現代社会では、行政書士にとってもホームページは大切な営業ツールのひとつです。ホームページを開設しているかいないかでは、ビジネス上の信頼感にも雲泥の差が生じます。

また、行政書士を探している顧客も、インターネット上の情報に基づいて依頼先を決定するケースが増えているため、集客の観点からも行政書士にホームページは必要不可欠なのです。

しかし、実際にホームページを作成するとなると、

・どのようなデザインにすればいいのかわからない
・どんな情報を掲載すればいいのかわからない
・集客できるホームページにするにはどうしたらいいのかわからない

といった悩みが尽きないでしょう。

そこで、本記事では行政書士が行政書士らしいホームページを開設するために必要な情報を網羅しました。具体的には、デザインを決める際に役立つ実際のホームページ事例やホームページに掲載すべき情報などを掲載しています。

ぜひ参考にしてください。

行政書士のホームページ制作はsiteflowにお任せ

siteflowでは初期費用0円、月額9,000円からホームページを作れます。

・行政書士のホームページ制作実績あり
・プロが作成するから高品質な仕上がり
・公開後の運用サポート付きだから初めてでも安心

まずは無料相談をお試しください。

行政書士事務所におけるホームページの役割とは

行政書士事務所にとってホームページは、新規顧客を獲得するための集客ツールです。インターネット社会である現代では、行政書士を探すときも多くの方が検索エンジンを使用します。魅力的なホームページであれば、訪問者からの問い合わせや依頼を受けるチャンスも広がるのです。

そこで、現在運営しているホームページを見直してみましょう。集客につながるような設計になっているでしょうか。顧客獲得につなげるには、行政書士への相談・依頼を考えている方が知りたい情報を提供しなくてはなりません。すなわち、具体的な業務内容や依頼するメリットなどです。

また、問い合わせフォームをわかりやすいところへ設置することも大切です。相談したい、と訪問者が思っても、問い合わせフォームが見つからないと行動を起こせません。そのままページを離脱されてしまう可能性があるため、問い合わせへ誘導できるような設計が求められます。

また、集客の形はホームページだけにとどまりません。SNSやリスティング広告、Googleマイビジネスなどでの集客も可能です。

ホームページ以外の集客方法について知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。行政書士事務所におすすめの集客方法について解説しています。

行政書士事務所ホームページの事例

現在運営しているホームページの、何がダメなのか、どこを改善すればよいのかわからない方もいるでしょう。自作したものの、あまりお問い合わせ数が伸びていない場合もあるかもしれません。

言葉ではなかなか伝わらないため、ここでは参考になる行政書士事務所のホームページをピックアップしました。自事務所と何が違うのか、比較してみてください。

みわ行政書士事務所

引用元:みわ行政書士事務所ホームページ(https://miwahoujin.com/

岡山県を拠点とする事務所で、派手さを抑えたシンプルデザインのホームページを運営しています。特徴は、しっかりと強みをトップページでアピールできていることでしょう。

大勢の行政書士が活動している中で、選んでもらうためには自事務所ならではの強みをアピールしなくてはなりません。同事務所のケースでは、墓地管理士やお墓ディレクターの資格を持つ行政書士が、お墓に関するあらゆる手続きをサポートできるとアピールしています。このような資格を持つ行政書士は少ないため、訪問者へ強いインパクトを残せるでしょう。

行政書士 みのり事務所

引用元:行政書士 みのり事務所ホームページ(http://minori-kobe.net/

可愛いイラストも用いた、和やかなテイストのホームページです。堅苦しくとっつきにくい印象のある行政書士ですが、ややポップなテイストのデザインに仕上げることで、訪問者へ安心感や親近感を抱いてもらえます。

トップページでは、具体的にどのような業務に対応しているのか、ジャンルごとに記載しています。そのため、訪問者は求める情報へ素早くアクセスしやすいでしょう。24時間受付のメール相談フォームも設置しており、営業時間外でも相談を受け付けられる体制が整っているのも参考にしたいポイントです。

行政書士 しまだ法務事務所

※メンテナンス中

引用元:行政書士 しまだ法務事務所ホームページ(http://www.shimada.legal/

トップページの見やすい位置へ、電話番号や営業時間、無料相談申込フォームなどを設置しています。相談を考えている方の、アクションを促しやすい設計になっているのは、参考にしたいところです。

また、強みをポイントごとにきちんと説明しているのも特徴といえるでしょう。税理士や弁護士など他の専門家とのつながり、女性特有の悩みへの理解など、明確に強みをアピールしています。このように、特徴を前面に推し出すことで、「この事務所なら安心して相談できそう」と訪問者に感じてもらえます。

行政書士 いけだ事務所

引用元:行政書士 いけだ事務所ホームページ(https://ike-gyosei.com/

メインで取り扱っている業務を、わかりやすくトップページのセンターに配置しています。また、ページの上部には電話番号のほかLINE、メールの問い合わせフォームなど複数の窓口を用意しています。

複数の窓口を明示するのは、ぜひ参考にしたいポイントです。人によっては、電話が苦手、FAXがないといった方もいます。いくつもの窓口を用意しておけば、さまざまなタイプの方々からのアプローチが期待できるでしょう。

業務ごとの料金を明記している点にも注目できます。業務の依頼を検討している多くの方は当然費用面も気になっているからです。また、明朗会計であることもアピールできます。

行政書士 太田ひとみ事務所

引用元:行政書士 太田ひとみ事務所ホームページ(https://hitomi-gyosei.com/

白と淡いピンクカラーをベースにしたデザインが印象的なホームページです。こちらの事務所は、女性の方が代表行政書士を務めており、女性らしいやわらかで優しげな印象をデザインでアピールしています。

参考にしたいのは、強みをしっかり記載しているところです。相談無料や地域密着型のサービスなど、自事務所ならではの強みを明確にできています。

また、満足度や対応、スピード、値段などをお客様に評価してもらい、コメントも併せて紹介しているのもポイントです。このようなリアルな意見は、訪問者にとって行政書士選びの判断基準になるため有効です。

ツナグ行政書士事務所

引用元:ツナグ行政書士事務所ホームページ(https://tsunagu-office.net/

スッキリと洗練されたデザインで、対応している業務内容や料金、事務所の概要など、多くの訪問者が知りたいであろう情報を網羅しています。TwitterやFacebookなど、さまざまなSNSを駆使しており、ホームページと連携できているのも参考にしたいところです。

ホームページには、代表行政書士が執筆しているブログへのリンクも設置されています。ブログは、気軽にメッセージや人柄を伝えられて、身近に感じてもらえるため、他との差別化を図るのに有利でしょう。

行政書士くじらい事務所

引用元:行政書士くじらい事務所ホームページ(http://www.kujirai-office.com/

許認可申請に強いことを、ホームページでアピールしていることが特徴です。わかりにくい行政書士の業務も、分野ごとにわけて丁寧に説明しており、初めてアクセスしてくる方にも優しい内容に仕上がっています。

「パブ、キャバクラの1号営業実績多数」のように、実績をしっかりアピールできているのも真似したいところです。もし具体的な数字を載せられれば、さらに効果的でしょう。

行政書士事務所の参考になるホームページデザインを他にも閲覧したいという方には、ギャラリーサイトの使用がおすすめです。

ギャラリーサイトとは、デザイン性の高いホームページをまとめたもので、サイト内検索にかけることで特定のホームページの参考デザインを簡単に見つけることができます。

ここでは、おすすめのギャラリーサイトの一例としてSANKOU!を紹介します。

SANKOU!

引用元:SANKOU!ホームページ(https://sankoudesign.com/

SANKOU!は2,383個(2021年5月9日現在)のデザイン例を掲載しています。Webサイト、ランディングページ(※)、コンテンツページなど目的や種類、デザイン性、色などさまざまなカテゴリーからデザインを検索できます。サイト詳細を見ると「雑誌風なレイアウト・あしらい」「要素が動く」など細かいタグ付けがされているため、直感的にタグを選ぶこともできます。また、お気に入り機能もあるので気に入ったデザインを保存して後で比較することもできます。

※ランディングページとは、サイトを訪れた人が検索結果や広告から目的のサイトをクリックした結果、最初に表示されるページのことです。1ページ完結でストーリー仕立てとなっているものが多いです。

ギャラリーサイトはSANKOU!の他にもたくさんあります。以下の記事ではその他のおすすめギャラリーサイトの紹介をしていますので、参考にしてください。

行政書士向けのホームページ制作会社3選

ここでは、行政書士のホームページ制作を得意とするホームページ制作会社を3社紹介します。ホームページ制作の外注を検討している方は参考にしてください

WEB屋行政書士

引用元:WEB屋行政書士ホームページ(https://web.gsss.pro/

WEB屋行政書士は、行政書士がホームページの設計を担当してくれるホームページ制作会社です。誰よりも行政書士の業務に精通している担当者が作成してくれるので、コンテンツや掲載する情報についても親身になって考えてくれるでしょう。

また、ホームページ開設後の運用に関するサポート体制も整っているのも特徴です。初めての方でも安心して制作を任せられるのではないでしょうか。

制作費用100,000円~
月額(保守)費用10,000円~
※詳細はお問い合わせください

Genomos

引用元:Genomosホームページ(https://gs.genomos.co.jp/

Genomosは、行政書士の集客を見据えたホームページ制作を強みとする制作会社です。全国9地点に拠点を持ち、サービスを展開しています。ホームページ制作だけでなく、ウェブ・経営コンサルティングの事業も行っていることから、ウェブ集客に特に精通している制作会社と言えるでしょう。

ホームページ制作

制作費用440,000~550,000万円程度

運用費用(オプション)

保守プラン11,000円/月
更新支援プラン22,000円/月

FLOW

引用元:FLOWホームページ(https://www.flow-web.jp/flow-01/gyousei-shoshi/

FLOWは士業業界向けのホームページ制作事業とウェブコンサルティング事業を展開している会社です。豊富なホームページで遺作実績と運用データに基づいた効果的なホームページ作成・運用が期待できます。全国どこでも対応しているのも大きな特徴のひとつです。

制作費用目安
特化型440,000円
総合型550,000円
※別途月額でのコンサルティング有(詳細は要問い合わせ)

行政書士事務所のホームページに載せるべき内容

India, Accountancy, Adult, Adults Only, Bank – Financial Building

行政書士事務所のホームページを制作する際、掲載すべき内容が複数あります。ホームページによる集客力向上を狙うためには欠かせないものなので、どのようなかたちで掲載するのか検討してみてはいかがでしょうか。

サービス内容

サービス内容はいわば、その行政書士事務所がどのような分野(建設・産業、運輸・交通、会社法、風俗営業、法務・会計、外国人在留資格、相続・遺言など)に強みを持っているかをアピールする材料です。

これまでの経験や取り扱った案件数などを交えながら、どのようなサービスを提供しているのかをわかりやすく載せると良いでしょう。

社労士紹介

依頼人(顧客)は、どんな行政書士が担当するのかを知るまで、不安を拭いきれません。安心感を与えるために、また所属する行政書士の経歴やスキルをPRするために、行政書士を紹介するページを制作しましょう。

顔写真付きのプロフィールを掲載することで、より信頼感を与えることができるでしょう。

費用

費用は依頼人(顧客)が最も気にする部分でしょう。案件や手続きによって費用は異なりますが、目安としての費用やあらかじめ定まっている料金などは、わかりやすく書いておいたほうがよいでしょう。無料で取り扱っている相談などがあれば、アピール材料として併記してください。

会社概要

会社概要には所在地や営業時間、事務所の代表の名前などに加えて、これまでどんな案件を扱ってきたのか、また事務所として掲げているモットーや指針などを1ページにまとめておくとよいでしょう。そうすれば、依頼人(顧客)は会社概要を閲覧することで、大まかな事務所の全体像を把握できます。

事務所案内

行政書士事務所がどんな場所にあり、どのようなアクセス方法があるのか、さらに駐車場の有無などをきちんと明記しておくことが大切です。駅から近い事務所などでは、改札を出てからの道筋を写真付きで案内している場合もあります。

コラム

ホームページの更新頻度を高めるという観点からも、実際に取り扱った事例からお伝えできるワンポイントなどをコラムとして掲載するとよいでしょう。

法改正がある時期などに、それに沿った内容を更新すれば注目度アップも期待できます。同時に、コラムを監修した担当行政書士の顔写真やコメントも掲載すれば、所属するスタッフの認知度向上にもつながります。

FAQ

FAQを設け、多くの方から問い合わせがある事柄や、一般的な疑問などを列挙しておくこともポイントです。わざわざ連絡しなくても依頼人(顧客)の疑問を解決できるうえ、同じ内容の問い合わせを削減することで、問い合わせ対応の効率化にもつながります。

予約フォーム

時間や場所にとらわれず予約するには、Web上で入力できる予約フォームが適しています。そのため、相談の希望日時や相談内容を入力できる予約フォームがあると便利です。

同時に、電話での問い合わせや予約ができるように、フリーダイヤルなどをわかりやすく明記しておくことも大切です。

行政書士事務所のホームページでやりがちな3つのNGポイント

意図せず、NGだらけのホームページになっているケースは少なくありません。そのままでは、集客ツールとして活用するどころか、営業の足を引っ張ってしまう可能性もあります。以下、行政書士事務所のHPでやりがちなNGポイントをまとめました。

1. 行政書士に依頼できることや依頼するメリットがわかりにくい

弁護士や税理士など他の士業と比べて、行政書士が行える業務はあまり広く知られていないのが実情でしょう。そのため、依頼できることやメリットがわかりにくいホームページでは、相談や依頼に結び付きません。

そのため、知識がない方にも理解できるよう、このようなことが代行できる、このような悩みの解決を助ける、といった内容を丁寧に説明することが求められます。

メリットについても、許認可申請は手続きが複雑で、素人では許可も下りにくいが、プロが代行することでスムーズな許認可取得が可能、といった具合にわかりやすく伝えましょう。

2. プロフィールの内容が不十分である

一般の方は、日ごろ行政書士と関わることはほとんどありません。堅苦しい印象を持つ人もいます。そのため、相手がどのような人物なのかわからなければ、安心して相談はできないでしょう。

このような事態を回避すべく、プロフィールは充実させることが大切です。顔写真も掲載し、これまでの経歴や実績などもできるだけ細かく記載しましょう。人柄が伝わるような内容に仕上げると、より安心感を抱いてもらえます。

3. ターゲットが不明確である

ターゲットが明確でないと、誰に何を伝えたいのか、どのようなアクションをとってほしいのかも伝わりません。ターゲットによって、ホームページのデザインや盛り込むコンテンツなども異なります。

たとえば、風俗営業許可申請をしたい方がターゲットなら、それが強みであることをアピールする情報をサイト内に盛り込むべきです。一方、メインの客層を女性で考えているのなら、安心感や信頼感を抱いてもらえそうなサイトデザインが求められます。今一度、メインターゲットとなる層を明確にするところから始めてみましょう。

行政書士が知っておくべきホームページ集客の基本

ホームページでの集客を成功させるために抑えておきたい基礎的な集客方法を10個、ご紹介します。無料でできるものと、有料のものをそれぞれ5個づつ紹介しますので、ホームページの開設とともに導入してみてはいかがでしょうか。

5つの無料でできる方法

1. SEO対策

SEOとは、特定のキーワードで検索されたときに、検索結果の上位に表示されるように対策することを指します。キーワードの選定が重要ですが、それ以外にも良質なコンテンツの作成、システム設計も大切です。

SEO対策は効果が現れるまでに数ヶ月から数年かかることもありますが、SEO対策を行なって1位表示されるようになると約30%ものクリック率を見込むことができるのでとても有効な集客方法のひとつと言えます。

簡単に行えるSEO対策の方法としては、以下の8つが挙げられます。

1. キーワード選定
2. 量より質を重視した読みやすいコンテンツ
3. タイトルとディスクリプション
4. 記事内タグの設定
5. 画像と文字サイズの最適化
6. モバイルファースト
7. 被リンクの獲得
8. サイテーションの獲得

SEOについては以下の記事でより詳しく解説しているので、参考にしてください。

2. SNSへ

現代は、若者をはじめとして多くの人がSNSを使用しています。万人への広告効果が期待できるSNSを集客のために使わない手はありません。

ただし、ここで注意したいのが各SNSの特徴です。

例えばFacebookの場合、​​企業用のページを簡単に作れる機能が搭載されているほか、検索で上位表示されやすい「SEOへの強さ」があります。したがって、Facebookはビジネス向きのSNSだといえるでしょう。

また、LINEなら友達追加してもらうことでダイレクトメッセージを簡単に送信することができるので、ユーザーとの密なコミュニケーションツールとして効果が期待できます。

その他、InstagramやYouTubeなども集客に使える代表的なSNSです。それぞれの特徴を理解し、目的にあったSNSでの広告を導入してみてはいかがでしょうか。

それぞれのSNSの特徴など、詳しくはこちらをご覧ください。

3. プレスリリース・ニュースリリース

プレスリリースやニュースリリースは、新聞社や出版社などに情報を発信し、取り上げてもらうことを狙う集客方法です。多くの人の目に触れるため、情報の質によっては爆発的な宣伝効果が見込めるでしょう。

4. コンテンツマーケティング

近年、トレンドとなっている集客手法がコンテンツマーケティングです。ユーザーの役に立つ有益な情報を積極的に発信し、企業のファンを増やして集客や売上増につなげる手法です。

社労士事務所のホームページの場合、年金や労働社会保険についての解説などは、顧客となる層の人にとって有益な情報と言えるのではないでしょうか。

5. オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で運営しているメディアのことです。自社サイトやブログのコンテンツにより、長期的な視点で見込み客の獲得やファン化、他社との差別化を目指します。

特に、法改正が行われた時期に関連するブログを投稿することで注目を集められるでしょう。また、ブログを書いた社労士の紹介も併せて掲載することで、認知度の向上も期待できます。

5つの有料の方法


1. SNS広告

SNS広告とは、各ソーシャルメディアで利用できる広告のことです。TwitterやFacebook、Instagramなど、あらゆるSNSで広告サービスがリリースされています。

シェアやいいねの獲得による広告効果も期待できます。

2. リスティング広告

検索連動型広告のことです。あらかじめキーワードを設定しておくと、ユーザーがそのキーワードで検索したときに、ページ上部に広告が表示される仕組みになっています。

即効性が期待できる方法なので、なるべく早く集客の成果を得たい場合には最適の方法と言えるでしょう。

一般的にリスティング広告にかかる費用は20~50万円とされています。出稿する記事やサービス次第では20万円以下で収まったり、反対に50万円以上かかることもあるので、注意してください。(詳しくはこちら:https://www.i-nobori.com/media/2860



3. ディスプレイネットワーク広告

ディスプレイネットワーク広告は、広告配信システムを利用したサービスです。特定のWebサイトに掲載できる上、ターゲットの設定もできるので、集客したい層が明確な場合におすすめの方法です。

ディスプレイネットワーク広告を出稿する際の月額費用相場は、リスティング広告と同じく20~50万円とされています。また、課金方法によっても相場が多少変動するので注意してください。(詳しくはこちら:https://www.data-be.at/magazine/display-ads-cost/



4. アフィリエイト

アフィリエイト広告は、アフィリエイターの運営するサイトやブログに広告を配信する手法です。成果報酬型の広告なので、費用対効果の高さが大きな魅力です。

5. 純広告

純広告は、古くから活用されてきた「広告らしい広告」のことです。純広告には看板などのフィジカルな広告も含まれますが、ネットに限定するならば、ポータルサイトなど、知名度の高いサイトへの広告と考えるとわかりやすいでしょう。

これまで、ホームページでの集客を成功させる方法について簡単に解説してきました。より詳しい情報が知りたいという方は、以下の記事を参考にしてください。よくある失敗事例や集客方法の選び方も併せて紹介しています。

まとめ

今や、行政書士がホームページで集客するのは当たり前の時代になりました。多くの行政書士事務所が、集客を意識したホームページを作成し運営しています。強みを明確に打ち出し、ターゲットを意識したデザインにし、お問い合わせを促す設計にする必要があります。

ライバルに負けないホームページにするには、具体的にどう改善すればよいのかわからないなら、プロへの相談が近道です。プロの手を借りて、事務所のいわば「営業」を担当してくれる、時代に合ったホームページを作りましょう。siteflowの無料相談もご活用ください。

行政書士のホームページならプロが徹底サポートのsiteflowにお任せ

現代社会では行政書士にとってもホームページは必須です。
また事務所の魅力をアピールするためにデザインにもこだわる必要があるでしょう。

ホームページ作成サービスsiteflowなら、

・プロがホームページ作成をサポートするから高品質
・行政書士のホームページ制作実績が豊富
・安全性の高いSSL通信でセキュリティ対策も万全

初期費用0円、月額9,000円から、ホームページを作成していただけます。
まずは無料相談をお試しください。