近年ホームページで集客、利益を上げるマーケティング手法が確立されています。現在のホームページが古いままだと、顧客の減少につながる恐れもあります。本記事ではホームページをリニューアルするタイミングやメリット、リニューアル前後の手順について紹介します。現在のホームページを刷新したい方はぜひ参考にしてみてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

目次

ホームページをリニューアルすべきタイミング

ホームページのリニューアルを考えるタイミングは、主に以下の3点が挙げられます。

  • 見た目が古いと感じる
  • 機能性が乏しい
  • アクセスが増えない

これらの悩みを感じた場合にはホームページのリニューアルを検討しましょう。この状態をそのまま放置しておくと、顧客満足度の低下にもつながります。ホームページのデザイン・機能性は毎年成長の一途を辿っているため、4〜5年おきにサイトリニューアルを検討してみるのがよいでしょう。

リニューアルするメリット

ホームページをリニューアルすることで得られるメリットは以下の通りです。

  • ユーザビリティの改善
  • サイトに新しい機能を追加
  • 企業のイメージアップ
  • SEO上位表示

ホームページは企業の顔といっても過言ではありません。「上位に表示されている企業が有名企業である」「新しいことを積極的に取り入れ、時代の最先端を走っている」とユーザーが感じることもあるでしょう。ホームページをリニューアルすることで、間接的に企業イメージの向上につながるともいえます。

リニューアルの進め方

きちんとした計画を立てずにいきなりリニューアルを進めるのではなく、まずはリニューアルの手順を入念に決めましょう。そうすることで完成したときに理想とかけ離れたものになってしまうことも防げます。家を建てると同じで、設計士が先に図面を作るように、ホームページ制作においても最初にリニューアルの道筋をしっかり決めておきましょう。続いては基本的な9ステップでリニューアルの手順を細かく紹介していきます。

現状の分析

現在起こっている問題点や改善すべき点を把握するプロセスです。何をどのように変えたいのかを明確にします。たとえば「商品がなかなか売れない」「顧客がなかなか増えない」などといった問題が発生している場合には、そもそものターゲットを変えてみる必要があると分析できるでしょう。

このようにして、まずは現状の問題点を洗い出しましょう。このプロセスが正確にできていないと、完成までの方向を見失ってしまうため、正確に現状を分析することが鍵となります。

目的とターゲットの再設定

ホームページのリニューアルと同時に、目的とターゲットを再設定します。「サイトのアクセス数を増やしたい」「業務を効率化したい」「新規顧客を獲得したい」など目的は様々でしょう。目的に合わせて、どのようなターゲット層に訴求していくのかを入念に考えていきます。

くれぐれも、目的が「ホームページリニューアルをすること」にならないようにしましょう。結局リニューアルは手段でしかないので、リニューアルによって何をどう変えたいのか、明確にすることが大切です。

制作業者の選定

目標が明確になったら、それにマッチするWEB制作業者を決めましょう。WEB制作業者はたくさんありますが、それぞれの業者によって得意分野が異なります。SEOに詳しい、マーケティングが専門、デザインに優れている、システム構築が得意など、業者によって様々です。

たとえばSEO上位表示を狙っているのに、デザインが得意なWEB制作業者に発注した場合、目的と成果物が一致しないなんてことも考えられます。まったく意味のない依頼とまではいえませんが、目的がずれてしまうことにもつながるので、制作業者の選定は慎重に行いましょう。

プランニング

制作業者が決まったら、具体的なリニューアル内容をWEB制作業者と相談しながら決めていきます。制作業者はプロなので、ヒアリングを重ねることで最適なリニューアル方法を提示してくれるでしょう。このプロセスで大事なことは現状の問題点、目的、ターゲットを明確に伝えることです。

制作業者としては、どのような理由でリニューアルを検討しているのかがわからないと、制作に着手できません。意思疎通ができていないと、制作物の完成度が低くなることも考えられます。そのため最初に目的や、どのようなターゲットを狙っているか、また、現状の問題点は何かを明確に伝えましょう。

コンテンツの構成&サイトマップの作成

リニューアルの際には既存のコンテンツを見直すことが重要です。今あるコンテンツをそのまま移すだけでは、あまりよい効果が期待できません。リニューアルでデザインやターゲットを変えたのに、同じコンテンツのままだと質が低くなってしまうからです。今あるコンテンツは現行のホームページでは最適だったかもしれませんが、ペルソナが変わればコンテンツも変わります。

もちろんそのまま使えるものもありますが、新しく追加するコンテンツも当然出てきます。そこで必要なのがサイトマップです。サイトマップとは、ホームページ内のコンテンツを地図のように表したものであり、コンテンツがどのページにあるかをわかりやすくするものです。サイトマップを作って、残すもの、修正するもの、捨てるもの、新しく追加するものを整理しましょう。

ワイヤーフレーム制作

ワイヤーフレームとは、WEBページのレイアウトを決める設計図です。どこに何を表示させたいのか、以下のような大まかな構成を決めていきましょう。

  • ロゴはどこに配置するのか
  • どのような内容を表示したいのか
  • バナーやメインビジュアルなどのレイアウトはどうするか
  • レスポンシブデザインかスマートフォンサイトのみにするか

上記のような内容を、写真や文字要素などを省き、コンテンツ位置を決めていきます。

デザイン制作

いよいよホームページのデザイン制作が始まります。基本的にはWEB制作業者のデザイナーがデザインを提案します。ワイヤーフレームとコンテンツをもとに、デザイナーが制作を進めます。デザイナーとコミュニケーションを取りながら制作していくので、数週間〜数ヶ月程度かかると考えておいた方がよいでしょう。

また、デザインが決まってしまうと、後から修正することは難しく、この段階でデザインを完成状態にしておかないと、大幅な追加料金がかかることもあります。デザイン制作の段階でホームページが完成しているくらいのつもりで手掛けるようにしましょう。

コーディング・システム構築

デザインが完成したら、続いてはコンピュータに命令する「コーディング」作業に入ります。コーディングをすることで、初めて完成したデザインをコンピュータ上で表示できます。デザイン制作は仮のイメージのようなものであり、そのままではホームページの役割を果たしません。

HTMLやCSS、JavaScriptを用いてコーディングすることで、仮イメージから完成形に近づきます。またこの段階で、従来のホームページにアクセスしたときにエラーにならないよう、リニューアルサイトにきちんと飛ぶ「リダイレクト」という作業も同時に行います。

納品

コーディングが終わると最終確認作業に入ります。まずテストサーバーにアップロードして、問題が発生しないかを確認します。その後、本番のサーバーにアップロードする流れです。問題が発生せず、公開できればリニューアルは完了です。公開によって納品完了となるケースが多いでしょう。

ちなみに、テストサーバーでの確認事項がわからない場合には以下を参考にしてみてください。

  • 各種ブラウザで表示したときにデザインが崩れていないか(ChromeやSafari、Firefoxなど)
  • PC、スマートフォン共に表示されるか
  • マウスホバーやタブメニューのアニメーションが正確に行われているか
  • リンクのミスがないか
  • 文章のミスがないか(誤字脱字)
  • リダイレクトが正常に作動しているか
  • Google Search Consoleで警告が出ないか(こちらは公開後の確認です)

リニューアルにおける提案書の作り方

リニューアル提案書は、社内でホームページのリニューアルを提案する際に使用します。提案書がわかりづらいものだと、そもそもリニューアルのメリットが伝わらず、提案が通らないこともあるので注意が必要です。ホームページ制作に携わる人、そして誰が見てもわかるような提案書の作成を心がけましょう。

携わる人にリニューアルのコンセプトを共有するためにも、細部にまでこだわって作成するとよいでしょう。提案書制作のコツは、わかりやすい言葉で端的に説明できる資料を作ることです。たとえば、WEB制作業者からもらった見積書を見たとき、WEBに精通していない人だとわかりづらい記述に戸惑うこともあるでしょう。専門用語を使う際は、素人でもわかるような内容で提案することが大切です。具体的には以下をしっかり盛り込みましょう。

  • 現状ホームページの問題点
  • リニューアルすることでどのような結果が得られるか
  • 納期はいつ頃か
  • コストはどのくらいかかるか
  • どのようなデザインになるか
  • 制作業者の実績を紹介

リニューアルにかかる費用

ホームページ制作にかかる費用はどのくらいなのでしょうか。相場を知らない方にとっては、見当もつかないでしょう。結論からいえば、どのくらい制作するかによって相場はまったく異なります。トップページのみのデザインや、WordPress実装程度のものであれば、5〜10万円程度で制作可能ですが、そのほかのページも作成するのであれば、高額な費用がかかります。

数十万円程度から、数百万円まで幅広いものと捉えておきましょう。WEB制作は時代の変化に伴い、複雑になっている背景があるため、費用に関しては少し妥協も必要です。費用を安くして品質を抑えるか、費用をしっかりとかけて品質を上げるかは、社内協議等でしっかり話し合うことが大切です。

リニューアル時の注意点

ホームページをリニューアルすることで得られるメリットは大きいですが、注意点も少なからずあります。具体的にどのようなものがあるのか解説していきます。

権利関係の確認

既存のサイトを制作業者以外の会社に依頼してホームページを作る際には、画像、テキスト、WEBコンテンツそのものの権利が自社に帰属しているか確認しましょう。もし以前の制作業者に権利がある場合には、使用してよいのか許可を得たり、権利を譲渡してもらったりする必要が出てくるので、注意が必要です。

ドメイン変更のリスク

ドメイン変更によってブランドのイメージが下がる可能性があります。今まで積み上げてきた評価をゼロにすることになるので、こちらも注意が必要です。ドメインの変更はいつでもできるわけではないため慎重に対応し、リスクについても把握しておきましょう。

SEOについて

ドメイン変更によってドメインパワーが落ちるため、SEOの順位が一気に下がる可能性があります。対策としては301リダイレクト処理を行うことで、Googleの評価をそのままにリニューアルできます。

社内メールの設定

ドメイン変更に合わせて、社内メールも新しいものに変更した方がよいでしょう。その際には、旧ドメインのメールアドレスも、新ドメインのメールアドレスに移行するのがおすすめです。また、各種取引先にもメールアドレス変更の旨を伝えておきましょう。

名刺やパンフレットなどの刷新

ドメイン・メールアドレスを変更した場合には、社内パンフレットや名刺など各種グラフィックツールのURLや、メールアドレスを変更する必要が出てきます。WEB媒体であればデータ変更するだけで簡単ですが、印刷されたものはそう簡単にいきません。紙媒体の刷新にかかるコストも頭に入れておく必要があるでしょう。

URLの正規化について

Google Search Consoleで、URLの正規化を行いましょう。正規化しておかないと、検索順位における評価が分散する恐れがあるので、注意しましょう。

リニューアル後にするべきこと

続いては、リニューアル後にすべきことを紹介します。ホームページの目的は集客にほかならないので、公開後にも常にやるべきことがあります。PDCAをうまく回して目標のKPIを達成できるよう日々の改善を心がけましょう。今回は13項目に分けて紹介していきます。

プレスリリースの出稿

リニューアルした目的や今後自社がどのような進化を目指しているか、プレスリリースとしてきちんとしたメッセージを配信しましょう。

ソーシャルメディアで告知

SNSで告知することで、多くの人に拡散できます。現代ではSNSを使っている人口が、国内だけでも7,975万人にのぼるというデータがあります。これだけの市場があるメディアを使わない手はありません。具体的にはTwitterやInstagramなどでプレスリリースと同様に発信していきましょう。
参考:ICT総研 https://ictr.co.jp/report/20200729.html

KPIをモニタリングして、PDCAを回す

ホームページの各種KPIを設定し、目標に沿って成長できているのかを常に監視しながら、改善していきます。PDCAサイクルを回しながら、A/Bテストなどを行い、常に成長のための改善点を模索するようにしましょう。

身近なユーザーへのヒアリング

社内の評価だけでは正確に測れないこともあるため、家族や知人、取引先などにリニューアル後のホームページの感想をヒアリングするとよいでしょう。客観的に評価できる人の意見は非常に貴重です。できるのであれば、ユーザーにアンケートをとるのもよい方法です。

サイトの順位が下がったらすべきこと

ドメイン変更に伴って最初はサイト順位が下がることもあります。順位低下においてはリダイレクトミス(リダイレクト忘れ)の可能性があるので、確認してみましょう。サイトアップ送信によって解決する場合もあります。また、公開からしばらく経ってもサイトの順位が上がらない場合には、PDCAサイクルを回し、原因の究明、改善を怠らないようにしましょう。

メルマガでリニューアル情報を送信

メルマガを使うことで、一斉にリニューアル情報を送信できます。ユーザーの顧客リストがある場合には、そのリストに一斉送信するのがよいでしょう。もし、リストがなかったり、圧倒的に少なかったりする場合には、リストを作ることも考慮しておかなければなりません。

アンケートの実施

社内だけでは改善できない場合にはアンケートを実施して、ユーザーの生の声を聞くのがよいでしょう。思いもよらなかった改善点が見つかる場合もあるので、多少コストをかけたとしてもアンケートの実施をする価値はあるはずです。

コンテンツの制作を開始

ホームページ制作直後の熱が覚めていない時期にコンテンツを増やしていくことが重要です。プレスリリースの出稿や、ソーシャルメディアの告知によって注目を集めているうちはアクセスを稼げる可能性があります。その結果、SEO評価が上がることも期待できるので、早いうちにコンテンツを制作していきましょう。

Googleアナリティクスなどの解析ツールで解析

Googleアナリティクスでどのくらいのアクセス数があるのか解析をしましょう。できれば毎日確認することをおすすめします。常に数字は変化し続けます。毎日チェックすることで、なぜアクセス数が上がったのか、なぜ下がったのかを細かく分析できるはずです。

404エラーのチェック

ページURL変更によって、404エラーが頻発する恐れがあります。404エラーはせっかく訪れたユーザーが失望してしまう可能性もあるので、エラーが起きないよう入念にチェックしましょう。

引き続き成功へとプチリニューアルを繰り返す

一度リニューアルしたからといって、完璧になることはありません。むしろ、適宜リニューアルし続けなければ、時代に後れをとってしまいます。錆びないようにするには、毎日動かすことを心がけていきましょう。

リンク切れのチェック

404エラーと同様に、リンク切れが頻発する可能性はあります。こちらもユーザーの期待を裏切る行為になってしまうので、常にチェックして、改善できるのであれば、改善しましょう。

サイトマップの送信

検索エンジンに認知してもらうためにサイトマップを送信しましょう。URLやドメインを変更したのであれば、この作業も必須になります。ホームページができて一安心していると意外と忘れてしまうので、注意しましょう。

よくある失敗例

最後に、よくある失敗例について紹介します。以下を参考にして、失敗のないリニューアルを目指しましょう。

リニューアルのタイミングを逃す

そもそも、リニューアルをしないという選択が失敗につながることも多いです。よくある例としては、大半のユーザーがスマートフォンからアクセスしているにも関わらず、サイトはPC用のままで表示し、見にくいなどの理由からユーザーが離脱してしまうことです。

本来ならばスマートフォンにも対応するレスポンシブデザインにリニューアルすべきですが、コストや時間の関係から、タイミングを逃してしまい、結果、同業他社の使いやすいサイトにユーザーが移行してしまいます。

目的・目標が不適切で、内容が定まっていない

WEBサイトは何かの目的があって制作するのが基本です。集客や商品の販売促進、ネームバリューを上げるなどといった、明確な目的があるはずです。しかし見映えさえよくすればユーザーが増えるのではないか、というような安易な考えでリニューアルすると失敗につながります。場合によっては以前のサイトの方がよかった、なんてこともあるので、まずはデザインを刷新する前に正しい目標や目的を追求しましょう。

デザインが第一優先でユーザビリティが考えられていない

WEBサイトをリニューアルした際、一番目につくのはデザインの秀逸性でしょう。しかし、デザインばかりに気を取られていると、ユーザーの使いやすさが後回しになってしまうことも失敗例としてよくあります。デザインがよくなって嬉しいと感じるのは、既にサービスを利用しているユーザーであり、新規のユーザーにとっては既存のサイトと比較する術はありません。デザインを一新することばかりに気を取られるのではなく、あくまでユーザビリティを優先とした、サイトデザインにするのがよいでしょう。

安さだけで制作会社を選んでしまう

リニューアルの際にあまり経費がかけられないことから、制作費の安い制作会社を選んでしまうことはよくあります。価格が高ければ費用対効果も高いとは言い切れないものの、あまりに安い制作会社に頼むと、安かろう悪かろうのリスクも伴います。そのため、値段の安さで判断するのではなくどんな制作分野が得意なのかをきちんと調べ、安さだけでなくどうしたら結果が出るかを一緒に考えてくれるような制作会社を選ぶとよいでしょう。

競合他社のマネをしただけ

競合サイトが素晴らしいものだからといって、そのままマネしたデザインを取り入れるのはおすすめしません。なぜなら、競合他社のクオリティを追い求めたからといって、それ以上のWEBサイトになることはほぼないからです。差別化されたオリジナリティに溢れたサイトを作った方がよっぽど効果的でしょう。オリジナルで考えたWEBサイトならば、自社の特長を生かすような工夫を凝らせます。制作においては競合他社のよい部分を抽出したとしても、それ以外の部分はオリジナルで制作するようにしましょう。

運用ベースになっていない

リニューアルばかりに気を取られ、その後の運用に関してもしっかり考えておかなければ、リリース以降困ることが多々あります。一般的には、制作会社に定期的な更新を依頼できる内容の契約を結ぶ場合が多いです。自社で更新可能なサイトを作る場合コストもかかるため、契約時に無料更新を依頼しておくのが無難でしょう。リリース後の運用に関しては制作会社とどのくらいの内容を、どのくらいの期間で対応してくれるのか、具体的な数字を用いて決めておくことが重要です。

まとめ

せっかくホームページのリニューアルをするのであれば、費用対効果の高いリニューアルをしたいものです。そのためにまずは、しっかりとしたプランニングが重要です。プランニングが決まれば、その後の工程はスムーズに進みます。設計ができていればパズルを作っていくようなものなので、プランニングに沿ってデザイン制作、コーディング、サイトの公開と進めていきます。

公開したらそれに満足するのではなく、PDCAサイクルを回し、A/Bテストを実施するなどして改善点を洗い出し、適宜修正していくことが大切です。
最後に紹介した失敗例も踏まえて、ぜひホームページリニューアルを成功に導いていきましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。