ドメインはWebサイトを作成する上で不可欠な要素のひとつです。しかし、聞き慣れない用語のため、ドメインについて理解が及ばないという方も少なくありません。そこで本記事ではドメインの基本的な概要について触れつつ、取得方法や注意点などを解説します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ドメインとは

ドメインとは、インターネット上に存在するコンピュータやネットワークを識別するための要素です。あらゆるWebサイトには「https://www.○○○.com」などといったURLが存在しています。WebサイトのURLは基本的に3つの要素から構成されており、「https://」が「スキーム」、「www」は「ホスト」、そして「○○○.com」が「ドメイン」と呼ばれます。つまり、Webサイトへアクセスするために必要となる固有の住所のようなものといえるでしょう。

仕組み

Webサイトを閲覧できる仕組みを簡単に解説すると、まずWebブラウザからURLを指定します。そして、URLの指定を受けたDNSサーバーがドメイン名からIPアドレスを探し出すことで、目的のWebサイトをコンピュータ上に表示します。これがWebサイトを閲覧できる仕組みです。ドメインはWebサイトへアクセスするためになくてはならない必須の要素といえます。

ドメインとサーバーの関係性

Webサイトを作成する上で不可欠な要素が2つあります。それがドメインとサーバーです。Webサイトの作成に必要となるドメインとサーバーはよく住宅に例えられます。ドメインをインターネット上の住所とするなら、サーバーは土地に該当する要素です。サーバーという土地にドメインという住所があり、そこに建てる家がWebサイトといえるでしょう。

ドメインの種類


ドメインには、独自ドメインやサブドメイン、gTLDやccTLDなど、いくつかの属性があります。ここからはドメインの種類や属性について見ていきましょう。

独自ドメインとサブドメイン

独自ドメインは、その名の通り世界に1つしか存在しません。基本的に同じ名前のものは存在せず、取得後に変更することもできません。サブドメインとは、独自ドメインを分割する場合に使用されます。たとえば、ある企業のホームページのドメインが「abc.com」だと仮定します。サブドメインを作成することで、「111.abc.com」や「222.abc.com」といったように、「abc.com」という1つのドメインで複数のURLの作成が可能です。

ドメインの取得は「お名前.com」や「ムームードメイン」といったドメイン登録事業者のサービスを利用するのが一般的です。費用については取得するドメインによって大きく異なります。たとえば、「.com」「.net」といった一般的なものであれば300〜1,000円程度から取得可能です。「.jp」や「co.jp」などであれば1,000〜4,000円程度必要となるでしょう。

トップレベルドメインについて

ドメインは2つの要素によって構成されています。たとえば、「https://www.○○○.com」というURLのドメインは「○○○.com」です。そして、ドメインは「○○○」というセカンドレベルドメインと「.com」というトップレベルドメインに細分化されます。トップレベルドメインには「.com」、「.net」、「.info」や「.inc」などさまざまな種類が存在します。

汎用JPドメインと属性JPドメインの違い

ドメインは特定の国でしか取得できないものが存在します。なかでも「.jp」は日本国内に住所を持つ組織や個人のみ取得可能です。この「.jp」は汎用JPドメインと呼ばれています。そして、属性JPドメインは法人組織のみ取得可能です。たとえば、日本国内に登記されている企業向けの「co.jp」、医療法人や宗教法人向けの「or.jp」、教育機関や学校法人向けの「ac.jp」などが属性JPドメインに該当します。

gTLDとは

gTLDとは「Generic Top Level Domain」の略称で、トップレベルドメインを分野ごとに分けたもので、国に関係なく取得できます。

ccTLDとは

ccTLDとは「Country Code Top Level Domain」略称で、国や地域ごとに割り当てられたトップレベルドメインを指します。

独自ドメインを取得するメリット

ここからは独自ドメインを取得することで得られる具体的なメリットについて解説します。

サイトを訪れたユーザーから信頼を得やすい

企業名やサービス名をドメインに設定することで、ユーザーから信頼を得やすい傾向にあります。たとえば、ある企業のプロダクトに興味をもったユーザーがWebサイトにアクセスした場合を想定してみましょう。その場合、社名をもとにしたURLと、デタラメな文字列によるURLでは信用度が大きく異なります。

専用のメールアドレスを使える

独自ドメインを取得すると、専用のメールアドレスを使うことができます。たとえば、「abc.com」という独自ドメインを取得した場合、「○○○@abc.com」というメールアドレスを利用可能です。

永久的に同じURL(ドメイン)が使える

独自ドメインは永久的に同じURLを使えるという点が大きなメリットです。独自ドメインは一年に一度の更新を続ける限り、同じドメイン名を余人に取得されることはありません。

SEOで有利になる

GoogleやYahoo!といった検索エンジンは、独自ドメインのWebサイトを評価する傾向にあります。そのため、独自ドメインでWebサイトを構築することは、SEOにおいて有利に働くという点が大きなメリットです。

独自ドメインで注意しておきたい5つのこと

独自ドメインを取得してWebサイトを運用する場合、注意すべき点が5つあります。ここからは独自ドメインで注意しておきたい5つのポイントについて見ていきましょう。

更新手続きを忘れるとドメイン失効となってしまう

独自ドメインは一年に一度の更新が必要です。更新に必要となる費用はドメインの登録料の1〜1.5倍が相場となっています。万が一、更新手続きを忘れてしまうと権利が失効するため注意せねばなりません。失効したドメインの再取得には相応の時間と費用が必要になります。

ドメインの権利者をしっかり確認しておく

ドメインは基本的に申し込みをした当事者に権利があります。たとえば、Web製作会社に依頼してホームページを作成してもらった場合、権利がどちらにあるのかを確認しておく必要があります。Web製作会社にホームページを作成してもらう場合でも、ドメインの権利は基本的に依頼主側にありますが、トラブルを避けるためにも必ず確認しておきましょう。

個人情報が公開されてしまう場合がある

ドメインの取得時は基本的に権利者の氏名や住所といった個人情報が登録されます。登録者情報の公開は法人組織であれば問題はないかもしれませんが、個人の場合は避けたいところです。その場合は「Whois情報代公サービス」を利用することで、個人ではなくドメイン登録事業者の情報を登録することができます。Whois情報代公サービスの利用は1,000円程度の費用が必要ですが、ドメインの取得時に無料登録できるケースが一般的です。

初期はドメインのSEOへの影響力が小さい

独自ドメインはSEOに有利に働くものの、登録後1〜3ヶ月の初期段階ではSEO効果は期待できません。また、必ずしも検索エンジンからの評価が上がるものではないという点にも注意が必要です。あくまでも有利に働く可能性が高いという意味であり、絶対的な基準ではありません。

中古のドメインは避ける

2010年前後に中古ドメインが非常に高いSEO効果を発揮していた時期がありました。とくに中古ドメインを利用したアフィリエイトサイトが乱立し猛威をふるっていましたが、検索エンジンのアルゴリズムが進化した現在ではあまりSEO効果は期待できません。ペナルティを受けている可能性もあるため、中古ドメインの利用は避けるのが無難な選択です。

まとめ

ドメインはWebサイトの作成に不可欠な要素であり、避けては通れない課題のひとつです。ドメインは基本的に世界で1つしか存在できないため、取得の際は熟慮する必要があるでしょう。また、ドメインは一年に一度の更新が必要という点も忘れてはなりません。
WebサイトやWebサービスを展開するためには独自ドメインの取得が必須です。ぜひ本記事を参考にしてWebサイトの作成と運用に活用してください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。