自社や自分のホームページを作成したいけれども、未経験だとどうやって作ればいいかわからないものです。本記事では、パソコンのスキルに自信がない方がホームページを作るときに必要な知識や方法などを紹介しています。手軽にホームページを自作できるCMSについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページ作成前に知っておきたいこと

ホームページを作るにあたって知っておきたい事前知識について説明します。

ホームページの仕組みについて

ホームページを作成し運営するにはサーバー、ドメインという2種類のものが必要です。簡単に説明すると、サーバーとは、ネット上でサービスを提供するためのコンピューターのことです。よく家を建てるための土地に例えられます。

もう一方のドメインとは、コンピューターを区別する名前のことです。例えば、URLの「~.com」という部分がドメインにあたります。ホームページにアクセスする際に必要な情報で、家の住所と似たようなものです。

サーバーという名前の土地にホームページというお店を立てて、住所に相当するドメインをお客さんに教え、アクセスしてもらうという認識をするとわかりやすいでしょう。

サーバーの契約について

無料サーバーと有料サーバーの違いやドメイン契約の基礎知識について説明します。

無料提供のサーバースペースを利用

サーバーは無料で提供されているものを利用することも可能です。例えば、ホームページ作成サービスを利用したり、インターネットサービスプロバイダとの契約の中に含まれているサービスを利用したりして、サーバーを無料で使えることがあります。

無料で使えるため、気軽に始めやすい点が魅力です。しかし、容量や機能などがあまり充実していないことが多く、物足りなさを感じる可能性があります。

有料のレンタルサーバーを利用

会社や自身の紹介、自社サービスの告知のためにホームページを作成する場合は、有料のレンタルサーバーを利用することをおすすめします。無料版と比べて、サーバーの性能、機能性、ページの表示速度、サポート体制などが優れているからです。

自前でサーバー機器を用意する方法もありますが、基本的に電源を入れたままにしなくてはならず、電気代が常にかかる上、保守管理も自分でする必要があります。

一方、レンタルサーバーを使えば、業者が管理などを滞りなく行ってくれるため楽というメリットがあります。サーバーを借りる際は共用や専用などの種類があるため、用途に応じて適したものを選ぶようにしてください。

ドメインの契約について

ホームページを開設する際、独自ドメインを取得することが一般的です。取得するにはドメイン取得サービスを利用します。任意の名称のドメインを指定し、サービス上で購入することで独自ドメインの所有が可能です。費用はそれほど高いものではなく、安ければ数百円で契約できます。

独自ドメイン以外にサブドメインというものもあります。サブドメインの場合、サービスを提供する会社が所有する独自ドメインを借りて、タダで乗っかっている状態です。

もしその会社がドメインを手放してサービスを終了すると、自分のホームページのURLが消滅し、移転を余儀なくされます。そのため、サブドメインの利用は考えずに、自分で独自ドメインを取得して運営することをおすすめします

ホームページの作成方法

ホームページを自分で作成する場合、HTMLやCSSという専門言語を記述して作り上げていきます。記述するには専門知識やコードに対する理解力が必要になるため、言語を駆使したホームページ作成はハードルが高めです。

一方、外注する場合は自作と比べてお金がかかります。費用はホームページの規模によって変わってきます。例えば、充実したコンテンツと多くのページ数が必要で設計も入念に行うなら数百万円、会社案内を中心としたコーポレートサイトなら数十万円程度が目安です。もちろん、依頼する制作会社によっても費用は異なります。

どちらの方法も一長一短です。自作を選べば、デザインの自由度が高く、費用もほとんどかかりませんが、スキルの習得が欠かせません。外注すれば、プロの手による高品質なホームページが楽に手に入りますが、多くのお金がかかります。手間とお金が課題になりますが、上記に挙げた以外のCMSという自作手段を選択すれば、低予算で、スキルもいらず、ホームページを簡単かつ自由に作成することが可能です。

CMSはわかりやすいインターフェースを使って直感的にホームページを作成・編集・修正できるツールです。感覚としてはブログを更新する作業に近いでしょう。コードの記述は不要なので、HTMLなどの専門言語がわかる人材がいなくても自社のコンテンツを発信できます。

初心者でも簡単にホームページを作れるのがCMSのメリットですが、デザインの自由度が狭かったり、CMSによってはセキュリティ対策を自前で行う必要があったりします。CMSにもいくつか種類があるため、それぞれを比較した上で適したものを選ぶのがおすすめです。

オープンソース型のCMSを利用する

オープンソース型はソースコードが公開されており、ユーザーが自由にCMSのシステムを改変できる拡張性を備えているのが特徴です。また、費用がかからず、どのCMSも無料で利用できます。基本機能として、あとから機能を任意に追加できるプラグイン、ホームページの外観を簡単に変えられるテンプレートなどを利用可能です。プログラミング言語がわからなくても、ホームページの編集をある程度はできます。

セキュリティ面でいえば、ソースコードが公開されている関係上、脆弱性が見つかりやすいです。つまり、サイバー攻撃の対象になりやすいため、利用する際はセキュリティ対策を自分で行う必要があります。

利用する難易度は低めで、情報発信に必要な機能を持ったホームページを簡単に構築でき、更新作業もしやすいです。しかし、何かトラブルが発生したときに頼れるサポートサービスがないため、専門知識がある人材や業者の手を借りる必要が出てきます。

WordPress

引用元:Wordpressホームページ(https://ja.wordpress.org/

オープンソース型CMSの中では知名度が高いです。直感的で操作しやすいインターフェースが提供され、簡単かつ短い時間でホームページの構築ができます。プラグインやテンプレートの種類が豊富でSEOにも強めです。どちらかといえば小規模なホームページを作りたい場合に適しています。

Drupal

引用元:Drupalホームページ(https://annai.co.jp/drupal

Drupalは、柔軟なカスタマイズ性を備えており、中規模~大規模なホームページの運用を検討している場合に特にメリットが大きいです。例えば、コンテンツの層が複雑で掲載数も多い、多言語に対応したい、多くの機能を実装したいといった場合に適しています。注意点として運用には技術的な知識が必要で、ほかのCMSと比べて簡単とはいえません。

Joomla!

引用元:Joomla!ホームページ(https://www.joomla.org/

海外で知名度が高いCMSで、多くの開発者ユーザーによる更新も活発に行われています。小規模~大規模なホームページの作成に向いていますが、どちらかといえば機能の豊富さから大規模な構築向きです。カスタマイズ性が高く、テンプレートで外観を変更できます。メニューごとに適用できるという特徴があるため、ホームページの個性を出しやすいでしょう。WordPressと同様にホームページの編集が簡単です。

クラウド型のCMSを利用する

クラウド型はインターネット経由で利用するCMSで、インストール作業やサーバーの用意がいりません。Webの知識・スキルがなくてもホームページの構築から更新作業までできるため、導入の難易度は低めです。

費用は月額または従量課金制のシステムを採用するサービスが多いです。初めに大きな初期費用がかからないため、できるだけ費用を抑えて始めたいと考えている方におすすめできます。利用料金自体はサービスによって異なるため、その都度確認しましょう。

セキュリティについては、脆弱性などの問題があればベンダーが勝手に修正、バージョンアップなどをしてくれるため、セキュリティ性の高い状態でシステムを利用できます。システムトラブル発生時の対応はベンダー次第なところがあるため、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

Wix

引用元:Wixホームページ(https://ja.wix.com/

世界中に1億人以上の利用者がいるサービスです。ドラッグ&ドロップだけの簡単な操作でホームページを自由にデザインできる機能を備えています。マルチメディア対応でパソコンだけでなくタブレットやスマートフォンに対応したページ表示が可能です。

Jimdo

引用元:Jimdoホームページ(https://www.jimdo.com/jp/

ドイツ発のCMSで、日本ではKDDIが協業パートナーとしてサービスを提供しています。AIの質問に答えるだけで最適なホームページが作れる機能があり、初めての方でも迷いません。

あきばれ

引用元:あきばれホームページ(https://www.akibare-hp.jp/

ビジネス目的でホームページを作りたいけれども、パソコンには詳しくない、という方におすすめのサービスです。文字入力と写真の貼り付けのみで本格的な企業ホームページが作れる仕様が特徴で、ソフトウェアの使用に高度なパソコンスキルを求められません。

パッケージ(商用)型のサービスを利用する

パッケージ型は、CMSソフトウェアのライセンスを購入して利用します。買い切り型のため、一度購入すれば月額費用などは発生しません。費用はソフトウェアにより異なりますが、安ければ10万円程度、大企業向けなどで機能が充実している場合は100万円以上かかることがあります。

ベンダーのサポートが手厚く、導入や運用に不安がある場合でも安心です。ソフトウェアに不具合があった場合は、ベンダーが責任を持って対応します。セキュリティ対策の充実度はベンダーにより異なりますが、必要十分なセキュリティ機能は初期搭載されており、脆弱性への対応も早めです。

一般的にパッケージ型は企業向けで、企業ホームページに必要な機能が一通り入っています。パッケージを購入次第、すぐホームページの構築に取り掛かることが可能です。ただし、初期費用が高いため、自社の規模と予算に応じた商品を選ぶようにしましょう。

Movable Type

引用元:Movable Typeホームページ(https://www.sixapart.jp/movabletype/

国内の導入シェアが高いCMSです。多くの国内企業や組織で利用されています。Movable Typeには記事やページとは違うコンテンツタイプという形式があり、Data APIなどと組み合わせて柔軟なコンテンツ運用が可能です。

NOREN

引用元:NORENホームページ(https://noren.ashisuto.co.jp/

2002年に販売を開始した国産CMSです。誰にでも使いやすい基本機能を搭載し、自社運用で完結してもらうことにこだわりがあり、一度導入したあともずっと使い続けているユーザーが多いです。セミナーやサポート体制も充実しています。

HeartCore

引用元:HeartCoreホームページ(https://www.heartcore.co.jp/

国内で高い売上実績を誇るCMSパッケージです。Office感覚で編集できるエディタやシステム独自の関数の使用などにより効率的なホームページ運用ができます。コミュニティ機能の使用で会員サイトの構築も容易に可能です。

まとめ

ホームページを作ってお客さんにアクセスしてもらうには、土地にあたるサーバーと住所になるドメインが必要です。準備が整ってホームページを実際に作る段階になったら、CMSを利用すると簡単に作成できます。通常はHTMLなどの専門言語を記述する必要があります。

しかし、CMSを使えば直感的な操作でホームページを構築でき、専門のスキルがなくても問題ありません。予算が許す場合は外注もよいですが、コストを気にする場合はCMSの方が安くなる可能性が高いです。CMSにも様々なタイプがあるため、比較した上で適したものを選びましょう。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。