ホームページの運営にはどのくらいの維持費がかかるのか、不安に感じている方も多いでしょう。維持費の内訳を正しく理解しておけば、必要以上の費用をかけずに運用することができます。この記事では、維持費の内訳や相場のほか、賢い方法でコストを抑えるコツについて解説します。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページの維持費の内訳と相場

ホームページを運用するためには維持費が必要です。ひと言に維持費といっても、複数の項目があるため、複雑に感じてしまうかもしれません。しかし、内容を理解しないまま制作会社に依頼してしまうと、必要以上にランニングコストがかかる可能性もあります。このような事態に陥らないよう、維持費の内容や一般的な相場を知っておくことが大切です。

ここでは、ホームページ維持費の主な項目や相場について解説します。

サーバー費用

ホームページの開設・運営に必要なサーバーには、専用サーバーとレンタルサーバーの2種類があります。専用サーバーは、自由度の高い本格的なホームページを作成したい場合に適していますが、自身で構築や運営をしなければならないため、専門的な知識を持った人材を確保しておくことが大前提です。

最近では、多くのケースで低価格のレンタルサーバーが利用されています。レンタルサーバーの費用相場は会社によってさまざまですが、年間数千円~数万円の低価格で使えるレンタルサーバーもあります。ホームページの規模や用途に合わせて、プランを選定してください。

ドメイン費用

Web上で住所のような役割を持つドメインも必要不可欠なものです。よく目にするのは「.com」「.org」「.jp」などですが、これ以外にも多様な種類のドメインがあり、取得と更新の際に支払いが発生します。

年間で数百円~数千円が相場で、特にこれといったこだわりがない場合には、安価で提供されているドメインも含めて検討してみるとよいでしょう。なお、ドメインは更新の手続きを忘れてしまうと、そのドメインを使ったサイトやメールアドレスの全ての機能が停止してしまうため、慎重に管理する必要があります。

SSL費用

セキュリティ強化に役立つSSLの導入は、閲覧者に安心感を与えます。発行される「SSLサーバー証明書」は、信頼できるサイトであることをアピールするのに役立ちます。SSLには運営元が調べている項目の数で、認証レベルが設けられているのをご存知でしょうか。

「ドメイン認証型(DV)」「企業認証型(OV)」「EV認証型」と3段階で分けられていて、企業認証型とEV認証型の場合は、年間で数万円~十数万円とそれなりの費用がかかるため、より信用度が高くなります。
なお、無料で使える「Let’s Encrypt」というSSL証明書もあります。必要に応じてどの認証レベルにするか検討してみましょう。

コンテンツの更新・管理費用

良質なホームページを維持するために、定期的なコンテンツの更新は欠かせません。常に新鮮な情報を提供することで既存ユーザーのサイト離れを防ぎ、新規ユーザーの獲得を目指します。コンテンツの更新や管理に必要な費用は、その頻度に応じて変動します。自身での作業が可能ならば費用は抑えられますが、定期的に忘れず更新するには、それ相応の工数が必要です。

社内のリソース不足が課題となる場合には、専門の制作会社に依頼するという選択肢もあります。外注した場合の費用は、対応する範囲によって変動することがほとんどですが、1回の更新で5,000円程度が一般的な相場です。

 CMSなどの更新・管理費用

CMSを導入している場合、CMS利用料のほかバージョンアップに伴うメンテナンスや更新作業に必要な費用がかかります。多種多様なCMSがあるため、搭載する機能やライセンスの有無によってもかかる費用は異なります。月に1回の更新作業が必要なケースでは、月額5,000円~10,000円前後が一般的な相場です。

ここからは、世界標準になりつつあるCMSのひとつ「WordPress」を例に挙げて説明します。多くのユーザーを獲得すると、それだけ不正ログインなどの攻撃を受けるリスクが高くなります。セキュリティ上の問題が発生した場合には、アップデートの実施により、セキュリティ面に配慮することが重要です。必要なアップデートを行わないまま放置してしまうと、サイトの内容が改ざんされるだけでなく、知らないうちに悪用されてしまうケースも考えられます。このような事態を避けるため、自身での管理が困難な場合には、制作会社に依頼した方が賢明です。

トラブル対応費用(保守)

「サイトにアクセスができない」「関係のないコンテンツが表示されている」といったトラブルを未然に防ぐための監視や、起こってしまったトラブル対応にかかる費用です。問題をそのまま放置してしまうと、サイトの信用に大きく影響するため、迅速な解決が求められます。

制作会社に保守作業を依頼しておけば、複雑なトラブルが起こった際でも慌てずに済みます。費用は制作会社によって差があり、対応の範囲も異なるため、契約前に詳細を確認しておくと安心です。

広告費用

自社の商品やサービスをまだ知らないユーザーに向けて、興味を持ってもらうために有用なのが広告の掲載です。ユーザーの興味を引き付ける画像や動画、ビジュアルを重視したバナー広告、ユーザーが検索に用いたキーワードに連動するリスティング広告などが一般的です。

バナー広告には、クリック課金型やアフィリエイト広告のような成果報酬型などがあります。リスティング広告を採用する場合は、月額1,000円程度からすぐに出稿できます。

SEOなどのコンサルタント費用

アクセス数を増やし、問い合わせや売り上げなどの成果を上げたい場合には、SEO対策を行うコンサルタントへの依頼が効果的です。費用は依頼の目的や対策内容によって大きく異なり、契約期間も会社によってまちまちです。

SEO対策にかかる費用は高額になることが多く、ブログやSNSの運用なども合わせて依頼する場合には、年額数百万円から数千万円ほどかかるケースもあります。高額な費用をかけて外注するのであれば、できるだけ成果につなげたいと誰もが考えるでしょう。実績のある企業を選んで相談すれば、より良い結果が期待できます。

維持費を安く抑えるコツ

前項では維持費の内訳や各相場について紹介しましたが、可能な限り維持費を削減しなくてはならない場合もあるでしょう。ここでは、必要最低限の維持費から、管理・更新に力を入れたい場合にかかる費用まで、目的別に紹介します。

必要最低限にかかる維持費

最低限の維持費でホームページを運営する場合「サーバー費用」と「ドメイン費用」の2つがあれば、サイトは機能します。低コストでの運営に重点を置くのなら、制作会社へ依頼せずに維持管理の全般を自身で実施し、SSLは無料のものを導入するとよいでしょう。安価なドメインと低価格なレンタルサーバーを選定すれば、年額数千円からホームページを維持できます。

小規模サイトの運用やリソースに余裕がある場合には、この方法でも無理なく管理できるでしょう。また、専門的な知識を備えた人材を育成したい場合にもおすすめです。自身の成長と共にホームページの品質が向上していくという充実感も得られます。

一般的にかけられている維持費

必要最低限の2項目に「コンテンツの修正」を追加するのが最も多いケースです。最低限の維持に加え、労力のかかるコンテンツの更新・管理や、信頼に関わるトラブル対応を依頼すれば、比較的良質なホームページを維持することができます。費用相場は、月額5,000円程度から20,000円ほどが一般的です。

コンテンツの更新頻度を増やしたい場合や、新規ページの追加を依頼する際に、追加費用が発生することもあります。企業によってはトラブル対応も含まれているため、契約前の時点で対応範囲を把握しておくようにしましょう。ひと月にどれくらいの頻度で写真と文章を更新したいのかをシミュレーションしておけば、予想外の出費で慌てることもありません。

しっかり管理・更新している場合の維持費

大手企業に維持作業を依頼する場合には、一般的な項目に「CMSのメンテナンス」「月次レポート」などのサポートサービスが追加されます。メンテナンスを外注することにより、正常な状態でサイトが維持され、更新作業に社内リソースを費やす必要もないため生産性の向上も見込めるでしょう。月次のレポートからは、SEO対策でどれだけ自社サイトへの訪問者が増えたか、広告のクリック数がどれだけ伸びたかなどを知ることができ、今後の施策に役立ちます。

この場合の維持費は、月額20,000円~50,000円ほどですが、依頼する企業によって大きく変動するのが現状です。また、集客のためのコンテンツマーケティングやSEO対策など、利益向上を目的としたコンサルティングを依頼する場合は、別途で費用がかかります。

まとめ

このように、ホームページ維持費の内訳や、その内容を詳しく知っておくと、自身で対応できる項目と依頼した方がよい作業の取捨選択がスムーズにできます。制作会社によっては維持費が無料の企業もあるので、ぜひ気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

費用を最小限に抑えることも大切ですが、提供するサービスによっては迅速なトラブル対応を求められるケースもあります。あらゆる不測の事態に備えて、より良い管理を行いましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。