SEOという言葉は聞いたことがあるけれど、詳しくはどんなものなのかわからない、という方は多いでしょう。
Webサイトの運営をしている方には必要な知識なので、知っておけば役に立つことは間違いありません。
この記事では、SEOの基礎と大事なチェックポイント、便利なツールについてもご紹介します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

SEOとは?

SEO(エスイーオー)とは、Search Engine Optimizationの略で、その直訳どおり「検索エンジンを最適化する」テクニックのことを指します。

ここで言う最適化とは、検索時に上位にサイトが表示されるように、サイトを最適な状態に準備しておくことです。
Yahoo!の検索エンジンでもGoogleと同様のアルゴリズムが使用されているので、Googleで上位であればYahoo!でも同じく上位が狙えるでしょう。

結果の反映には年単位の時間がかかることも

SEO対策をして検索エンジンにアップして、すぐに結果が出ることはごくまれです。Googleの検索ロボットにサイトが認識されるまでにはある程度の時間が必要で、さらにSEOの成果が出たと感じられるまでには最低でも数か月、長い場合は1年以上かかる場合もあるでしょう。反映の要素や期間についてはそれぞれですが、サイトの中身だけでなくドメインの取得日なども関係してきます。

また、Googleでは上位認定の条件などを定期的にアップデートしているため、その影響を受け順位が上下することもあります。Webサイトを新設する場合やリニューアルの際には、長期的な計画を立てておきましょう。

SEO対策は外注することもできる

サイトが上位表示されるようにSEO対策をコンサルしてくれる会社や、サイトの運営を代行してくれる業者は多くあります。プロに依頼する場合、内容によっては数万円~100万円以上の費用がかかるケースもあります。

自身でSEO対策を行えば大きな費用もかからず、SEOの知識も身につくというメリットがありますが、数多くあるサイトのなかで上位に表示されるのは容易ではありません。予算の範囲であれば、外注を検討してみるのもおすすめです。

SEO上位表示のメリット

SEO対策を行って検索の上位に表示されることで、サイトにどんなメリットがあるのでしょうか?

クリック率の差

SEO対策をして1位に表示されると、約30%のクリック率が見込めるというデータがあります。クリック率が上がれば、その分サイト内の商品が売れたり、サービスの成約につながったりする可能性が高くなるでしょう。

2位以下で表示された場合のクリック率の参考値は、2位で10%程度、3位〜4位が5%前後、5位から下は1〜2%程度となります。1位と2位の間には大きな数値の差があり、1位に表示された際の効果は大きいと言えるでしょう。
(参考元:https://www.advancedwebranking.com/ctrstudy/

広告ではないので料金がかからない

Web広告や雑誌などに広告を出すには、多くの費用がかかります。しかし、自社サイトのSEOを強化して集客する場合、広告のように料金を発生させずに多くの人に商品やサービスを宣伝できます。

Webサイトの運営も外注すれば費用は発生しますが、自分で記事を書いたり、画像を掲載したりする分には費用は発生しません。一般的なサイトであればサーバー代金などの固定費も低価格なので、費用を抑えて宣伝したい方には最適です。うまくSEO対策ができれば高額な広告以上の効果を見込めることもあるでしょう。

作成したコンテンツは会社の財産になる

SEOで上位表示をさせるには、優良なコンテンツが必要です。優良なコンテンツと言っても定義は幅広いですが、簡単にまとめると「検索したユーザーにとって有益であるかどうか」がポイントと言えるでしょう。

ユーザーが求めている情報を正確に伝え、専門的な知識を用いた記事や、確証のある数値データなどがあれば信頼度の高いコンテンツとして検索サイトに認識させることができます。こうして信頼を得たサイトは会社の大切な財産として残り、長期的にサイトへの訪問者を生み出してくれるでしょう。

キーワードを自分で決めるのでターゲット層と一致した検索ユーザーを集客できる

SEOではキーワード選定が重要です。しかし、このキーワードは自身で決定できるため、自サイトの情報を届けたいターゲットに合ったコンテンツを自由に組み合わせて準備することができます。

同じキーワードをメインとしたサイトでも、コンテンツ内で深掘りする内容を調整することで差別化をはかりましょう。また、複数キーワードの組み合わせでより細かいターゲットを設定できるので、求めているユーザーへピンポイントで情報を届けられます。

ブランド力や認知度がアップする

SEOで上位表示ができるようになれば必然的に人の目に触れる機会が増えてブランド力がアップします。

上位に表示させるためにはサイトの見た目やコンテンツの良質さは欠かせないので、これらを常に整えておくと相乗効果でアクセス数が伸び続ける可能性もあります。認知度が上がれば商品やサービスの売り上げにも直結し、会社の業績アップにもつながるでしょう。

SEO対策の方法8つ

SEOには大切なチェックポイントとテクニックがあります。以下では特に重要な8つのポイントを解説します。

キーワード選定

SEOを意識した記事を書く際に、まず行うのはキーワード選定です。どのようなキーワードを選ぶかによって、サイトの表示順位に大きな影響が出るでしょう。

ユーザーがなにかを検索する心理には、「解決したい」「詳しく知りたい」「〇〇を買いたい」「〇〇に行きたい」などの欲求や悩みがあります。これらを解決するキーワードを選定できればユーザーのニーズに答えられるため、アクセスアップが望めます。

キーワードにはメインキーワード、関連キーワード、複合キーワードなどがあり、これらの要素を組み合わせて選定します。キーワードを探す補助ツールなどもあるので、うまく利用しながらキーワードを選びましょう。
(詳しくはこちら:https://web-kanji.com/posts/seo-keyword-selection

量より質を重視した読みやすいコンテンツ

Googleなどの検索エンジンに良質なコンテンツと判断してもらうには、量よりも質が大切です。記事を大量に掲載しても、コピーコンテンツだったり、中身のないようなものだったりすると、むしろ悪影響を及ぼします。

読みやすい文字数は1800字程度と言われていて、短めの文章でも800字以上はあるとよいです。読みやすさの上で気をつけるべきは文字数だけでなく、わかりやすい見出しをつけたり画像を合間に挟んだりして読みやすい構成を考えましょう。
(詳しくはこちら:https://jetb.co.jp/504

タイトルとディスクリプション

すべてのWebサイトには「HTML」(エイチティーエムエル)と呼ばれる情報コードが組み込まれています。コードのなかに「title(タイトル)」と「description(ディスクリプション)」という箇所があり、ここに検索にヒットさせたい文字を設定しておくと、Googleが認識してそのページが表示される仕組みです。

そのため、タイトルとディスクリプションにユーザーが検索すると思われるキーワードを設定しておけば自社サイトへ誘導できる可能性が高まります。この2つはWebサイトの玄関とも言える場所なので、しっかりと設定しましょう。
 (詳しくはこちら: https://www.venture-net.co.jp/seo/easy-to-read-content/ https://www.akibare-hp.jp/seo/

記事内のタグの設定

Webサイト内の記事タイトルには「hタグ(エイチタグ)」を設定します。hタグには数字を合わせて使う決まりがあり、h1が大見出し、h2が中見出し、h3が小見出しという順番で階層化されています。

なかでもh1の大見出しは検索エンジンに対する影響も大きく、記事タイトルと同様に最適なキーワードを設定する必要があります。

h2、h3タグは、記事を読みやすくするために設定するものです。しかし、細かい見出しが多くなりすぎると反対に読みにくくなってしまったり、サイト内の構造が複雑になってしまったりするケースもあるので注意しましょう。
(詳しくはこちら:https://wacul-ai.com/blog/seo/internal-seo/seo-tag/

画像や文字サイズの最適化

各ページに設定する画像や文字サイズもSEOに影響を及ぼします。文字のサイズや挿入画像は見た目の問題で一見、検索には無関係に思えますが、例えばフォントサイズが小さすぎると、Googleから「小さすぎる」と警告される可能性があります。こういった警告を受けるとマイナス評価となり検索順位を下げてしまうかもしれません。

画像についてもいくつか注意があり、「標準の画像形式(JPEG、GIF、PNGなど)を用いること」、「オリジナルの画像を使用すること」、「画像挿入の際のファイル名を適切なものに変更しておくこと」などがあげられます。SEOは文章だけではなく、サイト全体を見て評価されるので、細部まで整えておきましょう。
(詳しくはこちら:https://web-kanji.com/posts/seo-image

モバイルファースト

Googleは現在、「モバイルファーストインデックス」を採用して、検索結果の順位を調整しています。これはパソコンよりもスマートフォンやタブレットでの検索が増えたことを加味して、モバイルに最適なサイトを優先して上位に表示させるという仕組みです。

Webサイトがスマートフォンに対応しているページなら問題ありませんが、そうでない場合にはスマートフォンで正しく表示されるページを用意しておく必要があるでしょう。
(詳しくはこちら:https://ds-b.jp/media/pages/179/

被リンクの獲得

外部のサイトから自分のサイトに向けられたリンクを「被リンク」と呼び、被リンクが多いサイトは信頼性が高いと判断されます。

有益なコンテンツであれば自然と紹介したくなり、多くの方の紹介によってアクセス数も増えるでしょう。ただし、被リンクのなかでも、良いリンクとそうでないリンクがあります。

例えば、お金を払って業者に被リンクをしてもらったり、相互リンクを条件に無関係のジャンルから被リンクをもらったりしてもGoogleからの高評価にはつながりません。被リンクを設置してくれたサイト自体の信頼性も評価されるので、良質な被リンクのみを獲得できるようにする必要があります。
(詳しくはこちら:https://web-kanji.com/posts/seo-backlink-building

サイテーションの獲得

「サイテーション」は被リンクと似ていますが、リンク先URLがない、テキストのみでの言及を指します。直訳では「引用」や「参照」という意味ですが、SEO上ではサイト名や会社名、商品名などが記載されるだけでもサイテーションとみなされます。

外部サイトの記事で自社について紹介をしてもらうとサイテーションが獲得できますが、この際正式な名称であることが大切です。略称や英語スペルの間違いがあると正しく認識されず効果が発揮できないでしょう。また、動画内の会話や画像に書き込まれたコメントも認識されないので注意してください。

被リンクと同様に、他者が紹介したいと思うサイトであれば、自然とサイテーションは増えていくでしょう。
(詳しくはこちら:https://web-kanji.com/posts/citation-seo

SEO対策に役立つツールを紹介

無料で使用できるGoogleの便利ツールを2点紹介します。SEOには検証や改善が不可欠です。ツールを利用して分析してみましょう。

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)はWebサイトのSEO成果を確認するツールのひとつです。検索ワードでの表示回数、順位、クリック数などを数値化して見られます。また、コンテンツを制作した際にGoogleの検索に載るよう促すインデックス機能もありSEO対策には欠かせません。

Google Search Consoleは訪問前のユーザー情報が得られることも特徴です。ユーザーがサイトに辿り着く前に、どのような検索をしたかなど一歩手前の状態を把握することができます。これらを確認することでサイトの弱い部分を見つけられ、行うべき対策が明確になるでしょう。

Googleアナリティクス

Google アナリティクスは無料で使用できるアクセス解析ツールです。Google Search Consoleがユーザー訪問前の情報をチェックできるのに対して、Google アナリティクスは訪問後のデータを主に扱います。自社サイトへの訪問者数、使われているデバイス、訪問者の流入経路などをはじめ、さまざまな情報を知ることができます。

ページごとの滞在時間も判別できるため、どのページに需要があるのかを判断し、ページごとの強化や見直しを行う材料となるでしょう。日々のアクセス解析はSEOの要となる大切な作業です。こまめにチェックする習慣をつけるとよいでしょう。

まとめ

SEOとは、必要としている人に、必要な情報を届ける手段のひとつです。いくら素晴らしいWebサイトであっても、検索にヒットしなければ誰にも見てもらえません。正しいSEOの知識を学んでWebサイトを強化することができれば、上位表示が叶うでしょう。無料のツールも便利に使うことができますが、複雑な内容も多いので必要であれば専門家も相談するのもおすすめです。

Webサイトは会社や自身の顔とも言える大切な場所です。コンテンツをしっかりと充実させて、優良なサイト運営を目指しましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。