ホームページの自主制作は敷居が高いと思われがちですが、必ずしも専門的なスキルが必要なわけではありません。ホームページの基本的な仕組みや最低限求められる知識を把握することで、初心者でも十分に作成可能です。そこで本記事は、ホームページの作成方法や必要な知識について、初心者にもわかりやすく解説していきます。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページを作成する前に知るべきこと

ホームページを作成する前に、Webサイトが稼働する基本的な仕組みや構造を理解しておかねばなりません。まずはホームページがどのような仕組みで表示されているのか、基本的な構造について見ていきましょう。

ホームページの仕組み

ホームページが表示される仕組みは「クライアント」と「サーバー」によって成り立っています。クライアントは簡単にいえばホームページの閲覧リクエストを送信するユーザーです。ユーザーが閲覧したいホームページのURLをWebブラウザに入力すると、そのリクエストがサーバーに送信されます。

そして、URLのリクエストを受け取ったサーバーがドメイン名からIPアドレスを探し出すことで、ユーザー側のWebブラウザにホームページが表示されます。これがホームページが表示される基本的な仕組みです。

「サーバー」と「ドメイン」の説明

ホームページを作成する上で不可欠な要素が2つあります。それが「サーバー」と「ドメイン」です。サーバーとは、ホームページのHTMLファイルを配置する土地のような役割をもつコンピュータを指します。ドメインとは、端的にいえばホームページの住所です。

たとえば、すべてのホームページには「https://www.○○○○○.com/」という形式のURLが存在します。「https://」はスキーム、「www」はホスト、そして「○○○○○.com」の部分がドメインと呼ばれる要素です。

一般的にホームページはHTMLとCSSでマークアップされたファイルによって構成されており、サーバーにファイルをアップロードすることでWeb上に公開されます。そして、公開されたホームページを世界中のどこからでも特定できるようにするのがドメインの役割です。

実際の住宅に土地と住所が必須なように、ホームページもサーバーという土地とドメインという住所が揃ってはじめて、あらゆるユーザーがアクセス可能な環境が構築されます。

ホームページの運用について

ホームページについて、作成が完了すれば完成と思っている人が多いかもしれませんが、実は作成後にも必要なことがあります。それがホームページの運用です。作成したホームページを安全なサイトとして保ち続けるためには、最新の状態であり続けることが不可欠なので、ホームページを作成する前に確認しておくようにしましょう。ホームページ運用の主な内容は以下の5つです。

  1. サーバーやドメインの維持・管理

    ホームページを作成する上で不可欠な要素であるサーバーとドメインですが、ただ取得すればいいと言うわけではなく、実は定期的な更新が必要になります。更新を忘れたことによるホームページ運用の失敗事例も少なくありません。ホームページを運用していく場合には必ず確認するようにしましょう。

  2. SSLサーバー証明書の維持・管理

    SSLサーバーとは、ホームページ運営者の実在を確認するための仕組みです。通信を暗号化する役割も果たしており、インターネット上の情報取引を安心して行うためにも欠かせません。こちらもドメインなどと同様に更新が必要なので注意しましょう。

  3. CMSのアップデート

    本記事でご紹介するホームページ作成方法のひとつであるCMSを利用する場合、CMS自体のアップデートが極めて重要です。最新の機能を利用したり、適切なサポートを受けたりするためにも、CMSのバージョンアップの度に確認することをお勧めします。

  4. データのバックアップ

    データファイルやデータベースを含む全てのデータのバックアップは、運用保守に不可欠な作業です。データの消失は企業にとって大きなデメリットを生みます。システム障害などのトラブルによるデータの消失も考えられますので、必ずデータのバックアップを行い、正確にバックアップができているかの確認も欠かさないようにしましょう。

  5. 外部連携の仕様変更対応

    近年では、ホームページだけでなくSNSを併用して広告・宣伝を行う企業が増えていますが、SNSのバージョンアップや仕様変更に合わせて素早く対応することも、運用保守の大事な作業のひとつです。

    以上5点がホームページ運用における基礎的な作業内容です。様々な作業があり複雑ですが、外注することで簡単に運用を続けていくこともできます。費用感は1~5万円ですので、正しく運用できるか不安だという方や、運用のための作業が負担になるという方は、外注することを検討してみてはいかがでしょうか。

    また、ホームページ運用には、より良いホームページを作り上げていくための運用改善といった作業もあり、例えばアクセス解析に基づいた分析などが運用改善にあたります。こちらも外注することが可能で、5~100万円といった費用感です。

    ホームページ運用に特化した情報やおすすめの外注業者については、以下の記事に掲載してありますので、本格的にホームページの運用について知りたいと言う方は是非ご覧ください。

ホームページ運用に必要な基礎と応用!おすすめの運用代行会社も紹介

ホームページを作成するためのソフトの違い

ホームページを作成する方法は1つではありません。テキストエディタでの手打ちやCMSの利用、あるいはホームページ作成ソフトによる構築など、さまざまな手段が考えられます。たとえば、最も基本的な作成方法として挙げられるのが、テキストエディタを使用してHTMLとCSSを記述する「手打ち」と呼ばれる手法です。

手打ちはHTMLとCSSの深い知識が求められるため、ホームページ作成の基本であると同時に最も難易度の高い方法といえます。そのため、近年では手打ちよりもCMSによるホームページ作成が主流になりつつあります。

そもそもCSSとCMSの違いって?また、それ以外のツールは?

ホームページは基本的にマークアップ言語のHTMLと、スタイルシート言語のCSSによって構築されるメディアです。CSSとは「Cascading Style Sheets」の頭文字をとった略称で、ホームページのスタイルを指定するための言語を指します。たとえば、フォントサイズや行間、文字色や背景色、レイアウトや余白の指定など、ホームページの細かいデザインを調整するために不可欠な言語です。

CMSとは「Contents Management System」の略称で、専門的な知識がない人でもホームページの管理や更新がWebブラウザ上で行えるシステムです。代表的なCMSとして、WordPressやMovable Typeなどが挙げられます。その他の方法としては、Adobe社のDreamweaverやジャストシステム社のホームページ・ビルダーなど、Webオーサリングツールによる作成も一般的です。

CSSを使用する場合に必要な知識

CSSはHTMLで記述した文章構造を装飾し、デザイン性を高める役割を担っています。たとえば、colorプロパティで文字色を指定したり、text-alignプロパティでテキストの水平方向を指定したりといった装飾が可能です。他にもwidthやheightといったプロパティで要素の幅や高さを指定したり、marginやpaddingなどのプロパティで要素の余白を指定したりと、さまざまな装飾を実装します。

テキストエディタによる手打ちでホームページを作成する場合は、HTMLとCSSに対する深い理解が不可欠です。しかし、HTMLとCSSは一朝一夕で覚えられる言語ではありません。ホームページを自主制作できるほどの知識を備えるには、早くとも3ヶ月から半年は必要となるでしょう。

CMSを使用する場合に必要な知識やソフト

CMSといっても数多くの種類があり、それぞれ必要な知識やソフトが異なります。たとえば、ホームページ作成のスタンダードになりつつあるWordPressなら、無料でインストールできるだけでなく、プラグインが豊富でカスタマイズしやすいというメリットがあります。また、サーバーとドメインのみあれば、ホームページを公開できるのもWordPressのメリットです。

テンプレートが豊富なため、HTMLやCSSの知識がなくとも、簡単にホームページを作成できる点も優れた特長といえるでしょう。ただし、HTMLとCSS、PHPやSQLなどの基礎知識があれば運用の幅が大きく広がります。

CSSを使用してホームページを作成する場合

HTMLとCSSによる手打ちでホームページを作成する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

CSSを使用する場合のメリット

HTMLとCSSによる手打ちで構築されたホームページは一般的に「静的サイト」あるいは「静的ページ」と呼ばれます。静的サイトはHTMLとCSSでマークアップされたファイルをサーバーにアップロードするだけなので非常に表示速度が速く、サーバーへの負荷も軽いという点が大きなメリットです。また、ファイルをローカルに保管するため、バックアップが容易でセキュリティインシデントに強いというメリットがあります。

CSSを使用する場合のデメリット

静的サイトを構築するためにはHTMLとCSSの専門的な知識が必須です。ローカルに保存されたファイルからページを生成するため、複数人による管理に向かないという点も大きなデメリットといえるでしょう。また、ユーザーごとに異なるページを表示したり、リアルタイムで情報を表示したりといった動的な表示を苦手とします。

実際の作業内容を解説

HTMLとCSSによる手打ちで静的サイトを構築する場合、一般的にはテキストエディタを利用して記述します。「Visual Studio Code」や「Atom」など、どのようなものを使用してもかまいません。まずはHTMLファイルを作成し、headタグやbodyタグを記述してコンテンツを配置していきます。そして、次にデザインの土台となるワイヤーフレームやデザインカンプに基づきCSSを記述していきます。

そして、ホームページ全体のバランスを見ながらHTMLとCSSでデザインを微調整します。完成後はHTMLファイルとCSSファイル、そして画像ファイルをサーバーにアップロードして公開完了です。

CMSを使用してホームページを作成する場合

CMSを使用してホームページを作成する場合のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

CMSを使用する場合のメリット

CMSを導入する最大のメリットは、コンテンツの新規作成や更新が容易になる点です。たとえば、WordPressであれば無料テンプレートが豊富に用意されているため、HTMLやCSSの知識がなくても簡単にホームページを公開できます。テキストエディタによる手打ちとは異なり、Webブラウザ上に管理ページが構築されるため、コンテンツの追加や更新が容易というのも大きなメリットです。

CMSを使用する場合のデメリット

CMSはハイクオリティなデザインテンプレートが豊富にあるものの、オリジナルのホームページを作成するためにはHTMLとCSS、そしてPHPの知識が不可欠です。つまり、デザインの独自性に欠けるという点がCMSの大きなデメリットです。また、CMSはコンテンツがWeb上の管理ページに格納されるため、ローカルデータが保存されません。そのため、適切なバックアップ体制を構築するために相応の知識が求められます。

実際の作業内容を解説

CMSは非常に数多くの種類があり、それぞれ必要な作業内容が異なります。たとえば、WordPressであれば、手打ちのようにheadタグやbodyタグの記述は必要ありません。テンプレートにホームページの公開に必要な枠組みが構築されているため、必要なのは基本的にコンテンツの作成のみです。

プラグインやウィジェットなどの設定も重要ですが急ぐ必要はありません。「投稿」からコンテンツを作成し、「メディア」に必要な画像をアップロードするだけで、一定のクオリティを誇るホームページが構築されます。

よりハイクオリティなデザイン性を求めるのなら、有料テンプレートの導入がおすすめです。とくに市場シェアの大きなWordPressは豊富なテンプレートが揃っており、1万円前後でWeb制作会社の顔負けのホームページを作成できます。

WordPressは基本的にHTMLとCSS、そしてPHPで構成されているため、知識があればテンプレートのカスタマイズも可能です。このように、コンテンツと画像の作成、そしてテンプレートの設定がCMSでのホームページ作成の大きな流れです。

まとめ

ホームページ作成は敷居が高いと思われがちですが、WordPressのようなCMSや、ホームページ・ビルダーのようなWebオーサリングツールを利用することで、専門的な知識を有していなくても十分に作成可能です。

ホームページの作成と運営を内製化できれば、作成費用だけでなく運用コストの削減にもつながるでしょう。ぜひ、本記事を参考にしてホームページ作成に取り組んでみてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。