情報通信技術の発達によってPCやスマートフォンが爆発的に普及し、ユーザーが情報を得る手段としてホームページの存在は欠かせないものとなりました。今や企業にとってホームページはあって当たり前ともいえます。そこで本記事ではホームページ制作を依頼する際、必要となる費用の相場や、損しないための注意点について解説します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページ制作会社に依頼した場合の相場

頼を考えているという企業にとって、最も気になるのが制作費用でしょう。ホームページにかかる予算は、依頼先によっても大きく異なります。

たとえば、10ページ程度のコーポレートサイトを大手制作会社に依頼した場合、安く見積もっても500,000〜1,000,000円が一般的な価格相場です。一方、同じ案件を小規模の制作会社やフリーのWebデザイナーに依頼した場合は、150,000〜350,000円から制作することができるでしょう。

ホームページ費用の大部分は人件費が占めます。つまり、制作会社の規模が大きくなると、関わる人数も増えるため、コストが高くなるといった仕組みなのです。たとえば、一般的に1つのホームページを作るには、企画の提案や進捗を管理するWebディレクターをはじめ、システムを設計・開発するエンジニアやプログラマー、デザインを担当するWebデザイナーのほかコーディングを行うコーダーといった複数の人材が関わります。

このように、各工程を専門家が担当する会社に依頼するため費用が高額になるといった見方もできます。小さな制作会社であれば、ディレクションからコーディングまで1人で担当するケースも珍しくありません。そのため、結果的に器用貧乏となってしまう傾向もあるようです。

ホームページ制作で何よりも大切なのはWebサイト全体の品質です。とくに企業のコーポレートサイトであれば、信頼感や安心感を与えるデザイン以外にも、操作性や視認性に優れているといったユーザビリティが求められます。ホームページの制作費用を目先の金額のみで比較するのはおすすめできません。ある程度の実績とノウハウを持った制作会社を選ぶことが大切です。

ここからは、一般的なホームページ制作会社に依頼した場合の費用相場について解説します。

企業の公式ホームページ(ページ量:少)

10〜15ページの小規模ホームページの相場は、500,000〜700,000円程度です。一般企業のコーポレートサイト、クリニックや医療法人などが広告塔として活用するホームページなどが該当し、その内訳は以下の通りです。

  • トップページ ×1
  • 企業情報 ×3
  • 事業・サービス紹介 ×4
  • お知らせ ×1
  • お問い合わせ ×1

Web上での名刺代わりともいえるコンパクトな設計のサイトは、英会話教室やヨガスクール、ネイルサロンでも多く見かけます。

ホームページ開設の目的を明確にしておけば、さまざまなメリットが得られます。企業のイメージがユーザーに伝わるのと同時に、サイトを訪れたユーザーにより詳しい商品・サービス情報を提供できます。このように、ユーザーの疑問に応えて興味を高めることに成功すれば、顧客獲得の機会にもなるのです。

また、自社に関心を持つユーザーの不安を解消することも大切な要素のひとつでしょう。問い合わせフォームを利用してやり取りを行えば、自社に対しての信頼度が高まるはずです。名刺代わりの紹介サイトとはいっても、運用しだいで多くの利点があり、やがては成果アップにつながる可能性もあります。

企業の公式ホームページ(ページ量:中)

30ページ前後の中規模なホームページになると、700,000~1,200,000円程度が一般的な費用の相場です。この規模のホームページが必要となるのは、飲食店や美容院、ヘアサロンやネイルサロンなどを展開している企業が挙げられます。主な設計は以下の通りです。

  • トップページ ×1
  • 企業情報関連ページ ×8
  • 事業・サービス紹介関連ページ ×15
  • お知らせ関連ページ ×5
  • お問い合わせ ×1

飲食店の場合、サービス紹介関連のページにボリュームがあることで、より詳細なメニュー情報をユーザーに知らせることができます。たとえば、ランチとディナー、ドリンクやスウィーツといったように、さまざまなメニューをカテゴリー別に提示できるようになります。

中規模サイトの場合は、既存サイトのリニューアルが前提となるため、改善点を明確にすることが最初の課題になるでしょう。小規模サイトと比べて商品・サービスについて詳しい説明を掲載することができるので、自社に興味のあるユーザーの信頼度や親近感を高め、顧客の獲得につなげられます。


美容院のホームページを例に挙げると、メニューのほかにビフォーアフターの画像、スタッフの紹介ページやメディアの掲載情報など、あらゆる情報の発信が可能です。なお、飲食店や美容院のホームページ掲載画像には、高い品質が求められます。撮影機材やカメラマンを手配する費用、画像を加工するレタッチ料金などの上乗せも想定しておく必要があります。

企業の公式ホームページ(ページ量:大)

80ページ前程度の大規模なホームページになると、1,300,000円~5,000,000円程度が一般的な費用の相場です。主な制作内容は以下のようになります。

  • トップページ ×1
  • 企業情報関連ページ ×15
  • 事業・サービス紹介関連ページ ×35
  • お知らせ関連ページ ×28
  • お問い合わせ ×1

ページ数にボリュームがあることから、グループの子会社や関連会社、あるいは独自ブランドの展開など、幅広い領域で事業を展開する企業に向いています。制作費用は基本的にページ数と画像点数、文章量が多いほど高額になる傾向があります。

大企業のポータルサイトだけでなく、ECサイトでもこのような大規模サイトが多くあります。大企業であれば一般ユーザーだけでなく、株主や投資家から投資対象として選んでもらえるよう、経営状況や財務状況に関するIR情報の発信が求められます。

また、M&Aによる経営統合や株式譲渡などをきっかけに、ホームページの大幅なリニューアルが必要になるケースも少なくありません。企業規模が大きくなるほど、掲載する情報量の増加はもちろん、品質の高さが求められます。そのため、数百万円単位の制作費用を見込んでおく必要があるでしょう。

ECサイト(オンラインショップサイト)

ECサイトの制作費用は3,000,000円〜がだいたいの相場で、事業規模によって大きく変動します。ECサイトといっても、10ページ前後で完結する個人商店のような小規模サイトから、100ページ以上で構築されるショッピングモールのような大規模サイトまでと、その規模はさまざまです。40ページ程度のサイトを作成した場合の内訳は以下の通りです。

  • トップページ ×1
  • 企業情報関連ページ ×1
  • こだわり関連ページ ×1
  • メニュー関連ページ ×27
  • お知らせ関連ページ ×1
  • お問い合わせ ×1
  • カート関連ページ ×5
  • EC関連ページ ×3

ECサイトを構築するプラットフォームによっても制作費用は大きく異なります。たとえば、「ショップサーブ」や「カラーミーショップ」のようなASPカートのシステムを導入すれば、100,000円前後で作成できます。また、オープンソース型であれば1,000,000~5,000,000円、パッケージ型であれば4,000,000円〜の費用が相場です。

このように、ECサイトは事業規模やプラットフォームによって制作費用が大きく変動するが特徴です。なお、ゼロからオリジナルのシステムを構築するフルスクラッチで制作した場合、自由度が高くなるという利点はありますが、数千万円以上の莫大な費用がかかります。

ランディングページ(インターネット広告ページ)

ランディングページとは、コンバージョンを目的として1ページで構成されたWebサイトです。ホームページというよりも、Web上の広告という意味合いが強くなるのが特徴です。限られたページの中で、商品の販売や資料請求という多様なコンバージョンが必要になるため、全体的に高い品質が問われます。

たとえば、化粧品のランディングページを作成する場合、ユーザーに訴求するためには高品質な画像が必要不可欠です。また、商品を最大限に引き立てるための容姿端麗なモデルや、購買心を刺激するコピーライティングなども求められるでしょう。

広告としての専門性が高くなるため、1ページであっても費用は高額になります。安く見積もって250,000円、高いクオリティを求める場合は600,000円以上の予算が必要です。

ランディングページには、広告をきっかけに自社商品に興味を持ったユーザーを逃がさないための仕組みがあります。

1つ目の特徴は、ページ内にリンクが存在しないことです。2つ目は、ユーザーの疑問がそのページだけで解消できるよう、縦長で構成された1ページの中に企業のあらゆる情報が集約されている点です。そして、3つ目の特徴は、テキストに飽きずに読み進めてもらうため、グラフィックを多用しているという部分にあります。このような戦略により、サイトに訪れたユーザーを顧客につなげる確率を高めているのです。

ホームページ制作会社選びで失敗しない7つのポイント

ホームページの作成を依頼する上で最も重要なポイントが制作会社の選択です。ホームページのクオリティは、制作会社に依存するため、選択を誤ってしまうと取り返しがつきません。では、ホームページ制作会社はどのようにして選べばよいのでしょうか。ここからは、ホームページ制作会社を選択する際の大切なポイントを7つ紹介します。

事前にホームページの目的ターゲットを明確にしておく

ホームページ制作会社を選定する前段階で、自社のターゲットを明確化する必要があります。見込み客の対象をはっきりさせておくと、ホームページの方向性がしっかり定まります。また、ターゲットが決まれば、制作会社との打ち合わせもスムーズに進むはずです。

料金相場を知る

ホームページの作成を依頼する場合、費用相場の事前リサーチは重要です。なぜなら、だいたいの費用を把握しておけば、制作会社に適切な価格交渉ができるからです。また、多くはないものの、一般的な相場より高額な費用を請求する会社も存在します。そのようなトラブルを避けるためにも、自社の求めるホームページがどの程度の費用になるのか、あらかじめ把握しておくようにしましょう。

3社以上から相見積もりをとる

ホームページ制作の依頼先を決める場合、3社以上の会社に相見積もりをとるようにしましょう。ホームページの制作費用には、明確な基準がありません。そのため、依頼する制作会社や自社の企業規模、ページ数や画像点数などによって費用は大きく変動します。1社ではなく複数の会社から見積もりを提示してもらうことで、予算に応じた制作会社を見極めることができるでしょう。

同業種のホームページ制作実績があるか

制作会社のレベルを知る上で重要なのが制作実績です。とくに同業種の制作実績がどれだけあるかを見てみると、自社のニーズに沿ったホームページを作成できるかどうかが判断できるでしょう。制作会社にとって実績や事例は大きな武器となるため、実績を公表している会社は、技術や経験が豊富だといえます。

開設・リニューアル後のサポートはしっかりしているか

ホームページは適正に運用してこそ成果につながります。そのため、定期的なコンテンツの追加やリニューアルによるブラッシュアップは欠かせません。また、PDCAサイクルを意識した継続的な改善と更新を要するため、制作後のサポート体制が整っているかどうかもチェックしておきましょう。

ホームページの更新やページの追加は自社でできるか

打ち合わせの段階で確認しておきたいのが、ページの更新や追加作業が自社で対応できるかどうかです。システム上、自社での対応が難しい場合だと、更新や追加の度に数千円から数万円の出費が想定されます。自社でHTMLとCSSに精通した人材が確保できる場合は問題ないかもしれませんが、念のため問い合わせておきましょう。

制作会社(業者)のホームページがしっかり更新されているか

制作会社自身のホームページが、どれくらいの頻度で更新されているかにも注目しましょう。なぜならば、信頼できる制作会社であるほど、ホームページの更新度は高い傾向にあるからです。ホームページの更新頻度は、制作意欲を表す指標になるといっても過言ではないでしょう。

まとめ

このように、ホームページの制作費用は依頼先によっても大きな差があり、ページ数や画像点数、文章量が多いほど高額になるといった傾向があります。ホームページの制作を依頼する際に大切なのは、自社の理念やビジョンを明確に提示することです。提案の内容や価格を正しく比較して、自社のニーズに合った制作会社を選択しましょう。ぜひ、本記事を参考に、成果につながるホームページを作成してください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。