ホームページの作成を請け負う会社はいくつもあるため、お金さえ出せばハイクオリティなものを作成してもらえます。しかし、できれば費用を抑えたい、自由にサイトを作りたい、と考えている方もいるのではないでしょうか。
本記事では、その要望を叶えるホームページ作成ソフトをご紹介します。併せて、失敗しないポイントも解説していきます。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

おすすめのホームページ作成ソフト5選

ホームページを作成する際にはさまざまなソフトやツールがありますが、今回はおすすめのホームページ作成ソフトを5つ紹介します。ここでは、「インストール必要なものをソフト」、「インストール不要で、クラウド型のものをツール」と定義しております。

ホームページビルダー

引用元:ホームページビルダー(https://www.justsystems.com/jp/products/hpb/

ホームページビルダーとは、初心者からプロのデザイナーまで幅広く使用されているホームページ作成ソフトです。直感的な操作感でレスポンシブデザインの「ホームページ・ビルダー SP」とHTMLやCSSを直接編集することもできる「ホームページ・ビルダー クラシック」という使い方に合わせた2つのビルダーを選ぶことができます。

専門知識不要で作成でき、写真やイラスト素材なども収録されていることが特徴です。30日間利用できる体験版もあるため、まずは試してみてはいかがでしょうか。

Dreamweaver

引用元:DreamWeaver(https://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver.html

DreamWeaver(ドリームウィーバー)とは、Photoshopなどのソフトで有名なAdobe社が提供するホームページ作成ソフトです。高機能で、自由度高いホームページ設計ができる主にプロ向けのソフトで、HTMLやCSSに関する知識は必須となるでしょう。

コーディングの知識がある方にとっては、コードヒントやカスタマイズ可能なスターターテンプレートが用意されているため、短期間で開発を進めることができます。初めての使用する際にも安心なチュートリアルも充実しているので、まずは体験版にて試されることをお勧めします。

BiNDup

引用元:BiNDup(https://bindup.jp/

BiNDupとは、Webサイトの更新や運用が簡単にできるホームページ作成ソフトです。HTMLやCSSの知識がなくとも、自由なデザインで作成可能です。特徴として、他のホームページ作成ソフトと同じくアプリをインストールして使用することも、クラウド上でツールとして使用することもできます。

スマホ対応はもちろん、サーバー料金が料金に含まれており、初めての方でも安心して使えるホームページ作成ソフトと言えるでしょう。

あきばれホームページ

引用元:あきばれホームページ(https://www.akibare-hp.jp/

あきばれホームページとは、低コストで運用できるホームページ作成ソフトです。初めての方でも安心な電話操作サポートがついており、業種別のホームページパックがあるため、とりあえずホームページを作成したい方にはおすすめです。自分で簡単に更新でき、スマホ専用サイトも備わっています。

デザインの印象としては一昔前な印象が強いものの、サンプルデザインがホームページに掲載されているため、まずはイメージを掴むために確認してみてはいかがでしょうか。

シリウス

引用元:シリウス(https://sirius-html.com/

シリウスとは、ホームページ作成に役立つ機能が多く搭載されたホームページ作成ソフトです。初心者でも簡単に作成でき、ランキング表示など実用的な機能が豊富に備わっています。

構成が決まっているため、見た目が同じようなデザインになりがちな点はありますが、レスポンシブ対応や画像編集ソフトがついていたりなど、初めてでも使いやすいソフトと言えるでしょう。

注意点としては、Windows版しかないためMacでは使うことができず、お問いあわせフォームが備わっていないことが挙げられます。

ホームページ作成ソフトを選ぶ際に着目したい5つのポイント

ホームページ作成ソフトは数多くリリースされています。そのため、どれを選ぼうかと迷ってしまう方は少なくありません。選ぶ際の基準はいくつかありますが、ここでは特に着目したいポイントを5つご紹介しましょう。

HTMLやCSSなどの知識は必要ないか

HTMLは、ウェブサイトへ反映させるための文章構成を指示する言語です。一方、CSSは文字の色や大きさなどを指定して、見栄えをよくする言語です。どちらも専門的な知識や技術が必要であり、初心者がいきなりHTMLやCSSを書いてホームページを作成するのは難しいといえるでしょう。

そのため、専門的な知識や技術を有さない方なら、HTMLやCSSを書く必要のないソフトを選ぶべきです。初心者から中級者向けの製品なら、HTMLやCSSを使わず作成できるものもあります。

初期の作成費用含め運用費用はいくらくらいか

無料で作成できるものもありますが、基本的におすすめはしません。いつサービスが終了するかわからず、セキュリティ面でも不安があるからです。特に、ビジネスで使用するのなら有料のツールを選びましょう。

メーカーや製品によって、価格は大きく異なります。5,000円未満で購入できるものもあれば、30,000円以上するものもあります。価格が高いほどよいもの、とは断言できないため、予算を考慮しつつ目的に合ったものを選びましょう。

レスポンシブデザインには対応しているか

かつては、パソコンを用いてウェブサイトへアクセスする方が多くを占めていましたが、近年ではスマートフォンやタブレットなど、モバイル端末を用いる方が増えました。そのため、ホームページを作成するにあたっては、スマートフォンに対応したものを作る必要があります。

レスポンシブデザインなら、パソコンやスマートフォンなど、さまざまなデバイスに対応できます。パソコン用とスマートフォン用、それぞれ別に作るといったことも可能ですが、効率を考えるとあまりおすすめできません。

もちろん、絶対にレスポンシブデザインにしなければならないわけではありません。ただ、さまざまなデバイスでの閲覧に対応できていないと、アクセス数が増えない可能性はあります。特に、ビジネス利用ならレスポンシブデザインは必須といえるでしょう。

SEO対策ができるか

SEO対策とは、特定のキーワードで検索されたとき、上位に表示されるための施策です。キーワードの使い方やタイトルのつけ方、コンテンツの質などに工夫して、上位表示を狙います。

SEO対策ができないソフトでは、上位表示を狙えません。「他人からのアクセスなどまったく求めていない」といったケースでは不要かもしれませんが、多くの人に閲覧してほしいのなら必須です。

なお、SEOはとても奥の深い世界であるため、SEO対策のできるソフトを選んで施策しても、思ったほどの効果を得られない可能性もあります。ある程度まで自身で対策したら、専門家に相談するのもひとつの手でしょう。

契約後のサポートは充実しているか

初めてホームページ作成ソフトを使用する方なら、わからないことがたくさんあるでしょう。そのようなとき、誰にも相談できないとなると、作業が進まずモチベーションも下がってしまいます。

ソフトによっては、無料の電話サポートを受け付けているものもあります。このようなソフトなら、制作中にわからないこと、機能について質問したいことが発生したときも安心です。

ホームページ作成ソフトを使用していても気をつけたいポイント7つ

作成ソフトを使用すれば、プロに頼ることなく自身でホームページを作れます。ただし、これから作成に取り組もうと考えている方には、いくつか覚えておいてほしい注意ポイントもあります。ここでは、押さえておくべき注意ポイントをまとめました。

ホームページを作成する目的を明確にする

作成ソフトにはさまざまな機能が実装されているため、人によっては作業そのものが楽しくなってしまうことも珍しくありません。その結果、当初の目的とはズレたホームページになってしまう可能性があります。

また、ホームページを作ることが目的となってしまわないよう、注意が必要です。自分の考えを発信するため、集客のため、オンラインショップとして運営するためなど、人によって目的は異なるでしょうが、当初の目的を忘れないよう注意してください。

途中で目的を見失わないよう、最初にきちんと目的を明確にし、作成プロセスの中で幾度となく振り返ることを意識しましょう。いろいろな機能を使ってみたい気持ちは理解できますが、自己満足にならないよう注意してください。

URLを正規化する

URLの正規化をしないと、ミラーコンテンツとみなされてGoogleからペナルティを科せられる可能性があります。また、クローラビリティの低下やトラッキング分析が難しくなるなどのデメリットもあるため、URLの正規化をきちんと行いましょう。

正規化する方法としては、301リダイレクトを用いる方法や、canonicalタグの使用が挙げられます。正規化については、詳しく方法を説明したサイトがインターネット上にいくつもあるため、知りたい方はそのようなサイトを参照してみましょう。

きちんと正規化できているかどうかを確認するには、リダイレクトチェックツールの使用がおすすめです。リダイレクトチェックツールを使用できるサイトへアクセスし、チェックしたいURLを入力するだけで確認できます。

独自のドメインを取得する

ドメインは、ホームページにおける住所のようなものです。大きくわけて、独自ドメインとサブドメインがあり、おすすめなのは前者です。

独自ドメインなら、ユーザーが好きに名前を決められるメリットがあります。「.com」や「.co.jp」などの前に配置される文字列を、自由に決められるのです。社名やサイトの目的を示す名前をつけられるため、ユーザーに覚えてもらえやすいのもメリットといえるでしょう。

また、独自ドメインのほうがSEOで有利になるともいわれています。少しでもサイトの順位を上位にしたいのなら、サブドメインでなく独自ドメインを取得したほうがよいでしょう。さらに、独自ドメインならサーバーを変更しても、そのまま引き継ぎして使用できます。

有料のレンタルサーバーを利用する

サーバーは、ホームページの土台となるものです。サーバーがなければ、ホームページを作成したとしても公開できません。サーバーには無料のものもありますが、おすすめなのは有料のレンタルサーバーです。

無料レンタルサーバーは、費用をかけずに使用できることが最大の魅力です。しかし、低容量であることが多く、自動的に広告が挿入されるなど、さまざまなデメリットがあります。独自ドメインを使用できないことがあるほか、安定性が低いものもあるため注意が必要です。

有料のレンタルサーバーなら、このような心配はありません。費用もそれほど高額ではないため、できることなら最初から有料のサービスを利用しましょう。有料サーバーなら安定性に優れ、充実したサポートを受けられるものもあります。

トンマナを統一する

トンマナとは、トーンとマナーを指す略語です。ホームページ作成においては、デザインはもちろん文章のテイストもトンマナを意識的に統一させることが大切です。

トンマナが統一されていないサイトでは、ユーザーの記憶に残りにくいデメリットがあります。誰に何を伝えたいのかわからず、魅力的なサイトだと感じてもらえないからです。

たとえば、10代の若者へ向けたメッセージを発信したいサイトの場合、内容にもよりますがカジュアルなテイストの文章が好まれます。このケースでは、すべてのページにおいてカジュアルテイストな文章を心がけるのが基本です。

ページによって、カジュアルな文体だったり「である調」で文章を書いていたりすると、「同じサイトなの?」「誰に何を伝えたいの?」とユーザーに疑問を抱かせてしまうおそれがあります。

容易に想像できるパスワードは使用しない

WordPressのようなサービスを利用するケースでは、ユーザーIDやパスワードを設定します。サービスの利用者は、設定したIDやパスワードを用いてログインし、作業を行います。

誕生日や車のナンバーなど、容易に想像できるパスワードを使用してしまうと、悪意をもつ第三者が勝手にログインしてしまうかもしれません。その結果、内容の改ざんや情報の流出といった事故が起こりかねません。容易に見破られないようなパスワードを設定するのはもちろん、定期的に変更することも大切です。

セキュリティ関連のプラグインを入れる

ホームページ作成ツールの中には、プラグインを使用できるものもあります。たとえば、先述したWordPressも豊富な数のプラグインを使用できます。

プラグインを使用することで、新しい機能の実装や強化などが可能です。不正なアクセスをはじめとするサイバー攻撃を防ぐ目的でも、セキュリティ関連のプラグインを入れておきましょう。

WordPressなら、iThemes SecurityやAll In One WP Security & Firewallなどが有名です。

まとめ

ホームページ作成ソフトを選ぶ際には、専門的な知識や技術が必要ないか、費用はどれくらいかかるのか、レスポンシブデザインに対応しているのか、といった部分をチェックしながら選びましょう。サポートの有無やSEO対策ができるかどうかも、大切なチェックポイントです。
このようなチェックポイントは初めて作成するときはもちろん、更新を重ねていく中でも重要です。ホームページは作成して終わりではありません。定期的に改善や更新を行い、より魅力的なホームページへ進化させていきましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。