Webサイトは自分でも作れますが、クオリティや機能性を重視するのなら制作製作会社への依頼がおすすめです。本記事では、Webサイト制作における大まかな流れや会社の選び方について解説します。併せて、ホームページ制作におけるよくある失敗事例もご紹介していきますましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページ制作の流れ・期間

ホームページが完成するまでには、いくつかのフェーズがあります。そのフェーズ毎に、どのようなことをする必要があるか、どれくらいの時間がかかるのかをご紹介していきます。

準備フェーズ:2週間〜1ヶ月

目的を決める

ホームページ制作において、最も重要なことは目的を決めることです。

何を当たり前のことを…という声が聞こえてきそうなところですが、意外とホームページをつくる目的を明確にできていないケースは少なくありません。

・ホームページをもっと良くしたい
・ホームページをリブランディングしたい

といったものは目的として不十分と言えます。ホームページは、あくまで手段としてのツールであり、集客や売上アップといった具体的な結果に紐付けた目的を立てることが大切になってきます。

予算を設定する

次に、大体の予算感を決めておきましょう。ホームページ制作にかかる費用は、制作会社ごとに大きく異なります。もちろん、どのようなホームページをつくるかによっても変動はありますが、10万円程度〜1000万円程度まで一定の幅が存在します。趣向を凝らし、良いものを作ろうとすればするほど、制作費もアップする可能性が高いため、依頼する前にある程度、予算の上限や下限を設定しておきましょう。

制作会社へヒアリング(見積もりをもらう)

ホームページを制作可能な会社は、世の中に数多く存在します。ただし、目的や予算に応じて、依頼するべき会社は大きく異なってきます。制作会社ごとに得意な領域や費用感にはバラツキがあるため、最低でも2 ~ 3社には話を聞きましょう。また、事前に各社から見積もりをもらっておくことで、明らかに不適切な金額を提示されていないかどうかを確認しましょう。

オリエンテーションの開催

制作会社はクライアントに対し、オリエンテーションを開催します。オリエンテーションでは、事前のヒアリング内容を踏まえた上で、成果物のイメージをすり合わせたり、費用感や想定される制作期間などをクライアントに対し、説明することが一般的です。

見積もりを比較する

各社からの見積もりを比較する上では、費用はもちろん、金額の出し方の内訳まで確認しておきましょう。制作ページ数で算出している場合や、人月単位で算出している場合など違いがあり、金額を比較する上で、参考までに把握しておきましょう。

発注する

各社のオリエンテーションや見積もりを十分に吟味した上で、自分たちにとって最適な制作会社を見極め、発注しましょう。

制作フェーズ:1 – 6ヶ月前後

MTGを実施する(キックオフ・定例)

ホームページ制作を依頼する会社が決まったら、まずはキックオフMTGを開催しましょう。主に、ホームページの目的やサイトイメージのすり合わせ、全体のスケジュール感や今後の具体的なアクションプランを明確にしていきます。また、必要に応じて、こまめなコミュニケーション機会を設けることも、プロジェクトを推敲する上で非常に重要になってきます。

サイト設計

ホームページを制作していく上で、サイト設計は最も重要な工程の一つと言えます。サイト設計とは、目的を明確にし、その目的に合わせたコンテンツなどを作り、Webサイトの骨組みを作る作業のことです。このサイト設計をきっちり行うことが、ホームページのクオリティを決定づけると言っても過言ではありません。逆に、ここを曖昧なまま進めてしまうと、手戻りが多く発生し、クオリティの低下や制作完了時期の遅延にも繋がるため、注意してください。

デザイン

どんなに良いコンテンツが揃ったホームページであっても、デザインが悪ければ、達成したい目的を叶えることは難しいでしょう。ページの訪問者に対して、どのような印象を与えたいかはもちろん、カラーやトンマナといった細部に対してもこだわっていくことでホームページの価値を最大化することができます。

開発

サイト設計・デザインが固まったら、実装・コーディングをしていきます。ウェブサイト作成ツールやテンプレートを活用することで、エンジニアリング知識が豊富でなくとも、スピード感を保った上で、一定のクオリティのホームページを作成することができます。その一方で、オリジナリティのある動き(アニメーション)や趣向を凝らしたホームページを作成する上では、一定のコーディングスキルは欠かせません。制作したいホームページのクオリティと相談した上で、必要な開発方法を決定しましょう。

テスト・チェック

開発が終わったら、ホームページが期待した通りの見た目や動きになっているかどうかをテストしていきます。テストするべき項目を網羅した仕様書を作成し、コンテンツの内容チェックはもちろん、見栄えやリンクの遷移先なども入念にチェックしていきましょう。

運用フェーズ

保守・メンテナンス

ホームページには、定期的な保守・メンテナンスが発生します。ニュースをはじめとした、情報の最新・最適化はもちろん、セキュリティの確認やSEO対策などのメンテナンスなども欠かさず実施していきましょう。

改善・運用(集客できるように)

制作されるホームページ毎に、目的は異なりますが、一般的にWebサイトへの集客は重要なポイントになります。集客できるホームページをつくるためには、新規コンテンツの作成・更新をはじめ、検索順位が上がるような工夫を凝らし、定期的に改善・運用のアクションをとっていきましょう。

Webサイト制作会社を選ぶ際の3ポイント

Webサイト制作を専門とする会社はたくさんありますが、それゆえに選ぶときは悩んでしまうものです。選ぶ際のポイントとしては、得意とする分野や過去の制作実績、見積もり・提案内容などが挙げられます。

Webサイト制作会社の得意な分野

デザイン性に富んだWebサイトの制作を得意とする会社もあれば、機能面を重視したサイトに強い会社もあります。会社によって得意な分野や強みが異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

どのようなサイトを制作したいのかにより、選ぶ会社が変わります。まずは、理想とするサイトを明確にイメージし、それを具現化してくれる会社を選ぶことが大切です。

過去の制作実績

実績の豊富な制作会社なら、技術力やノウハウがあると判断しやすいでしょう。これまでの経験に基づき、希望に沿ったサイト制作が期待できます。

実績に自信のある会社なら、自社の公式サイトに過去の実績を掲載しています。ここで大切なのは、その受注先や受注件数だけに注目するのでなく、過去の実績の中に理想とするサイトのイメージに近いデザイン・機能があるかを確認しておくことです。

見積もり内容・提案内容

制作会社へ相談すると、プロの視点からさまざまな提案をしてもらえます。提案内容に、自身の目的や希望がきちんと反映されているかどうかを、最初に確認しましょう。

また、見積もり内容の確認も大切です。見積書でチェックすべきは、費用と内容、納期などです。サイトをビジネスで使用する場合、当初の約束通り納品してくれるかどうかは重要なのできちんと確認しましょう。

よくある失敗事例3選

サイト制作を制作会社へ依頼したにも拘わらず、失敗してしまう方はあとを絶ちません。ここでは、よくある失敗事例を3つピックアップしました。

Webサイト制作の目的が曖昧

目的が曖昧なまま制作を依頼してしまうと、請け負った会社側もどのようなサイトに仕上げればよいのかわかりません。とりあえず作業を進めた結果、何を目的とするのかわからない中途半端なサイトが完成してしまいます。

サイトの用途はさまざまです。ビジネスなら、集客やブランディング、販促など、目的によってサイトへ実装する機能にも違いが生じます。まずは、なぜサイトを制作しようとしているのかを明確にしなければなりません。

口頭のみでの企画進行

口頭だけで制作を進めようとすると、高い確率で作業の漏れやミスが生じます。実装してもらうはずの機能が備わっていない、打ち合わせたはずのデザインになっていないなど、あとからミスに気づいても修正に時間や費用がかさむばかりです。

意図をきちんと伝えるために企画は資料化したうえで作業を進めてもらいましょう。実装してほしい機能や希望するデザインを記録に残しておけば、あとから水掛け論に発展することもありません。

ホームページ完成後の運用方法が定まっていない

Webサイトは、制作してそこでおしまいではありません。ビジネスなら、運用により成果を得ることが目的です。目的を達成するため、制作前から完成後の運用方法についても考えておきましょう。

自社で定期的にコンテンツを追加したくても、サイトがそのような仕様になっていなければできません。どのような運用を行いたいのかを明確にし、前もって伝えておけば、それに応じたサイトに仕上げてもらえます。

おすすめのWeb制作会社3選

ホームページ制作を依頼する上で、オススメの制作会社を参考にしてください。

株式会社クオートワークス

引用元:株式会社クオートワークス(https://quoitworks.com/

コーポレートサイトなど、様々な観点からクオリティの高いサイトを作成した実績が豊富です。
「お客様の課題を正面から、王道に解決すること」
「クリエイターとして、プライドを持ったモノづくり」
この2点の両立を目指しており、有用かつ美しいものを作るWeb制作会社です。

株式会社LIG

引用元:株式会社LIG(https://liginc.co.jp/

ブランディングからマーケティングまで、一気通貫して制作を進めることを強みとしています。
作っておしまいではなく、Webサイトリリース後におく役様がどう運営していくかまで見据えたWeb戦略を提案、具現化できます。
年間150サイトリリースという豊富な実績があり、安心して任せることができるでしょう。

株式会社メフィラス

引用元:株式会社メフィラス(https://mefilas.com/

様々な実績を保有し、押しであるブランディングにも精通していると評判です。
「クリエイティブのさじ加減」とも言える感覚の体験を提供することを使命としています。
デジタルプロモーションに関わる領域を主軸に、クライアントとエンドユーザーの間に普遍的な価値を与えるコミュニケーション戦略やUI/UXデザインなどを提供するWeb制作会社です。

まとめ

Webサイトの制作を製作会社へ依頼するのなら、まずはその会社が何を得意としているのかを把握し、過去の制作実績や見積もり・提案内容もチェックしましょう。各社の公式サイトに目を通し、比較しながら選ぶことが大切です。

Webサイト制作で失敗しないためには、目的を明確にしたうえで、運用方法まで見据えておきましょう。また、口頭のみで企画を進行せず、資料化したうえで作業を進めてもらうのが、失敗しないコツです。これらのポイントを押さえたうえで、自社にマッチした制作会社を選びましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。