ホームページは、現代ビジネスにおいて欠かせないツールのひとつです。税理士事務所も例外ではなく、ホームページを集客に活用しているケースは少なくありません。そこで本記事では、ホームページを開設したい、見直したいと考えている税理士の方に向けて、参考になる事例やポイントを解説します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

税理士事務所におけるホームページの役割とは

ホームページを運営する目的や役割は、ブランディングや集客、商品・サービスの販売などさまざまです。税理士事務所におけるホームページの役割も同様に、さまざまなことが考えられますが、一般的には集客や問い合わせの獲得、認知度の向上などが挙げられます。

税理士事務所を探すとき、多くの方はインターネットを利用します。「地域名+税理士」のような形で検索するケースが多いため、ホームページがなければ見つけてもらえません。誰もが当たり前のようにインターネットで情報収集を行う現代において、ホームページがなければ、それだけでハンデとなるのです。

ホームページがあれば、どのような想いで業務を行っているのかというメッセージも伝えられます。気になった方がメールで問い合わせをし、顧客の獲得につながることも十分考えられるでしょう。

税理士事務所ホームページの事例

ホームページの開設やリニューアルにあたり、どのようなデザインにすればよいのかと悩むケースは少なくありません。そこで、以下では参考になる事例をいくつかピックアップしました。気になったサイトがあれば、ぜひチェックしてみましょう。

ひかり税理士法人

引用元:ひかり税理士法人ホームページ(https://www.hikari-tax.com/

京都市で営業している「ひかり税理士法人」のホームページは、全体的に洗練されたデザインが印象的です。事業承継や経営コンサルティング、相続などの専門家として活躍しており、幅広い知識と豊富な経験があることをトップページで伝えています。

どのようなことを相談できるのか、わかりやすくメニューを配置していることが特徴です。相続や経営、事業承継、税務調査など個別にメニューを設けているため、初めて訪問した方が迷う心配もありません。メールマガジンや無料相談の専用フォームを用意しているのもポイントです。

税理士法人荒井会計総合事務所

引用元:税理士法人荒井会計総合事務所ホームページ(http://www.arai-kaikei.info/

「税理士法人荒井会計総合事務所」は、岐阜市を拠点に営業している税理士法人です。トップページには、どのような事務所なのかが簡潔かつわかりやすく紹介されており、初めて訪問した方に安心感を与えられる設計となっています。

「経験豊富な若手スタッフが親身に対応」「黒字決算と適正申告を応援します」など、事務所としての強みをアピールしているのも特徴です。自社の強みをアピールすることで、一目で「ここなら安心して相談できそう」と感じてもらえます。料金体系をわかりやすく表で記載しているのもポイントです。

タカギ税理士事務所

引用元:タカギ税理士事務所ホームページ(http://takagi-kaikei.com/

「タカギ税理士事務所」のホームページは、落ち着きのあるカラーを基調とした全体的にナチュラルなデザインが特徴です。税理士事務所は、どうしても堅苦しいイメージがつきまといますが、ナチュラルなデザインの採用により、そのようなイメージを払拭しています。
「税理士は何をしてくれるの?」と疑問を抱く方は少なくありません。そのため、同事務所ではトップページにて、税理士の仕事内容や相談するメリットなどを丁寧に説明しています。

訪れた方へ具体的な行動を促す設計になっているのも特徴といえるでしょう。「初回相談無料」「いつでもご連絡ください」と大きく記載されており、具体的な次のアクションを促すことで、気軽に相談しやすい事務所であることをアピールしています。

税理士法人アイユーコンサルティング

引用元:税理士法人アイユーコンサルティングホームページ(https://www.taxlawyer328.jp/

スタイリッシュで洗練されたデザインを採用したホームページです。トップページにはスタッフの写真を掲載しており、訪れた方へ安心感を与えられる設計となっています。

「顧客満足度97.76%」「相続・承継案件数累計2,000件以上」「税理士21名」など、強みと実績をわかりやすく掲載していることが大きな特徴です。税理士を探すときには、過去の実績をチェックする方が多いため、トップページでアピールするのは有効だと考えられます。

また、費用やプランがわかりやすいのもポイントです。自動見積もりシステムを導入しており、訪れた方は簡単な情報入力を行うだけで、費用の概算を確認できます。

税理士法人チェスター

引用元:税理士法人チェスターホームページ(https://chester-tax.com/

「税理士法人チェスター」は、相続税の申告や相談を得意とする事務所です。相続税専門の税理士事務所として営業しており、累計20,000人に選ばれた実績があります。ホームページでも、相続税専門であること、豊富な実績があることをしっかりアピールしている点が特徴です。

税理士を探している方は、「この事務所へ依頼するメリットは何なのか」を考えます。同事務所では、そのようなユーザーの心理をくみ取り、依頼するメリットをわかりやすく丁寧に説明しています。

また、ダブルチェックや期限管理の徹底、最新鋭の機器による調査など、お客様への約束事を明記しているのも、安心感を与えられる理由です。

近藤税理士事務所

引用元:近藤税理士事務所ホームページ(https://www.ktax-agent.jp/

「近藤税理士事務所」のホームページは、見やすい色使いと大きな文字が印象的です。サイト上部にはメニューをわかりやすく配置しているほか、無料相談フォームも設置しており、初めて訪れた方にも優しい動線が敷かれています。

訪問者が抱えているであろう悩みを抽出して明記し、同事務所への依頼により解決できることを明確に伝えている点が特徴です。なぜ解決できるのか、理由も丁寧に説明しているため、「試しに相談してみよう」と思わせられます。

トップページの最下部にも無料相談フォームが設置してあり、無料相談を促す文言を記載しています。「30秒で完了」と、時間がかからないことも伝えているため、アクションを促しやすい設計です。

税理士法人大田原・眞﨑事務所 相模原支店

参照:税理士法人大田原・眞﨑事務所 相模原支店 ホームページ(https://sagamitax.com/

シンプルなデザインを採用したホームページです。トップページのわかりやすいところへ、事務所としての理念を記載しており、どのような想いで事業を営んでいるのかを訪問者へ伝えています。

コンテンツを盛り込みすぎてしまうと、訪問者が迷ってしまうおそれがありますが、こちらのホームページではその心配がありません。最小限のコンテンツしか盛り込んでおらず、ユーザーは必要な情報に素早くアクセスできます。シンプルな設計で高齢ユーザーにも優しいホームページといえるでしょう。

税理士法人CROSSROAD

ホワイトとブルーの色遣いで、クールな印象を与えるホームページです。トップページにはスタッフの集合写真を掲載しており、訪れた方へ安心感を与えています。

さまざまな業務に対応しており、個別にわかりやすく説明しているのが特徴です。メンバー紹介のページでは、在籍している税理士ごとに写真と詳細なプロフィールを掲載しています。どのような税理士に依頼できるのかについては、お客様が気になるところであるため、有効なコンテンツといえるでしょう。

参照:税理士法人CROSSROADホームページ(http://www.crossroad.or.jp/

税理士事務所のホームページでやりがちなNGポイント

「ホームページを運営しているのに、問い合わせや集客にまったく結びつかない」というケースは意外と少なくありません。ここでは、税理士事務所のホームページでやりがちなNGポイントをいくつかご紹介します。

ホームページの目的や役割が不明確である

たとえば、問い合わせの数を増やして集客につなげたいのであれば、そのための動線が欠かせません。このケースでは、問い合わせや無料相談フォームの設置が有効です。また、お客様が「相談したい」と思えるように、自社の強みや依頼するメリットなどをアピールすることも大切です。

プロフィールの内容が不十分である

税理士への相談や依頼を検討している方は、「安心できる事務所か」どうかをチェックしています。会社や税理士のプロフィールが不十分だと、どのような会社なのか、税理士なのかがわからず安心できません。

そのため、ホームページへ記載するプロフィールは、充実させることが基本です。過去の実績や経歴はもちろん、どのような業務に強いのかなども記載しておくと、お客様は安心できるでしょう。

更新頻度が低い

ホームページは、開設したらそれでおしまいではありません。定期的に更新を行い、鮮度の高い状態を保つことが大切です。

更新頻度が低いと、もう営業していない事務所だと思われてしまうかもしれません。不信感を抱かせてしまう原因にもなりかねないため、定期的な更新を行いましょう。こまめな更新は、SEOの観点からも有効です。

まとめ

税理士事務所のホームページを開設・リニューアルする際は、目的や役割を明確にすることが大切です。最終的なゴールによって、ホームページのデザインや記載する内容にも違いが出てきます出てくるからです。プロフィールを充実させる、定期的に更新を行うといったことも忘れないでください。

本記事では、税理士事務所におすすめのホームページ事例をいくつかご紹介しました。気になるデザインがあれば、ぜひ参考にしてみましょう。どのようなホームページにすればよいのか悩んでいるのなら、無料相談もぜひご利用ください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。