動産のFacebookでは主に物件の紹介を行っています。物件紹介の写真は1つの角度からだけでなく、様々な部屋を載せているのでユーザーにとっても分かりやすくお問い合わせが生まれやすいでしょう。加えて高頻度で投稿を行っているので、フォロワー数やリアクション数も多いです。

YouTube

YouTubeは、他のSNSサービスとは異なり、どの年代もまんべんなく利用しているのが特長です。10~30代の若年層も、40~50代の中年層も幅広く利用しています。60代の利用も若年や中年ほどではないものの、利用率は45%近くに上ります。

動画を配信するのは低コストから始められますが、注目されるためには投稿数が必要になるので、集客効果が出るまで時間がかかります。

また、SEO施策と動画編集技術が要るため、技術を習得するまでが大変でしょう。作業に手間がかかる反面、文書や写真では伝えきれない物件の魅力をアピールできるので、成約数アップに繋げられます。

参照元:https://www.soumu.go.jp/main_content/000708015.pdf

例)不動産投資の楽待(らくまち)

引用元:不動産投資の楽待(らくまち)Youtube(https://www.youtube.com/user/RAKUMACHI

不動産会社とは異なりますが、不動産投資での収益物件数No.1を誇る楽待はYoutebeを運営しています。チャンネル登録者数も30万人を超えていて、提供しているコンテンツは不動産に限らず、物件見学や芸能人のインタビューなど多岐にわたっています。

Instagram

Instagramは、10~30代までの若年層のユーザーが多く利用しているサービスです。2019年6月7日時点で国内の月間アクティブ利用者数が3,300万人を超えています。

女性の利用者が多いイメージがありますが、女性の利用者が57%、男性の利用者が43%と、男性の利用も少なくありません。

他のSNSサービスと異なる点は、文字ではなく視覚的なPRに向いている点です。店舗や不動産の写真をたくさんアップすると、具体的なイメージを掴みやすくなるため、利用してみる価値はあるでしょう。

参照元:https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

例)KEIYO HOUSE

引用元:KEIYO HOUSE Instagram(https://www.instagram.com/keiyohouse/

千葉県にある不動産会社KEIYO HOUSEはInstagramを運営しています。写真だけでなく、数十秒の動画「リール」を投稿することによってリーチ数も増えるでしょう。また、プロフィール欄にはKEIYO HOUSEのホームページや公式ラインに飛べるリンクが張ってあり、ユーザーが直ぐに行動へ移せるような工夫をしています。

Twitter

Twitterは、10~30代までの若年層のユーザーが集中している媒体です。2017年7月時点では、国内の月間アクティブ利用者数が4,500万人を突破しています。

賃貸・不動産投資・中古マンションの売買などは、20~30代からも一定数の需要があるため、若年層に絞って訴求したい場合に重宝するでしょう。特に、コロナ禍で不動産投資に興味を持つ20~30代が増加しているので、関心を集められる話題を提供できれば、集客力アップが期待できます。

参照元: https://twitter.com/TwitterJP/status/923671036758958080

例)三和商事

引用元:三和商事Twitter(https://twitter.com/sanwanow

新潟駅前にある不動産会社三和商事はTwitterを開設しています。つぶやき内容には年末年始の営業時間変更や、新潟駅の気象状況、おすすめ物件などがあります。顧客との距離感が近くなり、親近感が増します。

5. Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、不動産会社のように実店舗を持つ企業にとっては、欠かせないサービスだといえます。無料で利用できるサービスで、登録するとGoogleマップ上に表示される店舗情報を編集することが可能です。

例えば、「東京 不動産」と検索すると、Googleマイビジネスに登録している不動産会社が表示されます。

マップエンジンの最適化(MEO)を図るほうが、検索エンジンに上位表示するよりも簡単なので、力を入れる企業が増えてきています。管理機能を使って、メニュー・ウェブサイト・住所・電話番号・予約サイトなどの情報を掲載すれば、マップ検索をしているユーザーを自社へ誘導できるでしょう。

また、マップエンジンは直近で利用する可能性が高いユーザー、熱量の高い層が集まっているため、最適化を図れれば高い集客効果を発揮します。自社の情報に口コミ評判を投稿してくれるユーザーがいれば、返信して対応力の高さをアピールするのも良いでしょう。

実店舗での対応をしっかりしていないと、ネガティブな意見を投稿される可能性もありますが、悪い評価にも真摯に向き合うことが大事です。きちんと消費者の声に耳を傾けている企業だと示せれば、ユーザーが初めて利用する際のハードルも低くなるため、新規顧客の獲得に繋げられます。

6. ポータルサイト

ポータルサイトで集客できるのは、賃貸・不動産売買を検討している人です。各サービスの違いについて紹介していきます。

SUUMO

参照元:SUUMOホームぺージ (https://suumo.jp/

SUUMOでは、賃貸・売買のほかに、注文住宅の情報を掲載できます。物件と企業の情報を詳しく載せられるのが特長で、写真・周辺情報をたくさん掲載できるのはもちろん、スタッフのコメントなども併せて掲載することが可能です。360°パノラマやSUUMO集客パックといった集客ツールが豊富に揃っているため、成約率の高いユーザーを集客できるでしょう。

HOMES

引用:ホームズホームぺージ(https://www.homes.co.jp/

HOMESでは、賃貸・売買・不動産投資・注文住宅の掲載を行っているのが特長です。不動産投資に関しては、投資家向けに収益物件の情報掲載ができるほか、イベントの告知も可能です。投資家向けのサポートが充実しているので、投資に関心が高い層を集客できるでしょう。

at home

引用:at homeホームぺージ(https://www.athome.co.jp/

at homeは、賃貸・売買・貸店舗・貸駐車場・事業用物件の情報掲載のほか、売却査定のサービス情報も載せられるサービスです。掲載物件に対して、スタッフのコメントをつけられる機能があるため、他社と差別化を図るのに向いています。また、通話料が無料になるサービスも実施しているので、ユーザーが問合せしやすいのが魅力でしょう。

7. チラシ・ポスティング

チラシ・ポスティングは、地域密着型の不動産会社に向いている集客手法です。不動産の売却・購入を考えている人に対し、自社のサービスや物件の魅力をダイレクトに伝えられます。配布するエリア・物件を選べるため、ある程度ターゲットを絞り込めます。

たとえば、住み替え時期に当たる人が住んでいそうな築年数のマンションに、戸建てやマンションのチラシをポスティングすれば、問合せや来店が期待できるでしょう。

読みが外れると費用対効果は薄れるものの、競合他社がまだ接触していない、ネットを使わない高年齢層と接点ができるメリットがあります。

ただし、賃貸に関しては住み替えのエリアが広く、市や県をまたぐことも少なくないので、ポスティングによる集客効果はあまり期待できません。

8. 新聞への広告出稿

新聞は、中高年層の購読者が多いという特徴があります。広告出稿すると中高年層に訴求できます。住み替えを考えている層に対して、売却・購入を検討してもらえるでしょう。

不動産情報欄に掲載できるので、不動産の情報が気になっている潜在層にアプローチすることが可能です。意外と三行広告まで目を通している人が多いため、少ない予算でも集客効果に期待が持てます。

ただ、チラシと同じく、新聞も配布するエリアが決まっているため、引越し範囲が広い賃貸情報を掲載するには不向きです。特に、賃貸情報に関してはインターネット上で検索する人が多いので、新聞に広告を打っても高い費用対効果は見込めないでしょう。

9. 看板

看板を使った集客法は、付近の住民に対してアプローチできるのが最大のメリットです。子どもがいる家庭や職場が近い人だと、生活圏を変えると移動や手続きが面倒なので、今住んでいるエリア内で引越しをしたいと考えている人達が一定数います。

同じエリア内で住宅を探している人にPRできるため、インターネット上で広告掲載するよりも早く買手が決まるケースもあります。オープンハウスやモデルルームの見学会などをアピールするには適しているでしょう。

不動産の売買だけでなく、賃貸情報を複数掲載した看板を店舗前に出す場合は、集客効果をアップさせる効果が期待できます。ただし、インターネット上で検索が可能な賃貸情報の看板を、住宅街に出すのは不向きです。

10. 一括査定サイト

不動産の売却を考えている人は、大体4~6社に見積もりを依頼するケースが多いようです。一括査定サイトに登録しておくと、競合他社と比較したいと考えている人に直接アプローチできます。

利用者は高い査定額を期待しているものの、納得のいく説明と金額かどうかを重視している人が多いため、真摯に対応すれば響く層はいるでしょう。

また、無理に押し付けるのではなく、他社と比較するまで気長に待ってくれる不動産会社のほうが好感を持つ人が多くなっています。訪問査定を無理強いするよりは、メッセージで答えられる範囲で丁寧な対応をすることをおすすめします。

選ばれる不動産会社になるためのポイント7選

ここからは、競合他社から一歩抜き出るための「選ばれる不動産会社になる方法」について解説していきます。

営業時間が長い

不動産会社の営業時間は、9~18時が一般的で、都市部では19時以降のところもあります。ただ、賃貸も売買も複数回通わないといけないケースが多く、仕事の都合上、このような時間帯に通いにくい人たちは少なくありません。

差別化を図っている不動産会社では営業時間を延ばし、中には深夜0時まで対応する会社もあります。

集客に伸び悩んでいる会社は、メール・SNS・ホームページを利用して、夜の時間帯でも要望を受けつける形式を採用してみてはいかがでしょうか。夜に内見や説明を行うと、仕事終わりに利用する人が増えるでしょう。

定休日がない

不動産会社は水曜日休みのところが多いですが、シフトの都合で水曜日にしか通えない人も一定数います。定休日がない不動産会社だと、普段は競合他社に流れてしまう人達も集客できます。

人員を多めに配置し、固定休ではなくシフト制にすれば、定休日を設けなくても運営できるでしょう。ただし、シフト制の休みにすると、固定休を希望する人材が集まりにくくなります。休み希望を尊重するスタイルを築かないと、定休日なしで運営を続けるのは難しいかもしれません。

店舗を1階に構えている

店内が見えない不動産会社だと、敷居が高くて入りにくいといえます。もしも、2階以上に店舗があるなら、初めて利用する人でも入りやすいように、看板やのぼりを立てるといった配慮が必要です。

また、入りづらい雰囲気のビルに店舗を構えている場合は、予約客が来る時間には1階で待つなど細やかな心配りが大事でしょう。ホームページに店内までの道順を掲載していると、入店までのハードルを下げられます。

車で内見できる

車で内見できるかどうかは、ターゲット層を拡大するうえで重要なポイントです。高齢者・妊婦・子連れの人で運転できない人は、車がある不動産会社に流れてしまう傾向が高いといえます。

自分で移動できる範囲が限られてしまうため、自宅まで送迎してくれる会社があれば、必然的に選びやすくなるでしょう。

もし、車を所有していないなら、社員が使える車を用意して送迎サービスを始めるのも一つの手です。今まで取りこぼしていた層を集客することが可能です。

口コミがいい

口コミ評判を重視している人はたくさんいます。簡単に競合他社を比較できる時代になったからこそ、質の良いサービスを求める人が増えています。

口コミ評判を良くするには、実店舗での対応力を上げないといけません。サービスの方針や内容を従業員に徹底して、誰が案内しても同一のサービスを行えるよう環境を整えることが大事です。研修制度を積極的に取り入れている会社だと、接客の質を向上させやすいでしょう。

宅建免許の更新が2回以上ある

宅地業免許は、5年に1回の更新が必要となります。免許番号に記載されている()内の数字が大きいほど、長く安定して経営している証となるため、顧客に信頼されやすいといえます。今はまだ5年未満の運営で数字が(1)の会社は、5年以上の(2)を目指して真摯に対応を続けていきましょう。

仲介だけでなく管理物件も扱っている

不動産の仲介だけだと、管理するのは別会社となり、契約以降は顧客とやり取りする機会がありません。しかし、自社で管理も行っている物件ならば、「住み始めてからのトラブルも自社で対応します」とPRできます。

特に、賃貸物件では入居者同士のトラブルが起こりやすいため、入居後の対応力を求めている人がたくさんいます。管理物件を増やせば、対応力で選びたいと考えている人達を集客できるでしょう。

不動産会社向けのホームページ制作会社

先ほど紹介したおすすめ集客方法にもあったホームページ制作は、集客力アップに欠かせません。ここでは、様々なホームページがある中でも特に不動産業向けのホームページ制作会社のサービス内容と特徴を紹介していきます。

1. 日本情報クリエイト株式会社

引用元:日本情報クリエイト株式会社ホームページ(https://www.n-create.co.jp/

仲介事業者向けのサービスと、管理事業者向けのサービスを行っている会社です。

仲介事業者向けのサービスとしては、業者間で物件情報を共有できるサービス・ホームページ作成のソフト・オンライン接客システムの3つを提供しています。ホームページ作成のソフトに関しては、同社が提供する賃貸管理ソフトと連動できるため、管理物件の情報をスムーズにできるのが魅力です。

一方で、管理事業者向けのサービスとしては、賃貸物件の管理システム・入居者サポートアプリ・オーナー支援アプリの3つを提供しています。

ホームページの作成が簡単にできるだけでなく、不動産業に必要なソフトやツールをまとめて一度に導入することが可能です。社内のIT化を進めたいと考えている不動産会社は、検討してみる価値があります。

2. 株式会社博士.com

引用元:株式会社博士.comホームページ(https://www.web-jsp.com/

ホームページ制作は、初期費用30万円から依頼できます。オリジナルデザインと、顧客の囲い込み戦略を駆使して、競合他社に負けない自社の強みを訴求することが可能です。

しっかりとヒアリングを行ったうえで制作してくれるため、ユーザーのニーズに沿った内容を掲載できるでしょう。

物件紹介の動画を編集作成のシステムも提供しています。ホームページのトップに完成物件の動画を入れてPRに使ったり、物件情報ページに該当物件の動画を埋め込んだりすることも可能です。

また、自動査定システムをホームページに入れることもできます。物件売却を考えている顧客を効率的に取り込めるでしょう。

3. フュージョンコア株式会社

引用元:フュージョンコア株式会社ホームページ(https://www.fcore.jp/

Webコンサルティング・成果型Webマーケティング支援・ホームページ制作を行っている会社です。ホームページ制作では、独自の国産CMSで全ページの構築を行っています。制作後も、簡単にSEO対策やコンテンツの追加や管理ができるため自社で運用できます。

他社との差別化を図りたい、と思っていても具体的にどのような点を強調したらよいか分からない場合もあるでしょう。

そのような場合でも、Webプランナーが、競合他社に勝てる強みをリサーチしてくれるため、自社の強みをホームページに落とし込むことが可能です。

また、ホームページ制作が初めての企業も安心して任せられるように、サポート体制・支援機能を整えているのが特徴的です。

ホームぺージ制作会社を決める際の注意点

ホームページ作成を依頼する場合には以下のような注意点があります。詳しくみていきましょう。

事前にホームページの目的ターゲットを明確にしておく

多くの会社が陥りがちなのが、ホームページを作成すること自体が目的化してしまうことです。どんな人をターゲットにしたいのか、訪問者にどんなアクションをしてほしいのか目的が定まっていないと、制作会社も作業に取り掛かれません。簡単でもいいので、事前にまとめておきましょう。

同業種のホームページ制作実績があるか

一括りにホームページ制作とはいっても、業種によって重視すべきポイントは大きく異なります。それゆえ、制作会社のサイトに掲載されている仕事実績などをもとに、同業種のホームページの制作実績を有しているか確認するのがおすすめです。

開設・リニューアル後のサポートはしっかりしているか

ホームページは開設したらそれで終わりではありません。その後、自社で更新作業や保守運用などを行っていく上で分からないことが出てくることもあるでしょう。そうしたときにサポートをしっかりしてくれる制作会社に依頼するのがおすすめです。

ホームページの更新やページの追加は自社でできるか

前項と重複しますが、ホームページのサイトコンテンツは事業の展開と共に常に更新していく必要があります。しかし、この更新作業を外部企業にその都度頼むのはコストや手間の面でおすすめできません。それゆえ開設後は自社で簡単に運用できるようにシステムを整備してくれる制作会社を選びましょう。

制作会社のホームページがしっかり更新されているか

制作会社自身のホームページの更新頻度やコンテンツの充実度なども重要な選定基準です。自社のアピールの場であるホームページの管理が行き届いていなければ、信頼性に疑問が生じるでしょう。特に仕事実績のページなどは重点的にチェックするのをおすすめします。

料金相場を知る

潤沢に資金を使えるにせよ、なるべくコストを抑えるにせよ、大まかな料金相場を知らなければその制作会社の料金設定が高いのか安いのかも分かりません。

今回は、外部の制作会社にヒアリングし、一般的な企業のホームページ(コーポレートサイト)を作成するケースを前提に、制作費の相場を記載しておりますので、参考にしてみてください。

50〜150万円

制作費としては、かなり安価な金額帯と言えます。金額を安価に抑えるため、ホームページの作成仕方としては、ウェブサイト制作ツールの既存テンプレートに用いて、開発することが多くなります。そのため、オリジナリティがあるWebサイトの制作などは難しいと言えるでしょう。

150万円〜500万円

制作会社に依頼した場合、この金額感に収まることが一番多いと言えるでしょう。ホームページの作成仕方としては、クライアントからのヒアリングベースで、0から作成する形が一般的です。

Webサイト毎の特徴を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、一定のオリジナリティやクオリティがある成果物を制作することができると言えます。

500万円以上

ホームページ・リニューアルや趣向を凝らしたホームページを新規作成しようとした場合、制作費は500万円以上かかってくるでしょう。この規模の制作になると、制作期間も半年前後かかります。

ただ、マテリアルとしてのホームページを作成するだけではなく、コーポレートブランディングの観点も0から一緒に考えたり、他にはないオリジナリティのあるWebサイトを制作することができます。複数の会社の料金表を比較するなどして、より目的に合った制作会社を選択しましょう。

相見積もりをとる

正確な料金は会社ごと・案件ごとに異なるため、料金面を重視して委託会社を検討するなら相見積もりは必須です。なるべく詳細な依頼書を作成し、複数の候補業者に見積もりをお願いしてみましょう。

ただし、安さを重視した結果、クオリティも相応になる可能性は念頭に置いておかねばなりません。また、いきなり見積もりを取るのではなく、その前に気を付けるべき点が3つほどあるので紹介します。

  1. 目的を決める

    目的が決定していないとどのようにホームページを作成するのかを制作会社に伝える際に時間がかかってしまいます。そのため、ターゲットやユーザーにどのようなアクションを取ってもらいたいかを決定しましょう。

  2. 必要な機能や項目を確認する

    目的を決定したら必要な機能や項目を確認するためにサイトマップやワイヤーフレームを作成しましょう。サイトマップとはサイトを制作する際に全体を俯瞰してみることができる資料で構成図のことを指します。

    ワイヤーフレームとはホームページのコンテンツやレイアウト(配置)を確認して、整理するための構成図のことを指します。これらを作成することによって制作会社との情報共有もスムーズに行き、見積もりが安くできる可能性があります。

    また、担当者や委託先を変更してもこれらの構成要素があることによって「自社サイトの全容を把握できない」といったトラブルを防止できます。

  3. 予算・納期を設定する

     予算を決めておくことにより、制作会社はどの程度機能を充実させるかを提案することができます。曖昧な予算設定だと制作会社は具体的な提案がしにくくなります。また、納期も可能な限り決めましょう。納期次第では費用が変化するのでそこも含めて制作会社を決定しましょう。

以下の記事ではホームページ制作会社を決定する際に見積書の項目や制作費用以外で気を付けるべきポイントについて説明しています。併せてご覧ください。

まとめ

不動産会社の集客を図るなら、自社の提供できる範囲で、消費のニーズに沿ったサービスを提案することが大事です。自社の強みを訴求するには、ホームページ制作・SNS・ポータルサイト・チラシ・新聞など、オンラインとオフラインの集客施策を組み合せて実施しましょう。

オンラインの集客施策としてホームページ制作をするなら、自社で一から制作するよりも、制作会社に依頼するか、制作ツールを使うのがおすすめです。完成度の高いホームページで、集客力をアップさせましょう。

低価格で不動産会社のホームページならsiteflow!

ホームページを作成するならデザインやコンテンツにこだわりたいけれど、
制作会社への依頼となると高額で悩ましいですよね。

そんな方には、低価格でホームページを作成できるsiteflowがおすすめです。

・初期費用0円、月額9,000円からで追加料金ゼロ
・不動産会社に嬉しい画像編集機能付き
・作るときも、作った後もプロが徹底サポート

不動産業界の制作実績が豊富なので安心して作成をお任せください。
まずは無料相談をお試しください。