ホームページ制作は、誰がやっても、どんなツールを使っても一緒!
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、そのようなことは決してありません!無料からでも使用できるホームページ作成ツールが増える一方で、ホームページ制作の幅はどんどんと広がり続けており、出来栄えに顕著な差が現れるようになっています。

そして、その違いは、ホームページの制作を依頼する側にもあるということは意外と知られていないのではないでしょうか。この記事では、ホームページを制作する時の流れや期間から、相場感や気をつけるべきことを一挙に紹介しています。ホームページ制作を依頼する際はぜひ参考にしてみてください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。

ホームページ制作の流れ・期間

ホームページが完成するまでには、いくつかのフェーズがあります。そのフェーズ毎に、どのようなことをする必要があるか、どれくらいの時間がかかるのかをご紹介していきます。

準備フェーズ:2週間〜1ヶ月

目的を決める

ホームページ制作において、最も重要なことは目的を決めることです。

何を当たり前のことを…という声が聞こえてきそうなところですが、意外とホームページをつくる目的を明確にできていないケースは少なくありません。

・ホームページをもっと良くしたい

・ホームページをリブランディングしたい

といったものは目的として不十分と言えます。ホームページは、あくまで手段としてのツールであり、集客や売上アップといった具体的な結果に紐付けた目的を立てることが大切になってきます。

予算を設定する

次に、大体の予算感を決めておきましょう。ホームページ制作にかかる費用は、制作会社ごとに大きく異なります。もちろん、どのようなホームページをつくるかによっても変動はありますが、10万円程度〜1000万円程度まで一定の幅が存在します。趣向を凝らし、良いものを作ろうとすればするほど、制作費もアップする可能性が高いため、依頼する前にある程度、予算の上限や下限を設定しておきましょう。

制作会社へヒアリング(見積もりをもらう)

ホームページを制作可能な会社は、世の中に数多く存在します。ただし、目的や予算に応じて、依頼するべき会社は大きく異なってきます。制作会社ごとに得意な領域や費用感にはバラツキがあるため、最低でも2 ~ 3社には話を聞きましょう。また、事前に各社から見積もりをもらっておくことで、明らかに不適切な金額を提示されていないかどうかを確認しましょう。

オリエンテーションの開催

制作会社はクライアントに対し、オリエンテーションを開催します。オリエンテーションでは、事前のヒアリング内容を踏まえた上で、成果物のイメージをすり合わせたり、費用感や想定される制作期間などをクライアントに対し、説明することが一般的です。

見積もりを比較する

各社からの見積もりを比較する上では、費用はもちろん、金額の出し方の内訳まで確認しておきましょう。制作ページ数で算出している場合や、人月単位で算出している場合など違いがあり、金額を比較する上で、参考までに把握しておきましょう。

発注する

各社のオリエンテーションや見積もりを十分に吟味した上で、自分たちにとって最適な制作会社を見極め、発注しましょう。

制作フェーズ:1 – 6ヶ月前後

MTGを実施する(キックオフ・定例)

ホームページ制作を依頼する会社が決まったら、まずはキックオフMTGを開催しましょう。主に、ホームページの目的やサイトイメージのすり合わせ、全体のスケジュール感や今後の具体的なアクションプランを明確にしていきます。また、必要に応じて、こまめなコミュニケーション機会を設けることも、プロジェクトを推敲する上で非常に重要になってきます。

サイト設計

ホームページを制作していく上で、サイト設計は最も重要な工程の一つと言えます。サイト設計とは、目的を明確にし、その目的に合わせたコンテンツなどを作り、Webサイトの骨組みを作る作業のことです。このサイト設計をきっちり行うことが、ホームページのクオリティを決定づけると言っても過言ではありません。逆に、ここを曖昧なまま進めてしまうと、手戻りが多く発生し、クオリティの低下や制作完了時期の遅延にも繋がるため、注意してください。

デザイン

どんなに良いコンテンツが揃ったホームページであっても、デザインが悪ければ、達成したい目的を叶えることは難しいでしょう。ページの訪問者に対して、どのような印象を与えたいかはもちろん、カラーやトンマナといった細部に対してもこだわっていくことでホームページの価値を最大化することができます。

開発

サイト設計・デザインが固まったら、実装・コーディングをしていきます。ウェブサイト作成ツールやテンプレートを活用することで、エンジニアリング知識が豊富でなくとも、スピード感を保った上で、一定のクオリティのホームページを作成することができます。その一方で、オリジナリティのある動き(アニメーション)や趣向を凝らしたホームページを作成する上では、一定のコーディングスキルは欠かせません。制作したいホームページのクオリティと相談した上で、必要な開発方法を決定しましょう。

テスト・チェック

開発が終わったら、ホームページが期待した通りの見た目や動きになっているかどうかをテストしていきます。テストするべき項目を網羅した仕様書を作成し、コンテンツの内容チェックはもちろん、見栄えやリンクの遷移先なども入念にチェックしていきましょう。

運用フェーズ

保守・メンテナンス

ホームページには、定期的な保守・メンテナンスが発生します。ニュースをはじめとした、情報の最新・最適化はもちろん、セキュリティの確認やSEO対策などのメンテナンスなども欠かさず実施していきましょう。

改善・運用(集客できるように)

制作されるホームページ毎に、目的は異なりますが、一般的にWebサイトへの集客は重要なポイントになります。集客できるホームページをつくるためには、新規コンテンツの作成・更新をはじめ、検索順位が上がるような工夫を凝らし、定期的に改善・運用のアクションをとっていきましょう。

ホームページ制作にかかる主な相場感

ホームページ制作の費用感は、サイトのジャンルや規模によっても大きく異なります。今回は一般的なコーポレートサイトやサービスページをベースとして、大体の相場感をご紹介していきます。

制作費用が高い企業と安い企業がある理由

「A社とB社にホームページ制作の依頼をしたら、見積もり金額がピンキリで全然違って、驚いた!」という経験をしたことがある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そもそもなぜ、制作会社毎に見積もりに差が出るのでしょうか?もちろん、一概には言えませんが、一つの判断軸として、見積もりの出し方に違いがあることが関係しています。

以下に制作費用が高い企業、安い企業がある理由をそれぞれまとめました。

製作費用が高い理由

人日単位で見積もりを算出するため制作費用は高くなります。費用感こそ高くなりがちですが、必要なリソースを考慮した上で、見積もりを算出しているため、ホームページ全体のクオリティは一般的に高くなる傾向にあります。制作費用とクオリティは必ずしも相関関係にあるとは言えませんが、一つの判断軸として覚えておくといいでしょう。

制作費用が低い理由

ページ単位で見積もりを算出されるため制作費用は低くなります。注意点としては、費用が安い≒良心的な制作会社とは言えないということです。一般的に、ページ単位での見積もりを算出する制作会社は、不必要にページを増やそうとする場合や、ページ毎のクオリティが落ちやすい場合があります。費用が安価に済む一方で、満足度の低い仕上がりになりやすい見積もりの出し方だと覚えておきましょう。

制作にかかる費用の内訳

ホームページは基本的に分業して制作していきます。一般的に必要となる職種と規模や目的に応じて必要となる職種があります。ここでは、各職種の主な役割をご紹介していきます。

一般的な職種

  • ディレクター
    →ディレクターは、Webサイト制作全体の指揮を取り、クライアントを含めた関係者へのディレクションを行うのが主な役割です。
  • デザイナー
    →デザイナーは、Webサイトのデザインを制作するのが主な役割です。
  • フロントエンドエンジニア
    →フロントエンドエンジニアは、HTML、CSS、JavaScriptといった技術を利用し、Webブラウザ側(クライアント側)を実装するのが主な役割です。
  • サーバーサイドエンジニア
    →サーバーサイドエンジニアは、フロントエンドからのリクエストに対し、適切なレスポンスを返すためのロジックを実装するのが主な役割です。

規模に応じて必要となる職種

  • アートディレクター
    →アートディレクターとは、クライアントからの要望に対する、ビジュアルデザイン全般を統括するのが主な役割です。
  • クリエイティブディレクター
    →クリエイティブディレクターとは、Webサイトの要件が膨大な場合に、企画から制作過程までの幅広い業務全般を統括するのが主な役割です。
  • フォトグラファー
    →フォトグラファーは、ホームページの目的やコンセプトに沿った写真を新たに撮影したり、選定するのが主な役割です。
  • コピーライター
    →コピーライターは、ミッション・ビジョン・バリューといったコーポレートアイデンティティを含めた、メッセージのワーディングを考えるのが主な役割です。

目的別の制作費

ホームページ制作にかかる費用は、ピンキリです。今回は、外部の制作会社にヒアリングし、一般的な企業のホームページ(コーポレートサイト)を作成するケースを前提に、制作費の相場を記載しておりますので、参考にしてみてください。

<50〜150万円>

制作費としては、かなり安価な金額帯と言えます。金額を安価に抑えるため、ホームページの作成仕方としては、ウェブサイト制作ツールの既存テンプレートに用いて、開発することが多くなります。そのため、オリジナリティがあるWebサイトの制作などは難しいと言えるでしょう。

<150万円〜500万円>

制作会社に依頼した場合、この金額感に収まることが一番多いと言えるでしょう。ホームページの作成仕方としては、クライアントからのヒアリングベースで、0から作成する形が一般的です。Webサイト毎の特徴を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、一定のオリジナリティやクオリティがある成果物を制作することができると言えます。

<500万円以上>

ホームページ・リニューアルや趣向を凝らしたホームページを新規作成しようとした場合、制作費は500万円以上かかってくるでしょう。この規模の制作になると、制作期間も半年前後かかります。ただ、マテリアルとしてのホームページを作成するだけではなく、コーポレートブランディングの観点も0から一緒に考えたり、他にはないオリジナリティのあるWebサイトを制作することができます。

HP開設のため発生する費用

ホームページを公開するには、サーバーやドメインといったものが必要です。それぞれ、どれくらいの費用がかかるかを紹介します。

サーバー

ホームページを公開するためには、サーバーが必要となります。サーバーとは、簡単に言えば、データを保管場所のことです。以下におすすめのレンタルサーバーをいくつか紹介します。

エックスサーバーConohaWingロリポップミックスホスト
初期費用3,300円0円1,650円0円
月額費用1,100円~931円~550円~1078円~
サイトの表示速度
無料常時SSL化
バックアップと復元0円0円有料0円
※月額費用は契約期間12ヶ月で試算

ドメイン

ホームページを公開するためには、サーバー以外にもドメインが必要となります。ドメインとは、簡単に言えば、インターネット上でのWebサイトの住所のことです。一般的にURLは、ホスト名とドメイン名の組み合わせでできており、ドメインがなくては、ホームページを公開することができません。以下におすすめのドメインをいくつか紹介します。

.com.jp.co.jp.net
平均金額1,408円1,628円4,158円1,628円
特徴商用サービスや企業向け日本を意味日本国内で登記を行っている会社向けネットワークに関するサービス向け

引用元:お名前ドットコム

管理費

ホームページは制作費の他に、管理費がかかります。上記で、ご紹介したサーバー・ドメイン以外にも、SSL費・コンテンツ更新費・監視/障害対応費用・CMSなどの更新/メンテナンス費用などが発生することがあります。そして、ホームページを制作する上でポイントとなるのは、予めどういった費用がどれくらい発生するのかを把握しておくことです。

例えば、サーバー・ドメイン・SSLに関しては、ホームページを存続する上で、必ず発生しますが、コンテンツ更新費や監視/障害対応費用などは、制作会社に一定回数までは対応してもらうか、発生ベースで発注して対応してもらうかなど違いがあります。自分たちのホームページの特徴を踏まえた上で、どういった管理をしていくべきかを事前に明確にしておくといいでしょう。

ホームページ制作で注意すべき点

ホームページを制作することは年々、簡単になってきている一方で、各フェーズにおける注意点を抑えることが重要です。

準備フェーズ

サイト制作の目的が不明瞭

準備フェーズ 目的を決める でも先述の通り、ホームページ制作の目的が曖昧になっているケースは実は非常に多いです。その結果、多大な時間と費用を投じたにも関わらず、結果的に目的を達成できずに終わってしまうことがあるため、注意してください。

ターゲットが不明

目的を決めたら、誰に届けたいかというターゲットを明確にしましょう。例えば、採用応募数が増加するようなコーポレートサイトを作ろうとした際に、採用のメインターゲットが新卒なのか、40代以上のキャリア豊富な中途なのかで、全くデザインやコンテンツのデザインは変わってしまいます。目的とセットで、制作会社とのヒアリング前に明確にしておくといいでしょう。

予算を把握できていない

ホームページ制作は、制作業者やクオリティによっても全く費用感が異なってきます。例えば、家を探すときに、予算が決まってないと大変困りますよね。まずは、家賃の上限を決めた上で、家を探すことで、自分に合った家を探すことができます。ホームページ制作でも同様のことが言えます。

発注フェーズ

目的に合わせた適切な制作会社を選んでいない

制作会社によっても、得意な領域が異なります。ホームページ制作の目的やターゲット、予算を明確にした上で、自分にとって適切な制作会社を選びましょう。

見積もり金額の妥当性を客観的に確認していない

見積もりを複数社に依頼することで、金額が妥当かどうかを確認しましょう。

管理・運用を見越した発注になっていない

ホームページは、制作時にかかる費用以外にも、運用・管理にもコストが生じます。中長期的なホームページの運用を見越した上で、発注しましょう。

制作フェーズ

制作会社とのコミュニケーションが不十分

ホームページ制作の大きな失敗要因は、コミュニケーションロスにあると言われています。制作の過程でも、こまめなコミュニケーションが取れる状況を整えておきましょう。

サイト設計が曖昧なまま制作を進める

サイト設計は、ホームページ制作の基盤・骨組みとなるものです。これを曖昧にしたまま、制作を進めていくと結果的に、ホームページのクオリティ低下やスケジュール遅延を発生させてしまいます。

公開後の運用を考慮せずに制作する

ホームページは公開後の運用や定期的なメンテナンスが欠かせません。公開後の運用・管理を考慮した上で、制作を進めていきましょう。

運用フェーズ

定期的なメンテナンスを実施しない

情報が古いサイトは、信頼性を大きく欠いてしまいます。ニュースや会社情報の更新など、定期的なメンテナンスを実施していきましょう。

セキュリティ対策を実施しない

ホームページの脆弱性対策を軽んじてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。クライアントからの信頼を損なわないように、セキュリティ対策はしっかりと実施していきましょう。

SEO対策を実施しない

ホームページを作成しても、全く訪問者がいなくては仕方がありません。SEO対策を実施し、集客できるホームページをつくっていきましょう。

タイプ別おすすめのホームページ制作会社

ホームページ制作を依頼する上で、オススメの制作会社を参考にしてください。

総合的に強いホームページ制作会社

株式会社クオートワークス

引用元:株式会社クオートワークス(https://quoitworks.com/

コーポレートサイトなど、様々な観点からクオリティの高いサイトを作成した実績が豊富です。
「お客様の課題を正面から、王道に解決すること」
「クリエイターとして、プライドを持ったモノづくり」
この2点の両立を目指しており、有用かつ美しいものを作るWeb制作会社です。

株式会社LIG

引用元:株式会社LIG(https://liginc.co.jp/

ブランディングからマーケティングまで、一気通貫して制作を進めることを強みとしています。
作っておしまいではなく、Webサイトリリース後におく役様がどう運営していくかまで見据えたWeb戦略を提案、具現化できます。
年間150サイトリリースという豊富な実績があり、安心して任せることができるでしょう。

株式会社メフィラス

引用元:株式会社メフィラス(https://mefilas.com/

様々な実績を保有し、押しであるブランディングにも精通していると評判です。
「クリエイティブのさじ加減」とも言える感覚の体験を提供することを使命としています。
デジタルプロモーションに関わる領域を主軸に、クライアントとエンドユーザーの間に普遍的な価値を与えるコミュニケーション戦略やUI/UXデザインなどを提供するWeb制作会社です。

株式会社GIG

引用元:株式会社GIG(https://giginc.co.jp/

多種多様になんでもできるオールマイティーな対応ができるとの評判です。
株式会社LIGの創業者兼前代表である岩上氏が設立し、コンテンツ企画、Webサイト制作、システム開発など戦略的な視点に基づいてあらゆるクリエイティブを制作しています。

株式会社ソニックジャム

引用元:株式会社ソニックジャム(https://www.sonicjam.co.jp/

様々なクリエイティブを世の中に送り続けることを強みとしています。
Web・インタラクティブコンテンツの制作で19年以上の実績を積んでおり、従来のWeb制作はもちろん「ブランディング+サービス」「新規サービス開発」などをデザインとデジタル技術でサポートしています。

ブランディングに強いホームページ制作会社

SHIFTBRAIN Inc.

引用元:SHIFTBRAIN Inc.(https://shiftbrain.com/

ブランディング特化といえば、まず名前の上がるWeb制作会社です。
魅力を伝えきれていない、またその魅力自体に気づいていない会社の価値を見つけ、磨き、届けることを使命に、受け手の景色が変わるようなクリエイティブを世の中に送り届けています。

mount inc

引用元:mount inc(https://mount.jp/

作り込まれた世界観を表現することに長けているとの評判です。
「よいもの」「明快、かつ、心を動かすもの」を作ることを使命とし、クライアントとの緻密なコミュニケーションを通して、世の中で機能するものを送り続けています。

株式会社スタジオディテイルズ

引用元:株式会社スタジオディテイルズ(https://www.details.co.jp/

尖ったクリエイティブで他社と差別化したい方向けなクリエイティブ集団との評判です。
国内・海外のクリエイティブ業界からの評価も高く、Webサイト/アプリ/グラフィックなど、全方位で尖って良いものを作ることに長けています。

マーケティングに強いホームページ制作会社

株式会社ベイジ

引用元:株式会社ベイジ(https://baigie.me/

BtoB向けのサイトなら、まず名前が上がるのが株式会社ベイジ。BtoBだけでなくBtoCも理解が強いWeb制作会社です。単なるWeb制作会社ではなく、戦略的アドバイザーとして相談でき、緻密な調査・分析から展開されるコンテンツ設計でクライアントの目的を叶えることに熟達しています。

リードプラス株式会社

引用元:リードプラス株式会社(https://www.leadplus.net/

株式会社ユニットベース

引用元:株式会社ユニットベース(https://unit-base.com/

国内で一番HubSpotを活用している実績が豊富です。デジタルマーケティングの企画から設計、導入、運営、そしてインバウンドマーケティングを実現するためのコンテンツ開発やデザインなどフルレンジのサービスを提供しています。

マーケティングや事業を理解した制作に定評があります。様々な企業に直接デジタルソリューションを提供しており、企業のブランディングを実現するための提案から制作までワンストップで実現するスペシャリストです。

キャンペーンに強いホームページ制作会社

株式会社ライデン

引用元:株式会社ライデン(https://www.ryden.co.jp/

大手からの依頼も多く、突出したアイデアでクリエイティブを賑わすとの評判です。得手とする強力なアートワークを武器に、的確で適切な実装やブランドの価値を語る物語づくりで、予想以上の結果に導くことを使命にクライアントをサポートしています。

株式会社イメージソース

引用元:株式会社イメージソース(https://www.imgsrc.co.jp/

WEBだけでなく、インスタレーションをはじめ、様々な企画を豊富に出すことを強みとしています。「社会とユーザーに豊かな体験を提供する」ことをミッションとして掲げており、常にトレンドを意識したアウトプットと、アカデミックな先端技術のアウトプットの両軸を実現しています。

株式会社D2C dot

引用元:株式会社D2C dot(https://www.d2cdot.co.jp/

D2Cグループで、大手との取引が豊富です。クライアントが抱える、様々な「伝えたいコト」を「伝わるカタチ」に変えていくために幅広い事業を手掛けています。

UI・UXに強いホームページ制作会社

株式会社グッドパッチ

引用元:株式会社グッドパッチ(https://goodpatch.com/

デザイン会社として異例のサイズで上場。国内でUI・UXに強いWeb制作会社と言えばグットパッチが挙げられます。「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」というビジョンのもと、クライアントの課題を強みであるデザインで解決していくことに長けています。

株式会社 THE GUILD

引用元:株式会社 THE GUILD(https://theguild.jp/

noteをはじめ、様々な会社のUI・UXを担当している実績があります。複数の会社・クリエイターで構成されたIT×デザインのスモールチームながら、大手企業からスタートアップまで数多くのプロジェクトを構築しています。

株式会社オハコ

引用元:株式会社オハコ(https://ohako-inc.jp/

多種多様なUI・UXの設計から制作までを強みとしています。「気持ちが上向く体験で溢れる世界をデザインする。」をビジョンとして掲げ、クライアントと一体となってUX設計からUIデザイン・その後のインタラクションの実装までも担当することで、心地よいユーザー体験を提供しています。

LP・LPOに強いホームページ制作会社

株式会社ギャプライズ

引用元:株式会社ギャプライズ(https://www.gaprise.com/

メインにLP、広告の掛け合わせを行っている評判の良いWeb制作会社です。イスラエル発の有力スタートアップとアライアンスを組み、世界最先端のテクノロジーを扱い、他社にはない知見でクライアントを支援しています。

株式会社free web hope

引用元:株式会社free web hope(https://marketing.fwh.co.jp/

BtoB、BtoC問わずLP・LPOに強みを持っています。「きれいでかっこいいだけのWEBサイト」ではなく「売れるWEBサイト」の研究を徹底し、LP制作を中心に広告運用やWebマーケティング全般も手がけています。

株式会社リスティングプラス

引用元:株式会社リスティングプラス(https://ppc-master.jp/

1000社以上の中小企業を支援した実績のあるLP・LPOに強いとの評判です。Web集客の効果UPと効率UPに特化した「御社のWebチーム」を独自提供し、コンセプト作りからマーケティングまで丸ごと代行できるのが特徴です。

まとめ

ホームページ制作ってどうやったらいいのか分からない、心配という方もこの記事を通して、少しでも大枠が掴めたのではないでしょうか?

まずは、ホームページ制作の大まかな期間・費用感・制作工程を把握していただき、それを踏まえた上で、自分たちが作りたいホームページの解像度を上げる。目的や予算、ターゲットを決める。

それから、その目的を達成する上で、最適なホームページ制作会社を見つけた上で、コミュニケーションをしっかりと取りながら完成まで並走していく。

一朝一夕にできるものではありませんが、大枠を抑えた上で順序を踏んでいくことで、ホームページを完成させることができます。

なるべく安く、簡単に、専門家のサポートを受けながらホームページを作成したいという方は、siteflowまでお気軽にご相談ください。

プロが作って、自分で簡単更新!
運用費用ゼロのホームページ作成サービス

初期費用55,000円、月額5,500円で高品質なホームページを作成可能!

お客様に最適な構成やデザインをプロが作成し運用までサポートするので、安心して任せることができます。
ホームページの更新は直感的に操作可能な管理画面からお手軽に更新可能です。

  • お客様に何を伝えたらよいかわからない
  • どんなデザインにしたらよいかわからない
  • 作った後の更新・運用方法がわからない

上記のようなホームページ作成のよくある悩みをsiteflowでカンタンに解決!
まずは無料相談をご利用ください。