いろいろなサイトを訪問しているうち、「自分もホームページを公開してみたい」と思ったことがある方も多いでしょう。ですが、ホームページを作成するための具体的な準備や手順がわからず、困ってしまうかもしれません。本記事では、ホームページを公開する方法や、公開後に維持・運営していくための情報などについて整理してお伝えします。今からホームページを作成しようとしている方はぜひご覧ください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページを公開するまでの流れ

ホームページ公開においては、大まかに以下のような流れがあります。

  • ドメインを取得する
  • サーバーを借りる
  • 作成したホームページをサーバーにアップロードする
  • ホームページを公開する

ドメインはホームページの住所のようなものに該当します。自分で見つけた場所に、「ここにホームページを作ります。」と宣言するようなイメージです。しかし、宣言するだけではなく、現実で家を建てる場合の土地にあたるものも確保しなければなりません。
インターネット上では、サーバーが該当します。一般的にはサーバーはレンタルするもので、月々の使用料を払い借り受けます。さまざまな会社がレンタルサーバーのサービスを提供していますが、定番とされているものでは月額1,000円ほどかかります。住所と場所が決まったらホームページを作成し、サーバーにアップロードします。このような流れでホームページを公開できます。

ドメインを取得する

まずはホームページ作成には欠かせないドメインについて詳しくご紹介します。ドメインはホームページのURLに使われるもので、「https://〇〇.com」の「〇〇.com」の部分にあたるものです。ドメインは「.com」以外にも「.net」や「.org」「.jp」などがあります。

ドメインには有料のものと無料のものがあります。無料のものは企業等が所有するドメインを借りている(住所を間借りするイメージ)ようなもので、個人使用においては問題ないことも多いですが、ビジネスで使用するのであれば、有料の独自ドメインを作っておくことをおすすめします。

ドメインは将来的に信頼性に大きく関わるものですので、ホームページが大きなサイトに成長したとき、無料のもので作っていると不利になってしまうこともあります。ですので、初めから独自ドメインを作成することをおすすめします。ドメインにはたくさん種類があって選ぶのが難しいと感じる方は「.com」を選んでおくのが良いでしょう。

「○○ドットコム」といった文言を耳にしたことがあるかと思いますが、ドメインのなかでも特に利用者が多く、無難だからです。

ドメインを取得する際には「お名前.com」や「Xserverドメイン」などで作ると良いでしょう。有料ドメインを作ったとしても、一般的なものは年間1,000~2,000円程度から利用可能で、そこまで大きな出費にならないので安心です。

ドメイン取得の際には、63文字以内の範囲で英数字+ハイフンを組み合わせ、自分の好きな文字で作成可能です。とはいえ、内容に全く関係性のない文字を入れてしまうと、何を目的としているホームページなのかがわかりにくくなってしまうので記載する内容やビジネスに関連するキーワードを使ってドメインを作成するのが良いでしょう。

サーバーを契約する

ホームページをアップロードするためにはドメインだけではなく、サーバーも必要です。サーバーとはホームページを公開する際に必要なデータを格納するスペースを提供し、同時にWebページをコンピュータ上に表示するための装置だと考えるとわかりやすいでしょう。

サーバーは機器やソフトを購入して自身で構築することもできますが、準備するための費用や維持運営の手間がかかるため、レンタルサーバーの利用を推奨します。

レンタルサーバーとは文字通りサーバーを貸し出すサービスのことです。月々の利用料を払うことで、サーバーを使えるサービスです。多くの会社からさまざまな料金体系で提供されているので、自分の使う用途によって選びましょう。たとえば安さ重視のプランにするのであれば、「ロリポップ」が良いですし、高い性能を求めるなら「Xserver」などがおすすめです。

レンタルサーバーを借りる際に考慮すべきポイントは4つあります。

  1. 容量
  2. 費用
  3. セキュリティ対策
  4. 常時SSL化

容量が大きくなれば費用も高くなります。ここは「どのくらい使用するのか。」「どのくらいの費用がかけられるか」を基準にして考えるとして、セキュリティ対策と常時SSL化に関してはしっかりと押さえておく必要がありそうです。

セキュリティ面で安心できないサーバーを使用してしまうと、情報漏洩やトラブルの連続など、何が起こるかわからないため、信頼できるレンタルサーバーを利用しましょう。有名なサーバーであれば、基本的には情報漏洩などのリスクは少ないので、有名どころを利用すると良いでしょう。

また、常時SSL化ができるかも重要なポイントです。詳しくは後述しますが、これもサイトの信頼性に関わることなので、常時SSL化できるサーバーを選んで損はありません。

そのほかに、アフターサポートの充実度合いも重要なポイントです。初心者のうちはわからないことがたくさん出てきます。その際にしっかりと対応してくれるレンタルサーバーを選ぶのが良いでしょう。

常時SSL

常時SSLとは、サイト全体をSSL化することを示します。つまりはhttps「s」がつくURLのことを指します。最近は常時SSL化が重要になってきました。なぜなら、SSL化されたWebサイトはセキュリティが高いことを意味するので、信頼性があるサイトとして扱われるからです。

以前はSSL化するページはクレジットカード情報を記入するページや、パスワードを入力するページなど、セキュリティ対策を徹底しなければならないページにだけSSL化処理をするのが主流でした。しかし、近年では大手サイトのGoogleやYahoo!、Twitterなども常時SSL化しており、インターネット全体のトレンドになりつつあります。

実は、常時SSL化していないと、アクセスに関してもデメリットがあります。2018年にリリースされたGoogle Chrome 68からSSL化されていないサイトには警告表示が出るようになりました。警告を見たユーザーの信用が落ちるのは目に見えています。安心して閲覧してもらうためにも、SSL化は重要なのです。

FTPクライアントソフト

FTPクライアントソフトを使ってサーバーにアップロードします。このソフトウェアは、FTPという仕組み使ってサーバーとクライアントを接続します。FTPソフトは有料のものもありますが、基本的には無料で大丈夫です。
「FileZilla」「FFFTP」「WinSCP」などのソフトが利用できます。しかし、FTPクライアントソフトを使わなくても良い方法もあります。それは、HTML・CSSで作らない場合です。ホームページ制作ソフトやCMSを使って作成すると、管理画面から直接アップロードができる場合もあるので、必ずしも必要になるわけではありません。

ホームページの目的やテーマを決める

ホームページを作る前にどんな目的でどんなページを作るのか細かい部分まで考えましょう。たとえば、広告収益目的なのか、集客目的なのか、それとも純粋に伝えたいことを掲載する範囲に収めるのか、などを明確にする必要があります。なぜならホームページによって必要なコンテンツや機能は全く異なるからです。ホームページ作成と一口にいってもさまざまな種類・役割のサイトがあります。以下ではホームページの種類について記載していますので、ご自身の作りたいホームページに近いものを探してみましょう。

  • コーポレートサイト

コーポレートサイトとは企業を紹介するためのページです。主に企業のPRをするので商品を販売するためのコンテンツはあまり必要ありません。それよりも会社の理念や会社概要、事業の紹介などを掲載していきます。コーポレートサイトで必要なのは「安心感」です。信頼できるコーポレートサイトを作るためにはデザインやユーザビリティが重要になってきます。

  • サービスサイト

サービスサイトは企業の商品を販売するためのもので、新規顧客の獲得や、販売促進が目的になります。そのため、商品をプロモーションするページが必要になってくるでしょう。商品を購入する人の顕在ニーズや潜在ニーズに触れるコンテンツを作り、資料の請求や注文予約を増やすことがサイトのゴールです。「サービスの紹介」「特徴・メリット」「サービスの概要」などがコンテンツとして挙げられます。

  • ECサイト(ホームページ上で商品を購入できるサイト)

ECサイトはホームページ上で直接販売する通販用のサイトのことです。Amazonなどがわかりやすい例です。オンライン上で決済が行えるので直接の利益に関わります。売り上げアップが最終目的のサイトです。比較的高度な機能が必要になり、たとえば「会員登録機能」「オンライン決済機能」「ポイント割引機能」など、個人で実装することが難しい機能を搭載しなければならないので、制作会社に依頼するケースがほとんどになるでしょう。

  • プロモーションサイト

商品やサービス、イベントなどのプロジェクト認知度を上げる目的で作られるサイトです。期間限定の商品やイベントを紹介するなど特定の期間で行われるものになるため、永続的に公開され続けることは想定されません。

  • ブランティングサイト(ブランドイメージ構築のため)

ブランディングサイトは商品や会社のブランドイメージを上げるためのサイトです。コーポレートサイトでは紹介しきれない部分を表現するサイトです。たとえば、商品やサービスが複数あって、1つのサイトにまとめることが難しい場合には、1商品、1サービスに1サイトがあてられることもあります。

  • 採用・リクルートサイト(採用のため)

人事採用・リクルート専用に作られるサイトです。対象者が求職者のみの特化サイトになるので、探している人にマッチする情報を余すことなく載せられる、訴求力が高いサイトです。求職者が企業のホームページに訪れたときは、カスタマー向けの情報が主に記載されているため、会社がどのような取り組みを行っているかなどがあまりわかりません。しかし、採用・リクルートサイトを訪れれば求めている情報が記載されているため、意識のズレを最小化できるというメリットがあります。

ホームページ作成方法

最後に、ホームページの作成方法について触れます。ホームページ作成の方法としては個人で作成する方法と、専門業者に外注する方法などがあります。ここでは3つの方法を記載します。

  • HTML

テキストエディタを使って、HTMLやCSSを直接書き込んでいく方法です。ホームページ作成においては一番オーソドックスな方法になりますが、相当な専門的知識が必要なので、専門業者に依頼するのが良いでしょう。しかし、仮に自作できる場合は制作段階で費用が全くかかりません。とはいえ、趣味で学習するのは良いですが、相当な時間を要することは把握しておく必要があるでしょう。

  • ホームページ作成サービス

ホームページ作成サービスや専用のソフトを使うと、初心者でも簡単に作成することが可能です。専門知識は全く必要ありません。有名なものとしては「ホームビルダー」や「Dreamweaver」、「SIRIUS」などがあります。ホームビルダーは初心者向けで、初めてでも直感的かつ簡単に使用できます。初期費用は少しかかりますが、買い切り型の場合はランニングコストなどがかからないので、初期投資として導入してみても良いでしょう。サブスクリプション型のサービスを利用する場合、継続してコストが発生しますが、常に最新の環境が手に入ります。

  • CMS

CMSとは「Contents Management System」の略であり、コンテンツ管理システムのことです。デザイン・レイアウト情報を管理できます。たとえばコンテンツを作る際に文章を入力すると、自動的に既存のレイアウトに当てはめ、自動生成してくれます。有名なものとしては「WordPress」があります。無料で使えることもあり、世界でも日本においてもシェア率はトップなので、CMSを使うならWordPressを使うのがおすすめです。デザインの自由度も高いため、幅広いにニーズに対応可能です。

ホームページの公開手順

必要な準備ができたら、ホームページの公開をしましょう。
以下の手順で公開します。

  • サーバーの管理画面にログイン 

サーバーの管理画面にログインして、サービスが正常に作動しているか確認しましょう。各種サーバーパネルにログインし手続きします。サーバーの管理画面に正常にアクセスできれば問題はありませんが、ログインできない場合にはパスワードが間違っている可能性があります。ホームページ作成においては多くのパスワードを管理することになるので、混乱してしまっている可能性が高いです。こういったミスを防ぐために、サーバー管理画面のパスワードや、その他パスワードはメモを取るか、スクリーンショットなどをして、セキュリティにも考慮しながら適切に保管・管理しておくと良いでしょう。

  • FTPクライアントソフトを利用してサーバーへのアップロードテスト

サーバーに完成したデータをアップロードできるか確認する作業に移ります。最初から運用予定のサーバーにホームページをアップロードするとエラーなどの問題が発生した場合に対処が複雑になることが多いため、テストサーバーに上げるのがおすすめです。設定が終わったら、テストで適当なデータを送信してみます。画像や文字要素をアップロードして、ブラウザで正常に閲覧できたら成功です。

  • ドメインの設定 

取得したドメインを設定する作業です。初期ドメインのまま利用する場合には省略できる工程ですが、独自ドメインを取得した場合には、取得したドメイン提供会社の案内に従って設定します。一般的にはドメイン管理画面にアクセスして作業を行います。ドメインを設定してから反映まで48時間程度かかってしまうこともあるので、少し待つ必要があります。また、マルチドメインを設定すれば1つのサーバーで複数のホームページを運用できるようになるので、複数ページを作成する場合には、あわせてマルチドメイン設定をすることも検討しましょう。

  • ホームページのアップロード

ドメインに対応するホームページのデータをアップロードします。アップロードした際に、Web上でも同じように表示されれば成功です。ファイル転送においては、エラーが起こることがあります。多くの場合は入力しているFTPサーバー・接続先の指定に誤りがある場合や、ログインパスワード入力ミスをするなど、単純なミスが原因です。自分の入力した情報が本当に正しいものかを再確認してみましょう。また、まれにFTPソフトの使用環境が原因でサーバーへ送れない場合もあります。この場合の対処法として、FTPソフトの設定がパッシブモードになっているか、などを確認しましょう。

  • SSLの設定 

利用する各種サービス、提供会社によって設定方法は異なります。近年ではSSL化がほぼ必須になっており、SSL化していないサイトにアクセスしたときには警告が表示されるようになったので、可能な限り設定するようにしましょう。SSL化が設定できたら「http://」を「https://」に変換して検索してみます。その状態で正常にアクセスができたら成功です。しかし、これで終わりではありません。この時点では、「http://~」と「https://~」両方のURLでアクセスできてしまう状態になっており、SEOの観点ではあまり良くありませんので、「http://~」で検索・表示された場合に「https://~」に転送する仕組みである、ドメインリダイレクト機能を使いましょう。

その他に必要なこと

ホームページの公開にあたり、集客するために覚えておきたいツールや対策をご紹介します。

登録・導入しておきたいもの

ホームページを作成した後には、いくつか導入しておくべきツールがあります。ホームページの集客がうまくいっているか、顧客の反応はどうかなどを確認するツールですので、ぜひ導入しましょう。

  • Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスに登録すると、自分の店舗などがGoogle検索やGoogleマップ、Google+で表示されるようになります。たとえば、レストランを運営していて東京駅付近に店を構えているなら、レストラン 東京駅」と検索すると表示されやすくなります。Googleマイビジネスに登録すると、集客にも非常に効果があるので、実店舗を構えている場合にはぜひ登録しておくようにしましょう。登録する際に必要な情報は、店舗名・住所・ビジネスタイプ・ビジネスカテゴリ、であり、自身のWebサイトを登録することもできます。

  • アナリティクスを導入する

Googleアナリティクスを用いると、自身のサイトの状態を詳しく確認できます。具体的には

  • ホームページにどのくらいアクセスが集まったか
  • ユーザー使用デバイスの種類(PCかスマホかタブレットか)
  • ユーザーが訪れた方法(Google検索、広告、各種SNSなど)


がわかります。日々の状態を数値化し確認できるので、たとえば、A/Bテストと呼ばれる調査を行った後に、ユーザーの反応が上がったか下がったかなどを確認する手段として使えます。また、導入は無料なのでデメリットはほぼないといえるでしょう。

アナリティクスの導入においては管理画面のプロパティから「新しいプロパティを作成」します。その後トラッキングコードが送られてくるので、ホームページに貼り付けると導入が完了します。

  • サーチコンソールを導入する

サーチコンソールはGoogleからの評価を測ることができるツールです。たとえば

  • ページが表示されている順位
  • クリック率
  • 掲載順位

などを確認可能です。また、どんなキーワードで流入してきたかがわかるので、狙ったキーワードが正しいかどうかを判断できます。さらにはホームページの問題点を知ることもできるので、ホームページ改善に大きく役立つツールです。こちらもぜひ導入しましょう。

Googleアカウントでログインし、「プロパティの追加」を選択。HTMLタグをコピーし、HTMLコードを自身のサイトに埋め込みます。すると所有権が認証され登録が完了します。

SEOの設定

ホームページを公開するなら、SEO設定を忘れてはいけません。ホームページは公開しただけではだれにも見られていない状態です。そのため、ユーザーに認知させる必要があります。
SEOの内部対策・外部対策を徹底することで広告を打ったときのように、ユーザーに知らせることができるようになります。以下で詳しい対策についてご紹介します。

  • タイトルの設定

SEOで欠かせないのがタイトルです。ページ内に同じタイトルのものがあるのはSEO的に良くありません。必ず、異なるタイトルをつけましょう。

タイトルは検索エンジン上で32文字表示されます。その範囲内でSEOキーワードを含めたタイトルにしましょう。ユーザーが得たい情報を的確に表しているタイトルをつけることが、SEO的にも良いです。端的にわかりやすく、かつ興味深いタイトルをつけるようにしましょう。

  • ディスクリプションの設定

ディスクリプションはタイトルの下に表示される短い文章のことです。ユーザーはタイトルと同時にディスクリプションを読むので、興味や関心を引くものにしましょう。120文字前後で表示され、この文章を読んでユーザーは見るかどうかを判断するので、本文の要約を120文字以内で行うのがおすすめです。もちろん検索キーワードを含めるとSEO的にも良いので、3語程度を不自然にならないように含めるようにしましょう。

  • 見出しタグの設定

見出しタグとは「hタグ」のことです。「h1」「h2」「h3」というように、数字が小さいほど優先度が高くなります。もっとも優先度が高いのは「h1」ですが、「h2」も重要なタグです。そのため、これらのタグにはなるべくキーワードとサジェストワードを入れるようにしましょう。

  • 良質なコンテンツの作成

SEOばかりに気を取られてはいけません。あくまでユーザーのニーズを満たすことを最優先する必要があります。事実「Googleが掲げる10の事実」によると、「ユーザーに焦点を当てれば、他のものはみな後からついてくる。」と明記されていますので、この事実からもユーザーファーストが求められていることがわかります。テクニックだけに頼ったSEOは望ましくないということを理解しておく必要がありそうです。

まとめ

本記事ではホームページ公開の流れや、準備しておくべき事項についてご紹介していきました。ドメインやレンタルサーバー、常時SSL化など準備することはたくさんあります。「ホームページを作成するのはこんなに大変なのか。」と感じた方も多いかもしれません。しかし、一つひとつを着実に積み重ねていけば、それほど難しいものではありません。本記事でご紹介した手順を参考にして、ぜひ、ホームページを公開してみてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。