ホームページのリニューアルに、どの程度の費用がかかるのか気になりませんか?リニューアルの費用は、依頼先や期間、内容などにより大きく異なります。
本記事では、ホームページリニューアルの費用相場を解説します。あくまで相場であるため、目安として参考にしてください。併せて、リニューアルに失敗しないポイントもお伝えしましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページリニューアルにかかる費用の目安

ホームページリニューアルに必要な費用は、依頼する作業の内容や依頼先などさまざまな要素によって変動します。また、作業を請け負っている専門業者も多く、企業によって費用計算の方法や料金設定も異なります。

そのため、明確にどの程度の費用が発生するのかを断言することはできません。以下、3つの費用目安にわけて、リニューアルの際にその費用範囲でどのようなことができるのかについて解説します。

50万〜100万円

仕上がりのクオリティは金額によっても左右されますが、50万~100万円の価格帯でもリニューアルは十分可能です。場合によっては新たなページや機能の追加、システムの組み込みなどもできます。

ただし、リニューアルはできるものの、100万円以内となるとできることはかなり限定的となります。そのため、思い描いていた通りの効果やメリットを得られない可能性もあるでしょう。まずはどのような効果やメリットを得たいのかを明確にしたうえで、業者へ相談することが大切です。

また、この価格帯に抑えたいのなら、業者選びも重要です。技術や実績があるのはもちろんのこと、低価格でサービスを提供している業者に絞って相談してみましょう。

300万〜1000万円

この価格帯なら、リニューアルにかける予算としては、十分な費用だと考えられます。前述した価格帯での作業以外に、大掛かりなシステム、デザインの変更なども可能です。

リニューアルを機にブランディングに力を入れることもできます。ブランディングとは、ユーザーがある商品を購入したいと考えたときに、自社製品を真っ先に思い浮かばせるようブランド化して定着させることです。ホームページによるブランディングを成功させるには、専門的なノウハウを投入して作業を行わねばならず、入念なリサーチも必要です。必然的に作業量が増えてしまうため、費用も高くなる傾向があります。

本格的なSEOを行うときも、これくらいの費用が発生します。SEOは、ある程度までなら業者を頼らずとも対策できますが、本格的に行うとなるとノウハウや専門知識、技術が必要です。

ブランディングとSEO、いずれにしても高度なノウハウと知識、技術が必要であり、作業量も膨大です。どこまでの結果を求めるかにより、費用も大きく変わってしまうため、事前にきちんと業者に相談することをおすすめします。

1000万円以上

ホームページリニューアルには1,000万円から数千万円の費用がかかるケースもあります。この価格帯なら、自由度の高いホームページリニューアルが可能となります。デザインを一新して新機能やシステムを実装、ブランディングやSEOに力を入れ、なおかつ動画を盛り込むなど、思い通りのホームページを作れるでしょう。

近年、動画を活用したホームページの運用を行う企業が増えました。動画コンテンツを活用すれば、自社の魅力や強みをダイレクトに伝えられるメリットがあります。自社で扱っている商品やサービスの特徴、魅力なども情報として伝えやすく、売上向上や利益拡大を狙えます。

これほどの費用が発生する大掛かりな規模のリニューアルとなれば、期間も相当かかります。半年から1年、もしくはそれ以上の期間が必要となる可能性もあるため、ホームページリニューアルの時期と照らし合わせて考えましょう。

リニューアルにかかる費用の内訳と工程

リニューアルの工程には、ディレクションやサイト設計、デザイン、コーディング、動作確認、コンテンツ制作、運用管理などが必要になります。それぞれの工程によって費用が大きく変わるため、最終的な金額も変わってしまいます。

ここからは、ホームページのリニューアルに必要となる代表的な工程と費用を解説します。それぞれ、どのような作業を行うのか、何のための作業なのかを解説し、併せて費用の目安もご紹介しましょう。

ディレクション費用

ホームページのリニューアル作業には、さまざまな役割をもつ方が参加します。WebディレクターをはじめWebデザイナー、システムエンジニア、ライターなどが代表的ですが、ほかにもカメラマンやマークアップエンジニアが参加することもあります。

このように、個々の役割をもつスタッフがチームを組み、プロジェクトを進めることがほとんどです。なかでもWebディレクターは、チームをまとめあげることを役割とし、リーダーとしてプロジェクト全体の管理を行います。この、Webディレクターが行うプロジェクト進捗管理にかかる費用が、ディレクション費用なのです。

Webディレクターは、プロジェクトに参加しているメンバーのスケジュール調整や、クライアントとの交渉などを行います。クライアントの要望をきちんと反映できているか、問題なく作動しているかなど、品質面に関するチェックを行うのも仕事です。

プロジェクトに参加するメンバーが多くなればなるほど、ディレクションの重要性は増します。個々の進捗管理を適切に行わなければ、プロジェクトそのものがスムーズに進まなくなってしまうからです。最悪、納期が遅れてしまう事態にも発展しかねません。

気になるディレクション費用の算出方法は2つあります。ひとつは、見積もり総額の10~30%で算出する方法です。たとえば、総額が100万円なら、10万~30万円をディレクション費用として計上します。

もうひとつは、実際にディレクターが稼働した日数をもとに計算する方法です。具体的には、作業に要した日数とディレクターの1日あたりの単価を掛け合わせて算出します。ディレクターの1日における単価は4万~6万円が相場であるため、この数字と実際に作業で必要な日数とを掛け合わせるのです。

サイト設計(SEO対策)費用

特定のキーワードで検索されたとき、上位表示を狙うのなら適切なSEOを施さなくてはなりません。SEOに効果的なサイト設計を行うにあたっては、正確な知識に基づく入念なリサーチが必要です。

SEO対策では、どのようなキーワードをサイト内に盛り込めば、上位表示を狙えるのかをリサーチします。そのキーワードが毎月どの程度検索されているのか、関連するキーワードは何かなども調査します。

また、もともとのサイトがディレクトリ構造になっていない場合、改善を提案される可能性があります。ディレクトリ構造のサイトは、SEOの効果を得やすいからです。個別の階層ごとに適切なキーワードを設定でき、検索エンジンに見つけてもらいやすくなるなど、ディレクトリ構造にはたくさんのメリットがあります。

ディレクトリ構造のサイトであっても、適切なツリー構造になっていない、途中に空の階層が含まれるなど、SEOの効果を望めない構造になっているケースも少なくありません。このようなときも、改善を提案されるでしょう。

サイト設計の大まかな費用相場は、50万円~です。キーワードのリサーチがメインなのか、構造にも大きく手を加えるのかによって費用が大きく異なるため、業者との細かな打ち合わせは必務です。

デザイン費用

ホームページのデザインは、集客やブランディングに影響をおよぼす重要な要素です。企業がビジネスに活用する目的でホームページを運営するのであれば、少しでもユーザーの印象に残るデザインを意識しなくてはなりません。

いまや多くの人が日常的にインターネットを利用する時代です。インターネット上には膨大な数のホームページがあり、洗練されたデザインを採用したものも少なくありません。ユーザーの印象に残りやすく、なおかつ視認性や操作性にも配慮したデザインのサイトなら、再訪してもらえる可能性も高くなります。

デザインを主に担当するのは、Webデザイナーです。クライアントの要望を汲み取りつつ、Webディレクターの指示を受けながら作業を行います。

費用の相場は、トップページと下層ページで大きく異なります。トップページは、ホームページの顔となる部分です。ユーザーが第一印象を抱くページであるため、デザイナーもかなり力を入れて作成します。目安としては、1ページあたり5万~20万円程度を見ておきましょう。

下層ページは、トップページに比べると安くなる傾向があります。1ページあたり5千~5万円程度が目安ですが、凝ったデザインを採用するのなら、作業工数や使用する素材などが増えてしまい、必然的に費用は高くなってしまいます。

コーディング費用

コーディングは、Webサイトの制作やリニューアルに欠かせないプロセスのひとつです。プログラミング工程の一種であり、プログラミング言語を用いてソースコードを書く工程を指します。

プログラミングと混同されやすいコーディングですが、あくまでソースコードを書く作業がコーディングと呼ばれます。プログラミングは、設計やコード書き、デバッグなどプログラムにおけるすべてのプロセスのことです。

コーディングは、コーダーと呼ばれる技術者が担当します。HTMLやCSSなどの知識をもつコーダーが、設計図や管理者からの指示を受けてコーディングを実行します。

費用相場は、1ページあたり1.5万円程度です。この相場で20ページのコーディングを依頼するケースでは、1.5×20=30万円となります。安く設定しているところでは、1万円を切る業者もあります。

業者によっては、レスポンシブ対応をオプションにしていることがあるため、注意が必要です。現在では、パソコンよりもスマートフォンやタブレット端末を用いてインターネットにアクセスする方がほとんどです。そのため、レスポンシブデザインのサイトでないと、アクセスしてきた方を取りこぼしてしまうおそれがあります。

また、1ページあたりの長さに上限を設けているところもあります。サイトによって1ページあたりの長さはさまざまです。そのため、多くの業者では1ページあたりの長さに基準を設けています。レスポンシブ対応のコーディングや、ページ長さの基準超過にはオプション対応されることも多いため、事前に確認しておきましょう。

動作確認(テスト)費用

完成したホームページが、正常に作動しないとなると問題です。依頼を受けた業者としても、信用に関わってしまうため、納品前には必ず動作確認のテストが行われます。

どのようなテストを実施するかは、業者によってさまざまです。一般的には、ブラウザ固有のバグが発生しないかがチェックされます。ブラウザにはさまざまな種類があり、代表的なものではInternet ExplorerやSafari、Microsoft Edge、Google Chromeなどが挙げられます。

それぞれのブラウザで提供元や特徴は異なります。そのため、特定のブラウザでサイトを閲覧したとき、画面が崩れてしまう、正常にシステムが機能しない、といったことが起こりかねません。このような事態を回避すべく、事前にチェックが行われるのです。

また、OS固有のバグについてもチェックを行います。WindowsやMacなどのほか、マルチデバイス対応のサイトならiOSやAndroidなどの環境下で、正常に作動するかどうかを確認します。

これらのテストは、細かい項目を設けて人の手と目により行われます。サイトの規模にもよりますが、かなりの時間を要することも珍しくありません。そのため、費用は1日あたりの金額と要した日数で計算されることがほとんどです。たとえば、1日2万円で5日間かかるのなら、2×5=10万円となります。

コンテンツ・記事制作(SEO対策)費用

近年では、コンテンツマーケティングがトレンドとなっています。コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを盛り込み、ブランディングや集客につなげるマーケティングの手法です。

企業によっては、自社社員たちの手で、記事や動画などのコンテンツを手掛けるケースもあります。このような場合、リニューアル時に専門業者へ依頼する必要がないため、コストを大幅に削減できるでしょう。

ただ、ホームページへ盛り込むコンテンツは、SEOと密接に関わります。そのため、正確な知識やノウハウを有さない者が作成したコンテンツでは、SEOの効果を高めるどころか下げてしまうおそれもあります。

自社にSEOの知識が豊富なライターやクリエイターがいるのなら問題はないでしょう。そうでない場合には専門業者への依頼をおすすめします。当然費用は発生しますが、良質なコンテンツの制作を期待できます。

コンテンツ制作の費用は、制作してもらうコンテンツの種類やボリュームなどによって変化します。相場はテキストの記事なのか動画なのか、記事の文字数、動画の長さなどによってさまざまです。

目安としては、10万~50万円前後を見ておきましょう。記事制作だけなら、10万~20万円程度でも可能です。リニューアル時にだけ依頼するのか、毎月定期的にコンテンツを制作してもらうのかによっても変わります。

テキスト記事以外のコンテンツを作成してもらう、コンテンツマーケティング全体の戦略設計をしてもらうといったケースでは、50万円以上かかることもあります。

公開後の運用・管理費用

リニューアル後のホームページがいくら秀逸であっても、公開しておしまい、では意味がありません。コンテンツの更新などをはじめ、ホームページに不具合が発生する可能性もあるため、公開後には適切な管理と運用が求められます。

運用・管理における作業内容は多岐にわたります。サーバーやドメインの維持をはじめ、障害への対応やコンテンツの更新、CMSのメンテナンス、レポーティング、コンサルティングなどが挙げられます。

どこまで対応してもらうかにより、運用・管理の費用が大きく変わります。業者へ依頼する内容によって大きく変化しますが、相場の目安は5千~5万円以上です。

サーバーやドメイン、SSLの維持にコンテンツの更新、障害対応などが含まれるケースでは、5千~2万円が相場の目安です。CMSメンテナンスやレポーティングが加われば2万~5万円、コンサルティングが加われば5万円以上となることも珍しくありません。

運用・管理は自社で行いたいといった企業も少なくありませんが、できることに限りがあります。自社にエンジニアやクリエイターが常駐しているのなら話は変わりますが、そうでないのならサーバーやドメインの維持だけで手一杯でしょう。

なお、依頼する業者によって対応できる内容が異なることもあります。コンテンツ更新には対応しているものの、CMSのメンテナンスには対応できない、コンサルティングは行っていない、といったところも多いです。事前にどこまで対応してもらえるのか、費用も含めて確認しておきましょう。

ホームページリニューアルで失敗しないために

ホームページリニューアルには、多額の費用が発生することも珍しくありません。失敗しないためには、必要なポイントをきちんと押さえることが大切です。以下、ホームページリニューアルで失敗しないためのポイントをまとめました。

リニューアルのタイミングを見極める

リニューアルすべきタイミングが訪れているのに、ズルズルと後回しにしてしまうと、顧客離れにつながってしまうおそれがあります。逆に、まだリニューアルの必要がないのに依頼してしまうと、余計な費用が発生してしまいます。

たとえば、コンテンツの整理がきちんとできていないのなら、リニューアルを検討してみましょう。SEOとしてたくさんのコンテンツを盛り込むケースは少なくありませんが、きちんと整理ができていないと検索エンジンに「ユーザビリティを意識していない」と判断され、検索順位を落とす原因となります。

また、レスポンシブに対応できていない、最初に設定した目的を達成できていないなど、ホームページに何かしらの課題が見つかったときも、リニューアルを考えるタイミングです。適切なタイミングがわからないのなら、診断サービスの利用や専門業者への相談をおすすめします。

安さだけで制作会社を選ばない

企業が当たり前のようにホームページを開設、運営する現代において、実に多くの専門制作会社が営業しています。このようななか、企業にとって、リニューアルの依頼を検討する際に、料金面を重視するのは当たり前のことです。

しかし、料金の安さだけで制作会社を選んでしまうのはリスキーです。安いのにはそれなりの理由があると考えられます。技術力に自信がないから安くしている、不人気な会社であるため最安値でサービスを提供し集客している、といったこともあるでしょう。

相場よりも明らかに安すぎる場合、普通は含まれる作業が行われておらず、オプション対応として別途料金を請求される可能性もあります。必要な作業がすべて含まれてその価格なのかどうか、依頼前に確認しましょう。

もちろん、安くてもよい仕事をしてくれる業者はいますが、素人がそれを見極めるのは困難です。相場よりも極端に安すぎないか、過去の実績はどうかといった部分をチェックしつつ、業者を選びましょう。

リニューアルの目的・目標を定める

リニューアルを行うことへの目的や目標が明確でないと、本来必要な機能やシステムを実装できないおそれがあります。依頼された業者もサイトの方向性がわからず、迷走してしまうこともあるでしょう。その結果、中途半端なサイトになってしまう可能性もあるのです。

リニューアルの目的や目標を明確にすれば、どの程度予算を割けばよいのかもわかります。業者へどのようなリニューアルをしてほしいのかきちんと伝えられるため、正確な見積もりを出してもらえるからです。

アクセスを増やしたい、スマートフォンにも対応したい、ホームページからの見積もり依頼をあと30%ほど増やしたいなど、リニューアル前にはできるだけ明確な目的を設定しましょう。それによって、業者も目標などに沿ったホームページを制作してくれます。

ユーザビリティを優先したデザイン

自己満足に走ったデザインを、ホームページに採用している企業は少なくありません。経営者や担当者の趣味、嗜好が前面に推し出されていたり、見た目だけを重視したりするのはNGです。

このようなことを避けるためにも、ユーザビリティを意識したデザインを採用しましょう。ユーザビリティとは、ユーザーにとっての使いやすさ、使い勝手のことです。どこにメニューがあるのかわからない、メニューが難しい英語で記載されていてわからない、といったサイトでは、顧客離れが生じてしまうおそれがあります。

見栄えを意識するのは大切ですが、そればかり集中していると、リニューアルの目的に沿わないホームページになりやすいです。ユーザーにホームページを通じて問い合わせ、見積もり依頼をしてほしいのなら、専用のフォームをすぐ目につく場所へ配置すべきです。顧客の年齢や性別、属性などターゲット層のことも意識しつつ、ユーザビリティを優先したデザインを心がけましょう。

サイトタイトルは変更しない

リニューアルに合わせてタイトルも変更しようと考える企業は意外に少なくありません。心機一転したいという気持ちは理解できるものの、検索順位を大きく落としてしまうおそれがあるためやめたほうがよいでしょう。

しばらく経てば順位が上がる可能性はありますが、それも確実ではありません。一時的でも検索順位を大きく落としてしまう可能性があるのなら、変更はしないほうがよいでしょう。

また、サイトタイトルの変更により、既存客がホームページを見つけられなくなってしまうおそれも出てきます。どうしてもタイトル変更の必要性があるのならまだしも、差し迫った必要性を感じないのなら、今まで通りのタイトルで運営することをおすすめします。

URLの変更は極力しない

リニューアル時にURLを変更してしまうと、相互リンクなど、他サイトからのリンクが機能しなくなります。その結果、アクセス数が相当数少なくなってしまう可能性があります。

もちろん、リニューアルに伴いURLの変更が必要になるケースはあります。このような場合は仕方ありませんが、極力変更を避ける方向で作業を進めてもらいましょう。依頼しようとしている業者へ、あらかじめ相談しておくと安心です。

古いサーバーもすぐには解約しない

リニューアルに伴い、サーバーも新しくするケースは少なくありません。このとき注意したいのは古いサーバーをすぐ解約してしまわないことです。

新たに契約するサーバーが、すぐに利用できるとは限りません。一般的に、サーバーの切り替えには数日程度かかることが多く、場合によっては数週間ほどかかることもあります。どうしても旧サーバーを解約しなければならない理由がないのなら、完全に切り替えが終わるまでは契約したままにしておきましょう。

メールアドレスの設定に注意する

ホームページ閲覧で使用するサーバーと、メールを送受信するためのサーバーは、基本的に同じサーバーを使用しています。そのため、リニューアルと同時にサーバー変更をする場合は、メールサーバーも変更することになります。

メールサーバーの切り替えにもある程度の時間を要します。切り替えが完了するまでは、古いメールサーバーがメールを受信する可能性があるため、こまめにチェックしましょう。

取引先や顧客からの大切なメールが、古いメールサーバーに届いている、といったことも起こりえます。対応の遅れから信頼を失うおそれがあるため、注意が必要です。

まとめ

ホームページのリニューアルにはさまざまな工程があり、内容によって費用が異なります。本記事では、リニューアルに伴う工程ごとの費用相場をお伝えしました。ただし、ご説明した相場はあくまでも目安です。実際には、依頼する業者や作業してもらう範囲など、さまざまな要素によって費用は大きく変化します。業者と綿密な打ち合わせを行い、適切な費用で自社の目的に沿ったホームページリニューアルを叶えましょう。

費用をかけてリニューアルしたものの、失敗したとなると目もあてられません。そのようなことにならないよう、本記事でお伝えしたことをぜひ参考にしてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。