東京のホームページ制作会社でホームページ制作を考えているけれども、どの制作会社にすればいいかどんな点に気をつけて制作会社を選べばいいかよくわからないという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、誰でも簡単にホームページ制作会社を選べるよう、以下のような内容をお伝えしています。

・【タイプ別】東京のホームページ制作会社
・目的別のホームページ制作にかかる費用相場
・制作会社選びで失敗しないポイント

それに加え、ホームページ制作会社の見積もり例に関しても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスsiteflowではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。

総合力のあるホームページ制作会社5選

この章では、総合力のある、バランスの取れたホームページ制作会社を紹介しています。ホームページを制作するにあたって、安心して制作を依頼したい人、幅広く業務を請け負ってくれるホームページ制作会社を探している人にはおすすめです。

1. クオートワークス

引用元:株式会社クオートワークス

クオートワークスは、「AWWWARDS」など世界的に有名なWebデザイン賞も受賞している実力派の制作会社です。デザイン性と使いやすさを兼ね備えたホームページ制作を得意とする一方で、SEO対策やリスティング広告、既存のホームページの現状分析など、Webコンサルティング業を幅広く展開しています。

2. LIG

引用元:LIG

LIGは電通やNTTドコモのような誰もが知る大企業とも取引する、実績豊富な制作会社です。LIGはホームページ制作、Webマーケティングのサポート、業務システムやアプリのシステム構築のほか、Webクリエイターの育成事業まで多岐にわたって手掛けています。

3. MEFILAS

引用元:MEFILAS

MEFILASは電通やJR西日本コミュニケーションズのような大手企業とも取引実績を持っている本格派の制作会社です。MEFILASは「第2回Webグランプリ」のプロモーションサイト部門で優秀賞を受賞するなど、ブランディングを軸としたWebコンテンツの企画・制作を得意としています。

4. GIG

引用元:GIG

GIGは高品質かつ素早い開発スピードを武器とする制作会社で、日本航空(JAL)やChatwork、サッポロホールディングス(サッポロビール)など、多業種の企業との取引実績を持っています。GIGもWebサイトの制作のほか、保守運用、マーケティングコンサルティングなど、広範におよぶサービスを提供しています。

MEFILASは電通やJR西日本コミュニケーションズのような大手企業とも取引実績を持っている本格派の制作会社です。MEFILASは「第2回Webグランプリ」のプロモーションサイト部門で優秀賞を受賞するなど、ブランディングを軸としたWebコンテンツの企画・制作を得意としています。

5. ソニックジャム

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 8e8f22bd2387530488626a888aa1a417-edited-1.png
引用元:ソニックジャム

ソニックジャムはホームページやアプリの開発のほか、インスタレーションデバイスの開発なども手掛けるクリエイティブな制作会社です。ソニックジャムはデジタルコミュニケーション戦略の立案なども請け負っているため、自社業務やサービスのDXについてコンサルティングをしてほしい企業に対してもおすすめです。

マーケティングが得意なホームページ制作会社3選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GettyImages-1082980668-1200x800.jpg

この章では、マーケティングに強いホームページ制作会社を紹介しています。ホームページ制作に関してマーケティングを含んだ運用を視野に入れているという人はぜひ参考にしてください。

6. 株式会社ユニットベース

引用元:株式会社ユニットベース

マーケティングや事業を理解した制作に定評があります。様々な企業に直接デジタルソリューションを提供しており、企業のブランディングを実現するめの提案から制作までワンストップで実現するスペシャリストです。

7. 株式会社ベイジ

引用元:株式会社ベイジ

baigieはBtoB企業向けに特化した制作会社です。企業間のーBtoBビジネスにおいては一般消費者向けのBtoCとは異なる視点や手法が必要になります。これはホームページ制作においても同様で、baigeでは企画設計、開発、運用までBtoBに最適化したホームページ制作やマーケティング戦略の展開をサポートしています。

8. リードプラス株式会社

引用元:株式会社リードプラス

顧客に対して効果的なインバウンドマーケティングを展開したい企業にはリードプラスがおすすめです。リードプラスでは最初期のWeb設計からリード顧客の獲得・育成までワンストップでサポートしてくれるため、顧客企業は高効率に一貫したサービスを受けられます。

キャンペーンが得意なホームページ制作会社3選

この章では、キャンペーンに強みを持つホームページ制作会社を紹介しています。キャンペーンマネジメントにより、成果をあげようと考えている方は必見です。

9. RYDEN

引用元:株式会社RYDEN

大手からの依頼も多く、突出したアイデアを提供するクリエイティブな制作会社です。RYDENは得意とする強力なアートワークを武器に、的確で適切な実装やブランドの価値を語る物語づくりで、予想以上の結果に導くことを使命にクライアントをサポートしています。

10. イメージソース

引用元:株式会社イメージソース

Web・ホームページだけでなく、インスタレーションをはじめ、様々な企画を豊富に出すことを強みとしています。「社会とユーザーに豊かな体験を提供する」ことをミッションとして掲げており、常にトレンドを意識したアウトプットと、アカデミックな先端技術のアウトプットの両軸を実現しています。

11. D2Cdot

引用元:株式会社D2Cdot

D2Cグループで大手との取引経験が豊富な制作会社です。クライアントが抱える、様々な「伝えたいコト」を「伝わるカタチ」に変えていくために幅広い事業を手掛けています。

LP・LPOに強いホームページ制作会社3選

この章では、LP・LPOに強いホームページ制作会社について紹介しています。しかし、そもそもLP・LPOとはなんでしょうか。

LPとはランディングページのことを示します。そしてこのランディングページとは、サイトに訪問したユーザーに特定のアクション(例えば、購買など)を促すよう作成された縦長のホームページのことです。

LPOとはランディングページオプティミゼーション、すなわちランディングページ最適化を示します。LPOはランディングページに訪れたユーザーに対してアクションをより起こしてもらえるよう、ランディングページに何かしらの働きかけを行い、これを最適化することを言います。

LP・LPOについて理解できたら、それでは実際にLP・LPOに強いホームページ制作会社について見ていきましょう。

12. 株式会社ギャプライズ

引用元:株式会社ギャプライズ

メインにLP(ランディングページ)、広告の掛け合わせを行っているホームページ制作会社です。イスラエル発の有力スタートアップとアライアンスを組み、世界最先端のテクノロジーを扱い、他社にはない知見でクライアントを支援しています。

13. 株式会社free web hope

引用元:株式会社free web hope

BtoB、BtoC問わず、LP・LPOに強みを持っています。「きれいでかっこいいだけのWEBサイト」ではなく「売れるWEBサイト」の研究を徹底し、LP制作を中心に広告運用やWebマーケティング全般も手がけています。

14. デジタルアスリート株式会社(旧株式会社リスティングプラス)

引用元:デジタルアスリート株式会社

1000社以上の中小企業を支援した実績のあるLP・LPOに強いと評判です。Web集客の効果UPと効率UPに特化した「御社のWebチーム」を独自提供し、コンセプト作りからマーケティングまで丸ごと代行できるのが特徴です。

デザインに強いホームページ制作会社3選

この章では、デザイン力に優れたホームページ制作会社を紹介しています。かっこいいデザインやオシャレなデザインのホームページにしたいと考える人は少なからずいるのではないでしょうか。デザイン性に優れたホームページを制作をしたい人はぜひ参考にしてください。

15. 株式会社グッドパッチ

引用元:株式会社グッドパッチ

デザイン会社として異例のサイズで上場。国内でデザインに強いホームページ制作会社と言えばグットパッチが挙げられます。「ハートを揺さぶるデザインで世界を前進させる」というビジョンのもと、クライアントの課題を強みであるデザインで解決していくことに長けています。

16. 株式会社 THE GUILD

引用元:株式会社 THE GUILD

noteをはじめ、様々な会社のデザインを担当している実績があります。複数の会社・クリエイターで構成されたIT×デザインのスモールチームながら、大手企業からスタートアップまで数多くのプロジェクトを構築しています。

17. 株式会社オハコ

引用元:株式会社オハコ

多種多様なUI・UX(ユーザーインターフェース・ユーザーエクスペリエンス)の設計から制作までを強みとしています。「気持ちが上向く体験で溢れる世界をデザインする。」をビジョンとして掲げ、クライアントと一体となってUX設計からUIデザイン・その後のインタラクションの実装までも担当することで、心地よいユーザー体験を提供しています。

【目的別】ホームページ制作にかかる費用相場

さて、続いてこの章では、ホームページ制作にかかる費用相場について解説していきます。

意外にもホームページ制作にかかる費用はピンキリで、依頼する制作会社や実装したい機能によって制作費用は大きく変化するので、この章で提示している目的別の費用相場はあくまでイメージをつかむための目安・参考程度に考えてください。

1. 必要最低限のホームページ

ホームページとして最低限の機能さえあれば良いという方は50〜150万円くらいの制作費用を想定しましょう。50〜150万円はホームページ制作費用の中ではかなり安価な価格帯に属します。

具体的なホームページ制作方法としてはホームページ制作ツールの既存テンプレートを用いた制作になります。ただし、この価格でオリジナリティ溢れるホームページを制作することは難しいです。

2. 一般的なホームページ

オーソドックス普通のホームページを制作したい方は150〜500万円くらいのホームページ制作費用を想定しましょう。ホームページ制作会社に依頼すると、大抵、この150〜500万円の間に収まります。

具体的なホームページ制作方法としてはクライアントからのヒアリングをベースにゼロから制作する方法が一般的です。依頼者側の希望を踏まえた上で、デザインやコーディングをしていくため、ある程度オリジナリティのあるホームページを制作することができます。

3. オリジナリティを追求したホームページ

オリジナリティ溢れる高品質なホームページを制作したい方は500万円以上の制作費を想定しましょう。より多くの人たちが制作に携わるため、プロジェクトは大規模化し制作期間も半年ほどになります。単にホームページを作るだけではなく、ブランディングの観点もゼロから一緒に考えたり、他にはないハイクオリティなホームページを作ったりできます。

【番外編】フリーランスに依頼する場合

制作会社に依頼する以外にもフリーランスに依頼してホームページ制作をする方法があります。フリーランスに依頼するメリットはコストをより低価格に抑えられることです。

例えば、Lancers(ランサーズ)というフリーランス紹介サービスで作成する場合を考えてみましょう。Lancersで作成すると、1〜10ぺージの場合は5〜40万円で11〜20ぺージの場合は5〜80万円がおおよその相場です。しかしながら、低コストな分、以下のデメリットも存在します。

・品質が保証されていない
・突然廃業するリスクがある
・納期に遅れる可能性がある
・作業内容に得意・不得意が出やすい


フリーランスへの依頼を検討している方は、ここで紹介したデメリットがあるということを理解しておく必要があるでしょう。また、以下の記事で他にも安心して制作を任せられるフリーランスを選ぶポイントについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作会社の見積もり例3選

続いてこの章では、ホームページ制作会社の実際の見積もり例について紹介します。

前章で費用相場についてわかった方は、次に実際に見積もりがどのようになるのか、どの工程にどれくらいの費用がかかっているのか見ていきましょう。

ここで紹介している見積もり例もあくまで一例に過ぎません。もし興味のある制作会社を見つけたら、実際にその会社の見積もりも取り寄せてみてください。

1. SIMPLE WEB

引用元:SIMPLE WEB制作料金・価格表ぺージ

10ページ程度の士業サイトを作成する場合、20万〜30万円となるケースがあります。また、SIMPLE WEBではWordPressの既存テーマを使用する場合のホームぺージ制作も行っており、費用をおさえることもできます。

2. IT Force

引用元:アイティフォース お見積り例ぺージ

10ぺージの会社紹介とブログ機能のあるホームページを作成した場合の料金実例になります。15日の工数で18万9千円です。また、IT Forceでは「施工事例のコンテンツはグラフィカルにスライドショーさせたい」といった細かい依頼内容にもきちんと対応しています。

3. 流楽

引用元:流楽 お見積り例ぺージ

10ページのホームページを制作する場合、50万円程度かかります。オリジナリティのあるホームページにするための、企画構成料金やトップページデザインといった項目があります。また、流楽では他にも予算に合わせた提案や制作を行っているので、気になった方は見積もりを出してみましょう。

【必見】ホームページ制作会社選びで失敗しない7つのポイント

この章では、ホームページ選びで失敗しない7つのポイントを紹介していきます。

ホームページ制作会社をよく考えずに選んでしまうと、想像とは違うホームページが完成したり、当初より高額になってしまったりするケースは少なくありません。ホームページ選びで失敗しないポイントを押さえて、自分に合ったホームページ制作会社を見つけましょう。

1. ホームページ作成目的の明確化

初めに明確にすべきは、「ホームページを通じて自社が何を達成したいのか」です。なんとなくかっこよければいいや、最低限の閲覧数が確保できればいいや、など曖昧な理由や目的でホームページを制作するだけでは求める成果につながりません。

例えば、ホームページを通じて何をしたいのか、ブランディングをしたいのか、売り上げを上げたいのか、考えてみましょう。そうしたら次に、どんなブランディングをしたいのか、売り上げはどの分野で何%増を目標にするか、という感じで目的をより具体的にしていきます。

十分に練られた目的やゴールは、自社にどんなホームページが必要か明確にしてくれるだけでなく、どこに強みを持つホームページ制作会社にすべきかも明らかにしてくれるため、とても重要です。抽象的で曖昧な目的はしっかり掘り下げて具体化し、明確な目的にしましょう。

2. 予算・納期の設定

例えば「納期は〇月〇日で、予算は250万円以内。〇〇な機能を備えたホームページが作りたい。」など、明確な金額や納期、実装機能を含んだ提案ができれば、制作会社側からの具体的な提案がもらえます。

制作会社は同時にいくつもの制作を並行して行っている場合が多いです。納期が短いとホームページのクオリティが下がったり、費用が上がったりする場合があるため、余裕を持った納期の設定を行いましょう。

3. 相見積もりの取り寄せ

相見積もりを取るメリットは、見積もりをとったホームページ制作会社のうち、どこの見積もり金額が自社の予算と相性が良いか金額に見合ったサービスを提供しているかを客観的に比較し判断できる点にあります。

ホームページ制作はコンテンツによって大きくコストが変わってしまうこともあり、制作会社が料金表を公開していないことも多いです。

また、見積もりの際には制作費以外にも気をつけるべきポイントがいくつかあります。例えば窓口の対応がそのひとつです。

窓口の対応が悪い場合、こちらの意見が伝わらず納期や品質に影響が出ることも考えられます。コスト削減のためにメールのみで対応する会社も多いですが、満足のいくホームページを作るためには話し合いによる意見のすり合わせが不可欠です。しっかり話を聞いてくれる制作会社を選びましょう。

以下の記事では他にも見積もりの際に注意すべきポイント見積書にどんな項目を含めるべきかについてわかりやすく解説しています。ホームページ制作の見積もりについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

4. 同業種のホームページ制作実績の有無

その制作会社がどのような業種の企業と取引実績があるのかを調べることも重要です。また、制作実績の一覧ページから、どのようなポイントに注力してホームページを制作しているのか読み取ることも大切です。

自社と同業種のホームページ制作経験が豊富であれば、こちらが求める要件も理解されやすく、制作会社側からノウハウを提供してもらえることも期待できるでしょう。

5. サイト開設後のサポート体制のチェック

ホームページが納品された後は、自社で更新作業や保守運用などをおこなっていかなくてはなりません。しかし、運用途中で何かトラブルが生じる可能性があります。そのため、開設・リニューアル後のサポートをどこまでおこなってくれるのか確認しましょう。

とりわけ初めて更新作業をするときには混乱が予想されるます。制作会社の方からサポートスタッフを派遣してもらったり、更新に関わる社員に対して、講習会などを実施してもらったりして、サイト開設後更新作業をスムーズに進めましょう。

ホームページの開設・リニューアル後に必要な保守運用の作業としては主に以下の5つがあります。

1. ドメインやサーバーの維持・管理
2. SSLサーバ証明書の維持・管理
3. CMSのアップデート
4. データのバックアップ
5. 外部連携の仕様変更対応


これらの作業は運用代行会社に外注して行うこともできますが、その場合は費用としておよそ1~5万円かかります。
運用保守についての詳細な情報は、こちらをご覧ください。

6. ホームページ更新方法の確認

ホームページコンテンツは常に最新の状態に保っていくため、定期的な更新が必要です。しかし、この更新作業を外部企業に委託すると毎回作業費が発生してしまいます。こうした事態を避けるため、ホームページ開設後の更新・運用はできれば自社でおこなうことを前提にしましょう。

そのためには、自社で運用しやすいようにシステムを整備してくれる制作会社を選ぶのがよいでしょう。ホームページの更新やページの追加は、運用改善と呼ばれる作業に分類されます。運用改善は、ホームページを通したビジネスでより良い成果を生み出すために重要な段階であり、ホームページの更新やページの追加以外にも、主としては以下の4つの作業が挙げられます。

1.問い合わせ対応
2.分析・改善
3.トラブルや緊急時対応
4.集客


運用改善の作業はより良いホームページ運用のために不可欠ですが、その作業の多くは複雑です。これらの作業を外注する場合、たいへん高額で100万円以上かかってしまうケースもあります。

ホームページの更新やページの追加以外の運用改善の作業を考慮すると、自社で対応できる部分はなるべく自社で作業を行えるようにシステムを整備することが重要になってくるでしょう。制作会社を選ぶ際には必ず確認することをおすすめします。

以下の記事では、他にもホームページをさまざまなリスクから守るための運用業務運用を特化した会社を紹介しています。ホームページの更新についてもっと詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

7. 制作会社ホームページの更新頻度

依頼しようと考えているその制作会社が自社のホームページを更新しているか、充実したコンテンツを更新しているかどうかも重要な選定基準になります。特に今までの取引企業の種類やその制作内容を確認することで、実際にホームページを制作したときのイメージがしやすくなるでしょう。

もし依頼を考えている制作会社のホームページが更新されていないとき、また、取引業界が大きく異なっているときは注意が必要です。

自社をアピールする絶好の場であるホームページの整備がしっかりできていないということは、ビジネスに対する気配りや事業運営における余力があまりないことも考えられます。継続的なサポートを受けるためには、セルフマネジメントのしっかりした、組織基盤が強固な制作会社の方が望ましいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では、東京のホームページ制作会社に特化しておすすめの制作会社17社を特徴別で紹介してきました。

制作会社選び一つとっても、とても奥が深いことがわかったと思います。実際にホームページ制作を行う際には、この記事でまとめられていたことを参考にして理想のホームページ制作会社を選んでみてください。

ホームページはいくらで作れるの?
最短1分でカンタン見積もり!

ホームページ作成サービスsiteflowではホームページ作成料金の無料診断を行っています。

・あなた好みのホームページを料金診断
・あっという間に見積もり完了
・質問に答えるだけだからカンタン

ホームページ作成に少しでも興味のある方はぜひお試しください。