情報通信技術の発達によってインターネット社会となり、企業だけでなく個人でホームページを運営するのも珍しいケースではありません。これからホームページを運営したい方が気になるのは、制作にかかる初期費用と運用におけるランニングコストでしょう。本記事では、ホームページの作成と運営にかかる費用の相場について解説します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

HTMLを使用する場合

最も一般的といえるHTMLサイトで構築されたホームページの費用について確認しましょう。
主な費用としては初期費用とランニングコストが発生します。

このうち、初期費用としてはサーバー契約の初期費用、ドメイン取得、SSL証明書の発行などにかかる費用が、ランニングコストとしてはサーバー・ドメイン・SSL証明書の更新費用などが必要です。それぞれについて以下で詳しく説明します。

初期費用

HTMLでホームページを構築する場合に必須となる要素が2つあります。それが「サーバー」と「ドメイン」です。自社でサーバー環境を構築する場合、規模にもよりますが数百万~数億円という莫大な費用が必要となります。そのため、HTMLで構築された数ページから数十ページのホームページであれば、レンタルサーバーを利用するのが一般的です。レンタルサーバーは導入時に1,000~3,000円程度の初期費用が必要となります。

ドメインには「.com」や「.jp」といった複数の種類があり、それぞれ取得費用が異なります。ドメインは一度取得すると一年間有効で、「.com」や「.net」といったドメインであれば500~1,500円前後、「.jp」や「co.jp」といったドメインであれば1,000~4,000円ほどが相場です。また、必須ではないものの、SSL証明書の発行費用も必要となります。SSL証明書の発行費用は無料のものから数万円のものまであり、求めるセキュリティレベルによって価格が大きく変動します。

ランニングコスト

ホームページの運営で必要となるランニングコストは、主にサーバーの管理費用とドメインの更新費用です。レンタルサーバーはプランによって大きく異なりますが、価格の安いサービスであれば月額約300~500円から利用できます。

法人やビジネスとして運営する場合でも、月額1,000~3,000円程度のレンタルサーバーで十分な容量とセキュリティを確保できます。ドメインの更新費用は登録費用の同等から1.5倍あたりが相場です。また、有料のSSL証明書を利用する場合はその更新費用も必要です。

CMSを使用する場合

CMSで構築されたホームページの費用について解説します。

初期費用

CMSの代名詞といえるWordPressでホームページを構築する場合、必要となる初期費用はHTMLサイトと同様でサーバーの導入費用とドメインの取得費用です。また、WordPressは有料テーマを購入する場合は費用が必要であり、3,000~30,000円ほどが相場になります。

もちろんSSL証明書を有料のものにすればその発行費用も必要になります。WordPress単体で見た場合は導入費用も維持コストも必要ないため、基本的にはHTMLで構築する場合とほぼ同額の初期費用が必要といえるでしょう。

ランニングコスト

CMSで構築されたホームページに必要なランニングコストは、レンタルサーバーの月額費用とドメインの更新費用です。月額数千円の月額利用料が必要なCMSもありますが、WordPressが一般的であり、これを利用する場合はランニングコストについてもHTMLサイトの場合とほぼ同額となります。

ホームページ作成サービスを使用する場合

ホームページ作成サービスを使用する場合の費用について解説します。

初期費用

ホームページ作成サービスを使用する場合の初期費用は基本的にサーバーとドメイン、そしてサービスの利用料の3つです。HTMLやCMSの項目で述べたように、レンタルサーバーであれば1,000~3,000円ほどの導入費用、.comや.netといったドメインであれば500~1,500円前後が登録費用として必要です。

初期費用については、利用するサービスによって大きく異なります。たとえば、15,000円の買い切り型のサービスがあれば、登録料は無料で月額課金制のサービスもあります。また有料のSSL証明書を導入する場合も先述したとおりで、セキュリティレベルに応じた費用が必要です。

ランニングコスト

ランニングコストにおいても基本的にはHTMLサイトやCMSと同様にサーバーの月額費用とドメインの更新費用が必要です。そして、先述したように月額課金制のサービスであれば利用料が必要となるでしょう。

たとえば、レンタルサーバー不要のホームページ作成サービス「Wix」であれば、500~2,500円の月額料金で利用可能です。しかし、ランニングコストについては、サービスのプランやパッケージによって大きく異なるため注意が必要です。

ホームページ制作会社に依頼する

ホームページ制作会社に依頼する場合の費用について解説します。

初期費用

ここまでは基本的に個人または自社でのホームページ作成を基準として費用を見てきました。しかし、制作会社に依頼する場合は、必要な初期費用が大きく跳ね上がります。もちろん制作会社によって幅はあるものの、ホームページ制作の相場は100,000~1,000,000円程度と非常に高額であり、かつ幅があります。

目安として10ページ程度のコーポレートサイトを依頼した場合、200,000~40,0000円前後が相場といえるでしょう。レンタルサーバーやドメインの取得も依頼する場合は、さらに5,000~15,000円程度価格が上乗せされます。

ランニングコスト

制作会社に依頼した場合、月額5,000~30,000円の運用・保守費用が必要です。運用・保守費用にはサーバーやドメインの管理はもちろん、セキュリティリスクの排除やトラブル発生時の対応など、ホームページ運営におけるあらゆる面でのバックアップが含まれています。

もちろん全面的、もしくは部分的に自己管理することでコスト削減につながりますが、万が一トラブルが発生した場合、独自での解決が求められるという点に注意が必要です。

その他にもかかる費用

ホームページ運営に必要となるその他の費用について解説します。

広告費用

ホームページを運営する目的のひとつとして、販促機会の増大や内容の訴求があります。情報発信や、商品販売、キャンペーンの認知度向上、あるいは自社ブランディングなど、役割はさまざまです。しかし、根本的な目的は、個人であれば自身に関する情報を広めたり、企業であれば自社の製品やサービスを多くの見込み客に知ってもらい、販促機会を最大化したりすることにあります。

そのため、Google広告やYahoo!広告といったリスティング広告への出稿も場合によっては必要となるでしょう。リスティング広告はキーワードによって広告単価が変動する仕組みであり、競合性の高さに比例してより多くの広告費用が必要です。リスティング広告における予算計画の基本は「目標CPA(獲得単価)×目標CV(獲得件数)=必要予算」となります。

SEOなどのコンサルタント費用

法人などでホームページの運営を事業の中核に据える場合、コンサルタントとの契約を結ぶケースも少なくありません。Webコンサルティングの費用相場については、コンサルタントによって大きな幅がありますが、基本的には「スキルレベル×時間」で決定されます。

たとえば、広告運用コンサルティングであれば100,000~300,000円、SEOコンサルティングであれば100,000~500,000円が相場といえるでしょう。

まとめ

ホームページ制作における初期費用とランニングコストは、制作方法や依頼先によって大きく異なります。適正費用でホームページを作成・運用するためには、目的や役割を明確化し、それに応じて最も適した方法を選びとって構築する必要があるでしょう。ぜひ、本記事を参考にして、ご自身の希望に沿ったホームページの制作や運用に役立てて下さい。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。