現在では、医療機関がホームページを持つのも一般的になりつつあります。歯医者は競合の激しい業種なので、ホームページからの集客という面でも、その重要性は増しています。ホームページを持つことで得られるメリット、制作や運用における注意点、掲載すべき情報などを詳しく解説しているので、新規開設、リニューアルをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

歯医者がホームページを運営するメリット5つ

ホームページを運営することによって、以下のようなメリットが期待できます。

病院を探している人(顧客)に見つけてもらえる

昨今、歯医者はコンビニより多いといわれるほどに乱立しています。待っているだけでは、他の医院に顧客を奪われてしまうでしょう。新規顧客獲得のために重要なのが宣伝です。ホームページは、その中枢をなすものといえるでしょう。設備や得意分野などのアピールポイントや、診察時間、住所などの基本情報を、わかりやすく簡潔に伝えられます。

医院検索や口コミなど、ネット上にはたくさんの歯医者の情報が掲載されていますが、そこで見つけてもらえても、肝心の医院のホームページがなければ、顧客が二の足を踏むということにもなりかねません。ホームページは、顧客が歯医者を選ぶ上で極めて重要な要素で、最終決定の決め手にもなり得ます。

顧客に安心感を与えられる

歯医者に恐怖感を抱く人は少なくありません。来院前に治療方針や医院の内部の雰囲気を知ることができれば、その不安が和らぎます。わかりやすい、知りたい情報がすぐに見つかるなど、クオリティの高いホームページを持っていれば「この歯医者はしっかりしていそうだ」という信頼獲得に繋がり、それも安心感の源となるでしょう。

院内の写真を掲載するのも効果的です。スタッフの笑顔の写真などがあれば、それだけでも治療に前向きな気持ちを抱かせられるかもしれません。できるだけ明るい色合いの写真を使うなど、ちょっとした工夫が大きな違いを生むこともあります。予算に余裕があれば、プロに撮影を依頼するのもおすすめです。

医師と患者は、人と人なので、言葉も大切です。真摯なメッセージが、不安を抱く人の背中を押すこともあるかもしれません。

時間外でも診察の予約ができる

電話や、直接の診察予約は、基本的に医院に人がいる時間内にしかできません。しかし、オンラインの予約システムを持っていれば、24時間、自動的に予約を受け付けられます。

また、口頭でのやり取りだと伝達ミスも起きがちですが、入力方式の予約システムであれば、そうした認識違いを、かなりの確率で防げるでしょう。予約確定後や、診察の前日などにメールを送るシステムも、間違いや予約日の失念の防止になり、とても便利です。

リアルタイムに新鮮な情報が載せられる

オフラインの情報は、古いものがそのまま放置されているというケースが少なくありません。新たな情報があれば、すぐに発信できるというのはインターネットの大きな強みです。

たとえば、診察時間の変更や急な休診なども、すぐに告知できます。ただし、ホームページ上に古い情報が残っていると、オフラインの情報以上に顧客の信頼を損ないかねないので、管理には気を付けてください。

また、近年の歯医者はホワイトニングや歯の矯正など、役割が多岐に渡っています。そうしたもののなかから、得意分野をコラムなどで発信する歯医者も増えています。有益な情報であれば、遠方からの顧客も訪れるかもしれません。SEO対策にもなるので、医院の知名度が向上し、顧客の増加に繋がることもあります。

ビジネス上での信頼感が得られる

現在は、来院前に顧客がインターネットで医院を検索するのが当たり前の時代です。前述の通り、インターネット上には、歯医者に関するさまざまな情報が溢れていますが、だからといって自らは発信しなくてよいというわけではありません。検索する人が求めるのは、医院から直に発信される情報です。

ホームページがないイコール運営がしっかりしていない、とも捉えられかねないので、ホームページは必要です。ホームページがあったとしても、それが時代遅れでクオリティの低いものであったとしたら、医院自体も時代遅れと思われてしまうかもしれません。しっかりとしたホームページは、医院全体の運営がしっかりしているという印象を閲覧者に与えます。

採用においてもホームページは重要です。若い世代ほど、インターネットの情報を重要視する傾向があります。洗練されたホームページを持っていて、採用情報もわかりやすく記載されていれば、優秀な人材が集まりやすくなるでしょう。

これだけは入れておきたい要素・項目

歯医者のホームページにおいて、これは必須、というべき内容を紹介します。

医師紹介

どんなホームページにおいても、その団体の顔ともいうべき人物の紹介は重要です。顔が見えない存在を信頼するというのは、なかなか難しいでしょう。特に歯医者の場合は、先に紹介した安心感の付与に大きく関わる部分です。診療中は、常にマスクをしています。

素顔がわからないことが、一層不安にさせてしまうこともあるかもしれません。医師の顔や人となりがわかり、考え方に共感できれば、顧客が安心して来院できるでしょう。

多くの場合、医師紹介のページには、顔写真とメッセージ、それに加えて略歴が掲載されています。略歴は、その医師がどのようなキャリアを辿ってきたのかがすぐにわかるので、これも信頼獲得の大きな助けとなります。取得認定医であることや所属学会を掲載するのも一般的です。

診療内容

虫歯の治療だけでなく、インプラントや顎関節症、口腔ガン検診など、さまざまな人が、さまざまな目的で歯医者を探しています。単に「歯の治療」とだけ記載していたのでは説明不足です。行っている治療を項目ごとに分けて、詳細に説明するとよいでしょう。

特定の分野に強みがあるなら、そこをアピールする機会でもあります。設備なども紹介すれば、より閲覧者の関心を引けるでしょう。ネットユーザーは常日頃から、大量の情報を取得しています。知識が多い分、不安を感じる要素も多くなってしまいます。それを解消できるのが、具体的で専門的な情報です。

もちろん、すべての顧客が豊富な知識を有しているわけではありません。すべての人にわかりやすいように、症状名でなく「歯茎の出血」、「口内のねばつき」など、体感的な症状を記載し、その解決策を提示するという方法もあります。

住所・電話番号

初めて来院する顧客の多くが、ホームページの情報を頼りにしています。住所と地図は必ず掲載し、地図アプリが苦手という人のために、シンプルな地図や道順も掲載しておくと親切です。曲がり角や、目印となるようなスポットの写真を順に掲載しているホームページもあります。駐車場の有無も、表記しておくとよいでしょう。

立地に恵まれている場合は、医院の強みとしてアピールもできます。「〇〇駅から徒歩3分」など、目立つ場所に記載しておけば、鉄道利用者の新規顧客が増加するかもしれません。

電話番号は、全ページの目立つ箇所に掲載されているのが一般的です。気になったら、すぐに問い合わせできるようにしているのです。PCであれば、ページ上部の右側、スマートフォンであればページ上部か下部に固定など、大半のサイトが目立つ位置に配置しています。スマートフォンの場合は、タップしてすぐに電話がかけられるようにしておくのも基本です。

24時間予約フォーム

昨今、予約フォームの重要性は増す一方です。24時間予約を受け付けられますし、予約時のミスやトラブルも格段に減らせます。初診の場合は、希望する診察の内容を選択できるようにしておけば、情報の整理にも役立ちます。

また、任意のメッセージ欄を設けておけば、具体的な症状や質問を記入できるので、スムーズな意思疎通の助けになるでしょう。多くのホームページで、わかりやすい場所にリンクを設置されており、特に電話番号のすぐ近くに配置するというパターンが多いようです。

診療時間・休診日

自分の都合のよい時間に診療しているかどうかは、歯医者選びの重要なポイントです。予約をする際に確認する情報なので、わかりやすい場所に掲載するようにしましょう。専用のページだけでなく、トップページにもあるのがベストです。電話番号や予約フォームへのリンクのすぐ近くにあるというパターンも少なくありません。

定期的な通院が可能かの判断には、住所と同じくらい大きな意味を持つ情報です。急な症状で、すぐに診療可能な歯医者を探している場合など、診療時間が何よりも重要という場合もあります。できるだけすぐに見つけられるようにしておいてください。

料金(カード支払いの可否)

歯医者の治療は、一人ひとり、内容が大きく異なるため、料金を示すのが難しいものです。しかし、顧客にとっては非常に気になる要素でもあります。できる限りの情報を提示しておくと親切です。

自由診療(全額負担)の場合は、特にしっかりと明記しておきましょう。非常に高額になるため、トラブルを防ぐためにも前もって情報を提供しておくべきです。自由診療は保険適用の診療に比べて、費用のパターンが明確なので具体的な金額も示しやすくなっています。保険適用の診療まで掲載したいというときは、いくつかのモデルケースを示すとよいでしょう。

クレジットカードをはじめとする、キャッシュレス決済利用の可否も、今の時代には必要な情報です。キャッシュレス決済の利用が不可の場合は、現金のみと明記しておくと、トラブルを軽減できるでしょう。

お問い合わせフォーム

気になってはいるけれど、予約には至っていないという層には、お問い合わせフォームが効果を発揮するかもしれません。予約もしないのに電話するというのは、多くの人が抵抗を感じますが、専用のフォームがあれば、医院との距離がかなり縮まります。お問い合わせから、自然に予約へと誘導する流れを構築できれば、なお効果的です。

また、電話での問い合わせは、その場で対応しなければなりませんが、フォームでの問い合わせであれば、対応するタイミングにある程度の幅を持たせられます。専門的な質問への回答には医師の意見が必要ですが、診療時間中に手が空いていることはほとんどありません。

お問い合わせフォームであれば、手が空いたときに対応することが可能なのです。求めている答えが得られれば、利用者も安心して予約に踏み切れるようになるでしょう。医師の負担も考慮する必要がありますが、新規顧客獲得の手段として、一考の価値があります。

歯医者のホームページデザインで重要な5つのポイント

ホームページのデザインは、どのような点に気を付ければよいでしょうか。各項目に応じ、実在する歯医者のホームページを参考にしつつ、そのポイントを解説します。

わかりやすく使いやすい

神田デンタルケアクリニック

引用元:神田デンタルケアクリニックホームページ(https://www.kanda-dentalcare-clinic.com/treatment/

電話番号、住所、診療時間、休診日といった重要な情報がページのわかりやすい位置に記載されています。PC版ならページの上部に固定し、さらに下部にも表示し、スマートフォン版も全ページの下部に記載されています。

PC版にはページの上部にネット予約が、スマートフォン版ではページの下部に電話、メール相談、ネット予約が固定されていて、ゴールが非常にわかりやすい構成です。初見でも迷う可能性が極めて少ないホームページだといえるでしょう。「お急ぎの方はお電話ください。」と有効な連絡手段を示しているのも親切です。

安心・信頼できる

ただこし歯科クリニック

引用元:ただこし歯科クリニックホームページ(http://cloud-dental-clinic.com/

まず目に入るのが、子供の写真でしょう。第一印象から、温かみを感じさせてくれます。別ページでもしっかり紹介されていますが、キッズスペースがあることも一目瞭然です。デザインは明るい色合いや、丸みのあるフォントを多用し、全体的にポップな印象があります。

たくさんの写真で表現されたアットホームで楽しげな雰囲気は、歯医者への恐怖感を和らげる大きな助けとなっています。スタッフの笑顔の写真も、安心感を与えてくれます。前述の通り、顔が見えるということは、信頼性に大きく関係しています。

「当院で矯正する11のあんしん」というコーナーも、わかりやすく、かつ詳細で、信頼獲得に大きく寄与していることでしょう。

誠実さが伝わる

栃内歯科医院

引用元:栃内歯科医院ホームページ(https://www.tochinai-dental.com/

アクセスしてすぐに、スタッフ達の笑顔の集合写真に目を引かれることでしょう。そして、「前歯を見せて、大きな口で笑ってほしい。」から始まる、温かいメッセージ。患者に寄り添う姿勢が、しっかりと表れています。スマートフォンサイトでも、写真を大きく見せるということに注力しているようです。右下の手書きのメッセージも印象的です。ページの随所に配置されている、四角形がフワフワと動く装飾も、温かみを演出しています。

明朝体の使用も効果的で、人間味と同時に高級感を出すことにも成功しています。余白の使い方も上手です。スタイリッシュながらも決して気取らず、伝えたい内容をストレートに伝えられるデザインに仕上がっています。

メッセージ性や高級感、計算されたレイアウト、それらの要素が高い次元で融合し、誠実さとなって閲覧者に伝わってくるようなホームページです。

洗練されている

丸の内デンタルオフィス

引用元:丸の内デンタルオフィスホームページ(http://www.marunouchi-dental.com/

歯医者は、高度な知識と技術を求められる専門職です。知性や格式などを打ち出したホームページも、説得力があります。こちらのホームページは黒とゴールドを基調としたデザインで、グレードの高さを表現しています。次々と現れる、最新の設備や高級感のある内装、丸の内のビルの写真は、圧倒的な迫力を持って閲覧者に訴えかけてくることでしょう。

メインビジュアルを切り替えるという手法は、スライドショーのような見せ方以外にもさまざな方法があります。たとえば、時間帯によって切り替えるというものです。診療時間内か時間外かが一目でわかり、閲覧者にとって親切であると同時に、作りこまれているという印象を持たせられます。

こうした細かな工夫は知性を感じさせるので、大学病院などのホームページとの相性も良好です。

歯医者がホームページを運営する上で注意するべきポイント

ホームページは、デザインが綺麗、体裁が整っているというだけでは、その役割を果たすことはできません。ここでは、特に注意した方がよいというポイントを紹介します。

医療広告ガイドラインを遵守する

医療行為は、人の健康、そして、命にまで関わります。そのため、広告に記載する内容に関する規制が医療法によって定められています。それが、医療広告ガイドラインです。虚偽や誇大広告、比較広告、客観的根拠・事実が証明できない内容の掲載を禁止し、違反した場合は罰則を科せられるというものです。

ホームページも、例外ではありません。長くグレーゾーンとされていた時代がありましたが、2018年の医療法の改正によって明確に規制の対象となりました。

たとえば「地域No1」、「芸能人御用達」、「評判の名医」といった表現は、規制の対象となる可能性があります。事実に基づき、地に足の着いた内容を心掛けるようにしてください。

医療広告ガイドライン:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000209841.pdf

誰にでも使いやすくわかりやすいUI/UX設計

歯医者は老若男女、あらゆる層が利用します。立地や治療方針によってターゲット層が絞られる場合もありますが、他の層を排除してしまうのは得策ではありません。

万人に受け入れられやすいUI/UX設計を心掛けてください。UIとはユーザーインターフェイスの略で、デザイン性や操作性のことを指します。UXはユーザーエクスペリエンスの略で、サービスを通して得られる経験、感想などのことを指します。

導線が独特なデザインや、一部の層には刺さるが他の層には不快感を与える、といったデザインは好ましくないということです。先に紹介した、デザインで重要な5つのポイントを意識すれば、おのずと誰にでも使いやすく、なおかつわかりやすいUI/UX設計になるでしょう。

保険適用の可否をわかりやすく説明

料金の項目でも触れましたが、自由診療の費用は非常に高額になります。保険適用だと思って受けた治療が、実は自由診療だったという場合、顧客との大きなトラブルに発展しかねません。誰にでもわかるよう、保険適用については、しっかりと記載しておく必要があります。

実際の説明も、もちろん大切ですが、ホームページに掲載していれば、顧客の理解度が飛躍的に向上するでしょう。医療広告ガイドラインでも、自由診療の料金は明記しなければならないと定められています。

歯医者向けのホームページ制作会社

おすすめの制作会社と、それぞれの特徴、強みなどを紹介します。

株式会社メディウィル

引用元:株式会社メディウィルホームページ(https://www.mediwill.co.jp/

2006年の創業以来、一貫して医療業界でデジタルマーケティングを手掛けている会社です。病院、各種クリニック、製薬企業、医療機器メーカーなど、1,000以上の案件を手掛けてきました。患者向けデジタルマーケティングも実施していて、膨大な知見を有しています。

もちろん、ホームページ作成の経験も豊富で、公開後の保守運用まで安心して任せられます。SEOを意識した専門的な記事の作成も依頼できます。ヒアリングを元に、「来院数を増やしたい」、「自費率を高くしたい」などの明確な目標を設定し、制作を行います。目標達成のために用いるのはホームページだけではありません。

リスティング広告やSNSなど、多角的なサポートを行ってくれます。デジタルマーケティングのパートナーとして、長く付き合える会社です。

株式会社 BE PROUD

引用元:株式会社 BE PROUDホームページ(https://www.beproud.asia/

歯医者に特化した制作会社で、東京、大阪、福岡、さらにテキサスと北京にもオフィスを構えています。導入実績は1,000件以上で、まさに歯科ホームページのスペシャリストといえるでしょう。

新規開業で、ホームページの運営について何もわからないという状態でも安心です。豊富な経験と知識に基づいた詳細なヒアリングを元に、一から、テンプレートを用いない、それぞれの医院に合ったオリジナルのホームページを作成します。原稿のライティングや、プロカメラマンによる訪問撮影もサービスに含まれています。

また、作成時だけでなく、公開後も安心して任せられます。定期的なミーティングを行い、更新管理やSEO、リスティング広告などにもしっかりと対応しています。「日本歯科医療評価機構」のアンケート代行によって、本物の口コミを集めるという試みにも注目です。

日本ビスカ株式会社

引用元:日本ビスカ株式会社ホームページ(https://www.visca-hp.jp/

2,000件を超える医療機関のホームページの制作実績があります。ホームページ制作以外にも、広告、什器や備品の製造販売、書籍の出版など、さまざまな形で医療機関に関わっていて、創業は1984年という歴史のある会社です。「マーケティング×IT×デザイン」というコンセプトを打ち出し、ブランディングや受付IT化のサポートなども行っています。

多彩なプランを用意していて、リーズナブルなものだと、テンプレートを使用し最低価格60,000円から制作可能です。リッチなサイトの制作実績も豊富で、予算に応じてさまざまな提案を行ってくれます。

他の2社と同様、公開後のサポート体制も万全で、SEO、MEO、リスティング広告など多角的で戦略的なアプローチで日々、集客アップに向けた運用を行います。ホームページをテーマにした大変興味深いコラムも掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

ホームページの制作や運用における、大事なポイントを紹介してきました。デザインに内容、注目すべき点は多岐に渡りますが、すべてにおいて大事なのは、顧客の目線に立つということです。基本的な情報をすぐに見つけられるか、信頼できる医院か、どのような治療を行うのか。

これら、顧客が歯医者のホームページを見る際に求めている要素に明確な答えを用意すれば、必ず集客アップに繋がります。掲載した3つの制作会社は、その実現を強力にサポートしてくれます。自らもホームページの知識を持ち、信頼できる会社に依頼する。こうすれば、間違いなく素晴らしいホームページができるでしょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。