ホームページを開設しているものの、集客がうまくいかずに悩んでいる企業は少なくありません。ホームページは適切に運用することではじめて集客が可能になります。
本記事では、ホームページを使った集客方法や、失敗の原因などについて解説しています。現在、ホームページからの集客に問題を抱えている人は、ぜひ参考にしてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページを活用する目的

ホームページを開設する目的は、企業によってさまざまです。ホームページは、一般的には資料請求や問い合わせ、商品販売の窓口、イメージアップ、集客の促進などに利用されています。

資料請求や問い合わせ

資料請求や問い合わせの窓口として、ホームページを活用している企業は数多くあります。ホームページなら、24時間365日体制で機能するため、将来の顧客になるかもしれない人と接触する機会を逃すことがありません。また、オンラインの窓口を設置することにより、電話が苦手な層も取り込めます。

商品・サービスを販売したい

店頭だけではなく、ホームページでも販売することで、新しい顧客の獲得が可能です。ホームページでの販売には、お店に足を運べない人にもリーチできるというメリットがあります。

資料請求や問い合わせ同様、24時間365日、商品やサービスの販売ができることもメリットです。スムーズな取引を実現するために、受注から発送までのシステムをしっかり整えておきましょう。

企業の認知度向上・イメージアップを図りたい

ホームページは企業のブランディングにも活用できます。ブランディングにより企業の認知度向上やイメージアップに成功すれば、集客や売上の拡大、企業としての価値を高めることが可能です。

テレビCMや新聞広告は、以前から使われているブランディング媒体です。しかし、これらの媒体の利用には莫大な費用がかかります。ホームページはその点、費用対効果が優れているといえるでしょう。

店舗への集客を促したい

折込チラシやポスティング、店舗前での声かけなどは、今も有効な店舗への集客方法です。広告宣伝費を潤沢に使える企業であれば、テレビやラジオのCMを利用するという手もありますが、多くの店舗にとっては現実的な方法ではありません。そこで活用したいのがホームページです。消費者の興味を引くコンテンツを充実させることで、集客へとつなげましょう。飲食店などの場合は、予約システムの実装も効果的です。

集客できないホームページによくある失敗例

ホームページがあるのに、まったく集客につなげられていない企業や店舗はたくさんあります。もし、以下でご紹介する内容に思い当たる節がある場合は、今後もそのままにしていては集客につなげられません。

ホームページの目的(ゴール)を決めずに作っている

ユーザーに自社のことをよく知ってもらいたいからと、ホームページにさまざまな内容を盛り込みすぎていませんか?これは、よくある失敗のパターンです。

「商品の購入」「予約」「認知度向上」など、きちんとホームページの目的を決めることが大切です。ゴールが明確になっていないホームページでは、ユーザーも具体的な行動を起こせません。

ターゲットが決まっていない

ターゲットが明確になっていないと、誰に何を伝えたいのかまったくわからないホームページになってしまいます。これでは当然、ホームページは誰の心にも響かないので、訪問者も具体的なアクションを起こせません。

まずは、ターゲットを明確に設定して、そのうえでコンテンツの制作を行いましょう。「20代前半の女性で美容に興味がある人」のように、より具体的なペルソナを設定することが大切です。

見た目のデザインが良いだけになっている

デザインの良さは集客とは無関係です。地味なデザインでも集客に成功しているホームページはあります。見た目もある程度は重要ですが、それ以上にコンセプトやコンテンツが重要です。

見た目ばかり気にしてしまうと、複雑で使いにくいホームページになってしまうことがあります。見た目だけでなく、使いやすさや視認性、コンテンツ作りに注力しましょう。

作って満足してしまい、更新していない

これもよくあるパターンです。集客を成功させたいのなら、コンテンツを更新しなくてはなりません。更新頻度が少ないと、検索エンジンでも上位表示されにくくなってしまいます。

ホームページは、定期的に更新しつつ、中身を改善することが大切です。適宜、コンテンツの入れ替えや追加を行い、訪問者を飽きさせない工夫も求められます。必要に応じて、運用専門の部署を立ち上げるなどして、更新作業やコンテンツ制作に力を入れましょう。

自社の商品・サービスの魅力が伝わらない

ホームページで集客して自社の商品やサービスを販売するのであれば、まずはそれらをしっかり知ることが重要です。そのうえで、詳細説明だけにはとどまらず、商品やサービスの魅力を伝える必要があります。ただ説明するだけでは、競合の多い中で優位には立てません。他社との差別化も意識しつつコンテンツを充実させましょう。

アクセス解析をしていない(PDCA)

アクセス解析をしていないと、ホームページの現状を把握できません。定期的にアクセス解析を行い、アクセス数や流入ルートなどをチェックしましょう。

アクセス解析ツールは、ただ導入するのではなく、ホームページの分析に利用しながらPDCAを回すことが大切です。PDCAを繰り返すことにより、アクセスの集まりやすいホームページへと成長させられます。

なお、アクセス解析ツールには無料のものと有料のものがありますが、最初は無料のものでも十分です。最近は、無料ツールでも高度な解析が可能なので、まずは試してみて、必要に応じて有料ツールの導入を検討するといいでしょう。

流入経路ごとに設計ができていない

ホームページへの流入経路はいくつもあります。検索エンジンで検索してアクセスしてくる人もいれば、SNSや外部リンクからアクセスしてくる人もいます。

自然検索による流入だけに頼るのではなく、複数の流入経路を設計し、複合的に組み合わせることにより、アクセスアップは実現できます。うまくホームページまで誘導する仕組みを作ることが重要です。

ユーザーが訪れる6つの流入経路

先述のとおり、ホームページへアクセスしてくる人の流入経路はさまざまです。ここからは代表的な6つの流入経路について解説します。

検索

検索エンジンからのアクセスです。検索されたとき、ページの上位に表示されれば、アクセスにつながる可能性はより高まります。常に上位表示されるようになれば、広告に頼らなくてもアクセスは増えていくことでしょう。

SNS

SNSから流入につなげるパターンです。有益な情報を発信してユーザーの興味を引くだけではなく、SNS広告やシェアによる拡散など、さまざまな方法でアクセスアップを図れます。SNSによってユーザーの年齢層や属性が異なるため、それぞれのSNSに合わせて戦略を立てることが重要です。

リファラル

リファラル(referral)には「紹介」という意味があります。ほかのブログやWebサイトなどでホームページが紹介され、アクセスにつながるケースがこれに該当します。かつては相互リンクを増やす方法が推奨されていましたが、Googleのアルゴリズムが変化した現在では、相互リンクは推奨されません。

ダイレクト

ホームページがお気に入りに登録されていて、そこから流入につながるケースです。ユーザーがお気に入りに登録しているということは、まさしく気に入ってくれているか、頻繁に利用している証しです。検索からのアクセスが通りすがりのお客様だとすると、ダイレクトは固定客のようなものです。

その他

その他の流入経路もあります。たとえば、チャットサービスやアフィリエイト、メルマガ経由での流入です。また、QRコードやURLの直接入力によるアクセスもこちらに分類されます。

広告

広告には、検索に連動して表示されるリスティング広告をはじめ、ディスプレイ広告やリターゲティング広告などが含まれます。広告がその内容に興味を示したユーザーにクリックされると、ホームページに流入する仕組みになっています。

ホームページに集客するための方法

ホームページへの集客方法には、無料でできるものもあれば、有料のものもあります。

無料でできる方法

「できるだけお金をかけたくない」「集客に割けるコストが少ない」といった場合は、無料で試せる方法から始めてみましょう。以下に代表的なものをピックアップしました。

SEO(検索エンジン最適化)

SEOとは、特定のキーワードで検索されたときに、検索結果の上位に表示されるように対策することを指します。キーワードの選定が重要ですが、それ以外にも良質なコンテンツの作成、システム設計も大切です。

特にコンテンツの質は、Googleが最も重視している要素です。コンテンツの数を増やすだけではなく、消費者のニーズを満たせるような、良質で有益な情報を発信しなくてはなりません。SEOは奥が深いため、最低限のSEOを自社で行い、あとは業者へ依頼するのもひとつの方法です。

SNSへの投稿(Twitter・Facebook・LINE・Instagram・YouTube)

SNSにはそれぞれ特徴があります。代表的なSNSには、どのような特徴があるのでしょうか。

  • Twitter

Twitterは、10~20代の若いユーザーが多いSNSです。ターゲットがこの層なら、Twitterはとても有効な集客ツールになります。

Twitterでは、140文字以内の短文と画像、動画などを投稿できます。発信できる情報量が少ないため、伝えたいことを端的にまとめることが大切です。Twitterにはリツイート機能があるため、爆発的な情報拡散を狙えます。

  • Facebook

Facebookは、世界中に多くのユーザーを持つSNSです。Facebookには、企業用のページを簡単に作れる機能が搭載されているほか、検索で上位表示されやすい「SEOへの強さ」があります。したがって、Facebookはビジネス向きのSNSだといえるでしょう。

Facebookは実名登録が原則なので、ほかのSNSよりも「信頼感」があります。ビジネスの情報を無料で発信できるため、運用するうえでのハードルが低いことも特徴的です。ただし、Facebookのユーザーは新鮮な情報を求める傾向があるため、コンテンツをまめに更新する必要があります。

  • LINE

コミュニケーションツールとして浸透したLINEは、集客に効果的なツールでもあります。LINEでは企業の公式アカウントを開設可能です。ここで友達登録してもらうことにより、ユーザーにさまざまな情報をダイレクトに発信できます。

チャットを使えば、ユーザーと個別にやり取りができることもLINEの特徴です。ポイントカードやクーポンなど、集客に役立つアイテムも発行できます。LINEはユーザーと気軽にコミュニケーションがとれるため、ユーザーとの間に親近感を醸成しやすいツールです。

  • Instagram

Instagramは、写真や動画の投稿に特化したSNSです。Instagramは20~30代の女性を中心に人気があるため、この層をターゲットとする企業に適しています。

Instagramでの集客で最も重要なのは、写真や動画のクオリティです。美意識の高いユーザーも多いため、見栄えの良い写真や動画で目を引く必要があります。修正や加工などの編集も求められますが、さまざまなエフェクトが用意されているため、最初から高度な編集ソフトを用意する必要はありません。

  • YouTube

YouTubeは、世界一の動画投稿サイトです。再生回数に応じて広告料が入る仕組みがあり、うまくいけばプロモーションだけではなく、広告収入を得ることも可能です。

動画を使うと、商品やサービスについて、ユーザーによりわかりやすく説明できます。また、動画を企業のイメージアップやブランディングに利用することも可能です。ただし、YouTubeでは、投稿ルールが細かく定められているため、それに沿った動画を制作する必要があります。

プレスリリース・ニュースリリース

プレスリリースやニュースリリースは、新聞社や出版社などに情報を発信し、取り上げてもらうことを狙う集客方法です。メディアは日々、情報を探しています。特に著名なメディアに情報を取り上げてもらえれば、情報は爆発的に拡散するでしょう。多くの人の目に触れるため、集客や売上増も望めます。ただ、メディアで取り上げてもらうためには、メディアにとってもユーザーにとっても有益な情報を提供しなければなりません。

コンテンツマーケティング

近年、トレンドとなっている集客手法がコンテンツマーケティングです。ユーザーの役に立つ有益な情報を積極的に発信し、企業のファンを増やして集客や売上増につなげる手法です。

コンテンツマーケティングでは、魅力的で有益なコンテンツを特定のターゲットに提供することにより、見込み客からファンへと育てていきます。このプロセスのうち、最も重要なのはコンテンツの制作です。常にユーザーの目線や立場を考慮し、どのような情報を欲しているのかを理解したうえで制作しなくてはなりません。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、自社で運営しているメディアのことです。自社サイトやブログのコンテンツにより、長期的な視点で見込み客の獲得やファン化、他社との差別化を目指します。

オウンドメディアで発信するのは、主に自社のターゲットが求めている情報です。たとえば、スキンケア用品を扱う会社なら、「肌荒れを防ぐ方法」や「スキンケアの方法」など、自社の商品やサービスに関連した情報です。ターゲットにとって有益な情報を発信しつつ、信頼関係を築き、ファン化を進めて集客に結びつけます。

オウンドメディアは長期的な資産になるので、良質なコンテンツを積み重ねていくことが重要です。これにより、Googleからも評価されやすいメディアが作れます。

有料の方法

プロモーションに使える費用が潤沢にある場合や、短期間で成果を出すことが目標の場合は、有料の集客方法も視野に入れましょう。基本的には、広告を中心にプロモーションを展開します。

SNS広告

SNS広告とは、各ソーシャルメディアで利用できる広告のことです。TwitterやFacebook、Instagramなど、あらゆるSNSで広告サービスがリリースされています。

SNS広告の魅力は、細かいターゲティングが可能なことです。年齢や性別、職業など、詳細な設定を行うことにより、ピンポイントでターゲットに広告を配信できます。また、SNS広告には、広告が「シェア」や「いいね」されることで、自社の商品やサービスに興味がなかった人を見込み客として取り込めるというメリットもあります。

リスティング広告

検索連動型広告のことです。あらかじめキーワードを設定しておくと、ユーザーがそのキーワードで検索したときに、ページ上部に広告が表示される仕組みになっています。

リスティング広告では、クリック課金システムが採用されているため、費用が限られていても広告を運用できます。クリックされてはじめて課金されるため、上限さえ決めておけば、予算に応じた広告運用が可能です。

リスティング広告は即効性も期待できます。SEOは効果が出るまでにそれなりの時間が必要ですが、リスティング広告なら短期間で成果を上げることも可能です。

ディスプレイネットワーク広告

ディスプレイネットワーク広告は、広告配信システムを利用したサービスです。特定のWebサイトの広告枠に配信でき、テキストだけではなく、動画や画像などのコンテンツも配信できます。

ディスプレイネットワーク広告では、広告を配信するサイトのほか、ターゲットも設定可能です。費用対効果や広告の無駄打ち防止という点でも、ディスプレイネットワーク広告は優れているといえます。

アフィリエイト

アフィリエイト広告は、アフィリエイターの運営するサイトやブログに広告を配信する手法です。成果報酬型やクリック報酬型、固定報酬型、表示報酬型などさまざまな課金タイプがあります。

費用対効果の高さは、アフィリエイト広告の大きな魅力です。成果報酬型の課金タイプを選べば、成果に応じた費用しか発生しないため、無駄がありません。ただ、広告を配信するパートナーサイトによっては、誇大広告や不正行為といったリスクがあります。

純広告

純広告は、古くから活用されてきた「広告らしい広告」のことです。純広告には看板などのフィジカルな広告も含まれますが、ネットに限定するならば、ポータルサイトなど、知名度の高いサイトへの広告と考えるとわかりやすいでしょう。

純広告でよく使われるのはバナー広告や、画像とテキストを用いたネイティブ広告です。不特定多数の目に触れるため、認知度アップや潜在顧客の掘り起こし効果が期待できますが、まとまったお金がかかるというデメリットがあります。

目的別ホームページ集客方法の選び方

すぐにでも集客に結びつけたい、中長期的な視点で集客したいなど、企業によって思惑はさまざまです。ここでは、ホームページへの集客方法の選び方について、目的別に解説します。

即効性を求める場合

即効性を求めるのなら、SEOでアクセスアップを狙うことはおすすめしません。SEOの効果は、すぐには表れないからです。そのため、このケースで最もおすすめなのは、有料広告です。

中でもリスティング広告は、選定したキーワードや投入する費用によって、効率よくページ上部の広告枠へ配信できるのでおすすめです。多くの人の目に触れるため、短期間での劇的なアクセスアップも期待できるでしょう。

中・長期的に集客したい場合

即効性を求めず、中・長期的に集客に取り組みたいのなら、SEO対策に力を入れましょう。適切なSEO対策を施すことにより、自然検索によるアクセスアップが見込めます。

オウンドメディアマーケティングもおすすめです。良質なコンテンツを積み上げる必要があるため、すぐには効果が表れませんが、長く続けることにより自社の資産として活用できます。コンテンツが充実すればSEOにも強くなり、アクセスも増えてくるでしょう。

しかし、良質なコンテンツを量産することは、簡単なことではありません。コンテンツの量産には、多くの人的リソースを割り当てる必要があります。これが難しい場合は、外部のライティングサービスを利用することも検討しましょう。

新規のアクセスが欲しい場合

顧客の新規開拓が目的なら、より多くの人にアピールできるSNSが効果的です。複数のSNSを複合的に活用することで、今まで自社の商品やサービスについて知らなかった人にもアピールできるでしょう。

プレスリリースの利用も検討してみましょう。メディアに取り上げてもらうのは、そう簡単なことではありませんが、実現すれば多くの人へアピールできます。インターネット上には、魅力的なプレスリリースの書き方を指南するサイトもあるので、参考にしてもいいでしょう。有料広告も新規のアクセス獲得に効果的です。

まとめ

ホームページへの集客を成功させるには、とにかくアクセスを増やす必要があります。そのためには、SEO、広告、コンテンツマーケティングなどを複合的に活用し、トライ&エラーを繰り返していきましょう。
ご紹介してきたように、集客の手法は目的によって使い分ける必要があります。目的を明確にしたうえで適切な戦略をチョイスして、ベストな結果につなげましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。