ホームページの作成において、最終的なデザインを選定するのは簡単な作業ではありません。ビジュアルだけでなく、レイアウトやフォント、メニューの構成など、さまざまな要素が合わさって1つのデザインが完成するのです。この記事では、ホームページのデザイン選びに役立つギャラリーサイトの紹介と、参考する際に着目すべき点を解説します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ギャラリーサイトを参考にする際の3つのポイント

ホームページ作りにおいて、訪れたユーザーにどのようなイメージを与えるかはとても重要です。見た目の印象はもちろん、見やすいレイアウトや使いやすさなど、具体的なデザインを決定する段階で参考になるのがギャラリーサイトです。ホームページのデザインにはトレンドがあります。流行は、業種やターゲット層によってもさまざまですが、閲覧者の目を引き付けるためには外せない要素のひとつです。

ギャラリーサイトをうまく活用するためには、押さえておきたいポイントが3つあります。ここでは、着目すべきポイントとその理由について解説します。

同じ業種のホームページのデザインを参考にする

まずは同業種のサイトをたくさん見てみましょう。多くのデザインを見ることでその業種の傾向が把握でき、見やすさや使いやすさといった視点から、さまざまなヒントが得られるはずです。同業種の場合はとくに、ターゲット層や掲載すべき内容が似ているという点で、参考にできる部分が多いのです。

このような理由から、ギャラリーサイトを活用する際には、できるだけ自社と同じ業種や関連する業種のサイトを見るようにしましょう。競合サイトがどのような見せ方をしているのか、どんな機能を使っているのかのチェックだけでなく「こうしたらもっと良くなる」という観点も含めると、ユーザビリティの高いホームページ作りが実現します。

更新頻度が高く表示速度の速いサイトを参考にする

更新頻度が高いホームページは、常に最新の情報を発信しているサイトだといえます。有益な情報が公開され適切に管理されているサイトは、閲覧者に安心感を与えるため、リピート数の獲得につながりやすいのです。また、このようなサイトは小まめにリニューアルが行われており、最新のデザインや機能を備えている場合が多いでしょう。

デザイン性ばかりを重視してしまい、高画質画像や動画を複数使用した結果、データ量が多くなってしまうとユーザーの負担となります。表示速度が低下すれば、ファーストインプレッションで足を止めてくれたユーザーが途中で離脱してしまうかもしれません。このような機会損失を回避するために、快適性を意識することが大切です。

トンマナや文字のフォント、画像の配置に着目する

デザインとひと言にいっても、その印象に影響するのは画像や配色だけではありません。情報が目に入りやすい配置、読みやすいフォントや文章など、全てがデザインを構成する要素になります。サイト内のトンマナは、ターゲット層に合わせて設定するようにしましょう。トンマナの統一は、閲覧者にとって文章が読みやすいだけでなく、自社の世界観を印象づける効果もあります。

色や画像が与えるイメージは、文字よりも早くユーザーに届きます。そのため、トップ画像に持たせるメッセージ性やコンテンツ画像の効果的な配置などには、十分に戦略を練る必要があります。ギャラリーサイトでは、多様なレイアウトのデザインを見比べることが可能です。仕上がりのイメージに合わせて慎重に検討しましょう。

ホームページのギャラリーサイト7選

ここでは、7つのギャラリーサイトをピックアップしています。それぞれの特徴や検索方法などについても解説しています。

※デザイン数は2021年6月28日現在

SANKOU!

引用元:SANKOU!(https://sankoudesign.com/

日本国内の優れた2,443サイトを掲載したギャラリーサイトです。Webサイト・ランディングページ・コンテンツページでカテゴリー分けされているほか「コーポレートサイト」「ECサイト」といった目的別に表示することも可能です。さらにメニューからは、業種別に絞って検索できるほか「やさしい・ナチュラル」「かため・かっちり」のような雰囲気別でイメージに合ったデザインを探すこともできます。ビジュアルにこだわったサイトから技術を駆使したサイトまで集められています。

straightline bookmark

引用元:straightline bookmark(http://bm.straightline.jp/

国内外のおしゃれなホームページが9,413例紹介されています。設置されたタグリストを開くと、カラーやレイアウト、サイトの目的別でわかりやすく分類されています。中でも特徴的なのは「Flash・css・javascript・html5」といったプログラム言語で検索できる点です。何を用いるのかすでに決めている場合は、より具体的なデザインを探して参考にすることができます。「いいね」やブックマークができるようになっているため、現在のトレンドを把握するのに役立ちます。

MUUUUU.ORG

引用元:MUUUUU.ORG(https://muuuuu.org/

こちらのギャラリーサイトの特徴は、縦に長いホームページが集められていることです。4,141サイトのスタイリッシュなホームページが掲載されており「インテリア・雑貨」「ファッション」などの業種別で検索できます。イメージしている雰囲気に合わせて「エレガント」「和風」というキーワードを選んで探すこともできます。色別の検索もできるので、自社のコーポレートカラーに合ったデザインを探したいときに便利です。

I/O 3000

引用元:I/O 3000(https://io3000.com/

国内外のサイト2,963件を集約したギャラリーサイトです。サムネイルが大きいため見やすく、シャッフル機能を搭載しているのが特徴です。デザインが決まっていない、自分が考えているもの以外にもっと別のアイデアが欲しいといった場合にシャッフル機能を活用すると、思いがけないデザインに出会えるかもしれません。レスポンシブデザインを取り入れたサイトが多く集まっているため、あらゆるデバイスに対応するサイトを設計したいと考えている方におすすめです。

CSS Design Awards

引用元:CSS Design Awards(https://www.cssdesignawards.com/

CSS Design Awardsという表彰形式で、ノミネートされたデザインや受賞に輝いたホームページを紹介しているギャラリーサイトです。UI、UX、イノベーションといった3つの観点で審査が行われています。8,000近くにもなるサイトは、世界各国から投稿されたもので、どれも高いデザイン性と使いやすさの両方を満たしているものです。「カラフル」「フラットデザイン」など特徴別での検索や、業種別、色別で絞り込むことも可能です。

Web Design Clip

引用元:Web Design Clip(https://www.webdesignclip.com/

国内外の3,133サイトが掲載されています。シンプルで見やすいギャラリーサイトの上部には、ランディングページやスマートフォンのカテゴリーが用意されており、目的のページをスムーズに抽出できます。メニューページを開くと、メインカラーやレイアウトのほか「Web・情報サービス」「アート・美術館」のように、詳細な業種ごとに分類されていて見やすいです。WordPressとレスポンシブのタグが設けられていて、幅広いアイデアに触れることのできるギャラリーサイトです。

81-web.com

引用元:81-web.com(https://81-web.com/

日本の国際電話番号である「81」がサイト名の由来となっていて、日本国内のみのホームページを集めています。サムネイルにカーソルを合わせると、カテゴリー・色・フォント・タグが一覧で表示される仕組みになっていて、自分の目的に合うホームページが探しやすくなっています。フォント別で検索できる機能も搭載しているため、使用するフォントの組み合わせなど、たくさんのヒントが見つかるでしょう。多角的なデザインの精査にも活用できます。

知っておきたいデザイン性の優れたホームページ

次に、国際的にも有名な海外のWebデザインアワードを受賞した、日本のホームページをいくつか紹介します。優れたデザインを知れば、新たなインスピレーションが生まれるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

CSS Desiign Awards 受賞作

先述のギャラリーサイト「CSS Design Awards」に掲載されている日本のホームページを3つ紹介します。

醸す 造る 播磨

引用元:CSS Desiign Awards 受賞作(https://harimacountry.com/

ORO DIGITAL TRANSFORMATION

引用元:ORO DIGITAL TRANSFORMATION(https://dx.oro.com/

タグピク株式会社

引用元:タグピク株式会社(https://tagpic.jp/

Awwwards 受賞作

Webデザイナーをはじめ、デジタルコンテンツの制作に携わる方々を評価するために作られたアワードです。審査員には日本人のクリエイターも加わっています。世界中のあらゆるデジタルデザインの知識が集まる場として注目される「Awwwards」の受賞作品から3つのサイトをピックアップしました。

MAISON CACAO

引用元:MAISON CACAO(https://maisoncacao.com/

DDD HOTEL

引用元:DDD HOTEL(https://dddhotel.jp/

HOSHINOYA Luxury Hotels

引用元:HOSHINOYA Luxury Hotels(https://hoshinoya.com/

The FWA Awards 受賞作

最新の技術を駆使したホームページなど、規格にとらわれないものを評価しているアワードです。年間・月間の受賞だけでなく投票による作品の選定なども行われています。ここでは、日本国内のホームページから3つ紹介します。

Micro Bubble Bath Unit by Rinnai

引用元:Micro Bubble Bath Unit by Rinnai(https://rinnai.jp/microbubble/

みさとと。島根県美郷町魅力再発見プロジェクト

引用元:みさとと。島根県美郷町魅力再発見プロジェクト(https://www.town.shimane-misato.lg.jp/misatoto/

LIGHT is TIME: CITIZEN INTERACTIVE MUSEUM

引用元:LIGHT is TIME: CITIZEN INTERACTIVE MUSEUM(https://citizen.jp/lightistime/index.html

まとめ

イメージ通りのホームページへ仕上げるためには、決めなくてはならないことがたくさんあります。デザイン選びで後悔しないために、まずは本記事で紹介したギャラリーサイトを訪れ、多くのデザインに触れてみましょう。どのようなデザインを取り入れて、閲覧者にどのようなメッセージを届けたいのかを明確にして、リピーターの獲得できるホームページ作りを実現させてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。