インターネットが普及した現在ホームページは企業だけではなく個人でも開設するケースが多くなっています。

一方で、いざ作ろうとすると、何から始めたらいいのか分からず、「ホームページ作成」と検索された方も多いはずです。他にも以下のような問題を抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

  • そもそもホームページの作成方法がわからない
  • 本当に無料でホームページが作成できるのだろうか?
  • 実際、どのような手順でホームページを作ったらいいのかわからない

本記事では、このような問題を解決できるようにホームページの作成方法から無料で使用できる作成ツールの紹介、さらにはホームページを作成する際の落とし穴までご紹介していきます。

これからホームページを作りたいと思っている方は、自分にあった最適な作り方やサービスを見つけるためにも是非、参考にしてみてください。

低価格でホームページを作りたいならsiteflow!

siteflowではプロが低価格でホームページを作成します。

・初期費用0円、月額9,000円からホームページ作成可能
・ホームページの設計は信頼できるプロにお任せ
・公開後は誰でもカンタンに更新できる

まずは無料相談をお試しください。

目次

【前提】ホームページ開設における7つのメリット

確かにホームページは現代において企業の顔といっても過言ではありません。しかし、よくよく考えてみたらSNSで発信したり、チラシ等で宣伝したほうが宣伝に役立つ場合もあるかもしれません。

ホームページを開設するにあたってどのようなメリットがあるのかをしっかり押さえ、その上でホームページ作成を行いましょう。

1.顧客に安心感を与えられる

現代では、企業がホームページを開設するのはほぼ常識となりました。そのため、ホームページがないだけで顧客に不安を与えてしまうおそれがあります。

ホームページがあれば、さまざまな情報を発信できます。自社が提供しているサービスや扱っている商品、独自の取り組みなどを掲載できるのです。どのような理念で事業を行っているのか、どのような社員が働いているのかも伝えられるため、顧客に多くの情報とともに安心感を与えられます。

2.ネットを経由して集客をすることができる

インターネットを用いた集客は、さまざまな業界で行われています。いろいろな手法がありますが、ホームページもうまく活用できれば集客に役立ちます。

実店舗を運営しているケースでも、ネット経由で集客が可能です。ホームページを見てくれたユーザーが「行ってみたい」と感じ、足を運んでくれる可能性があります。

自社のことをまったく知らない層へ、アプローチできるのもメリットといえるでしょう。ネットで検索し、たまたま見つけてもらって集客につながる、といったケースは十分考えられます。

上手に運用できれば、集客に多大な成果を生み出してくれるホームページですが、作ったはいいものの、集客に繋げられていないケースも少なくありません。例えば、ターゲットが定まっていないことで、誰に何を伝えたいのか全くわからないホームページになっていることがあります。

これでは当然、ホームページは誰の心にも響かないので、訪問者も具体的なアクションを起こせません。まずは、ターゲットを明確に設定して、そのうえでコンテンツの制作を行いましょう。「20代前半の女性で美容に興味がある人」のように、より具体的なペルソナを設定することが大切です。

後ほど、ホームページにおける7つの集客方法について記載しておりますのでそちらも是非ご覧下さい。

3.営業ツールのひとつとして活用できる

ホームページは、24時間365日働いてくれる営業マンのようなものです。開設さえしておけば、ユーザーが好きな時間にアクセスし、予約や商品の注文に結びつきます。

どれほど優秀な営業マンでも、24時間365日働き続けてくれる人はいません。ホームページなら、年中無休で文句ひとついわず働き続けてくれるのです。

流入の窓口を増やせるのもメリットといえるでしょう。問い合わせフォームや公式LINEのQRコードなどを載せておけば、そこからユーザーの獲得につながる可能性があります。電話やファックスだけでなく、メールやLINEなどの窓口を用意することで、機会損失も防げます。

4.アクセス解析もできるのでマーケティングに活用できる

アクセス解析ツールを利用すれば、さまざまな情報を含むアクセス状況をチェックできます。アクセス元のデバイスや地域、人数などを確認できるため、今後のマーケティングに活かせることがメリットです。

アクセス解析では、直帰率も確認できます。アクセスはしたものの、特に何もアクションを起こさずに離脱したユーザーがどの程度いるのかをチェックできるのです。また、平均滞在時間も確認できるため、これらの情報を組み合わせるといろいろなことが見えてきます。

アクセスは多いのに、直帰率が高く平均滞在時間が短い、といったケースでは、アピールの仕方に問題があるのかもしれません。ホームページまで人が集まってきたけれども、そこにある情報を見て、満足できずにすぐに帰ってしまった、という状態を示しています。

商品やサービスの魅力をきちんと伝えられていない、訪問者に親切な設計になっていないといったことが考えられるため、そこから改善策を打ち出せます。

アクセス解析に使用できる便利ツールとしては、以下の2点がおすすめです。無料で使えるGoogleのサービスのため、ひとまず導入してみてはいかがでしょうか。

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)はWebサイトのSEO成果を確認するツールのひとつです。検索ワードでの表示回数、順位、クリック数などを数値化して見られます。

また、コンテンツを制作した際にGoogleの検索に載るよう促すインデックス機能もありSEO対策には欠かせません。Google Search Consoleは訪問前のユーザー情報が得られることも特徴です。

ユーザーがサイトに辿り着く前に、どのような検索をしたかなど一歩手前の状態を把握することができます。これらを確認することでサイトの弱い部分を見つけられ、行うべき対策が明確になるでしょう。

Googleアナリティクス

Google アナリティクスは無料で使用できるアクセス解析ツールです。Google Search Consoleがユーザー訪問前の情報をチェックできるのに対して、Google アナリティクスは訪問後のデータを主に扱います。

自社サイトへの訪問者数、使われているデバイス、訪問者の流入経路などをはじめ、さまざまな情報を知ることができます。

5.経費削減につながる

電話しか窓口がない場合、対応に手間や時間をとられてしまいます。電話がかかってくるたびに対応しなくてはならず、スタッフが本来の業務に注力できなくなることも少なくありません。

ホームページがあれば、自社の商品やサービスに関する詳しい情報を掲載できます。画像付きの説明や動画も配信していれば、口で説明するよりもしっかりアピールできるメリットもあります。

電話対応に割く時間を削減できるため、トータルでのコストダウンにもつながります。それまで電話対応をしていた社員は、別の仕事へ注力できるようになり、業務効率化にもつながるのです。

6.ビジネス上での信頼感が得られる

企業が事業を営む上では、さまざまな取引先とも関わり合います。現代社会でビジネスを行うにあたり、ホームページの開設は常識でもあるため、なければ信頼を得られない可能性があります。

特に、事業を始めたばかりの企業には信用がありません。設立したばかりで実績も乏しい、といった企業では取引先の信頼を得にくく、事業が軌道にのらない可能性もあります。

一方、ホームページがあれば、「きちんとビジネスをしている会社」との印象を与えられるでしょう。それだけでなく、事業にかける熱意や社長、従業員の人柄などもアピールできます。

7.求人募集のツールのひとつとして活用できる

企業が発展と成長を続けるには、優秀な人材を確保しなくてはなりません。しかし、現在の日本は少子高齢化が著しく進み、人材の確保はどんどん難しくなっています。

人材を募る方法には、ハローワークや求人サイト、求人情報誌などがありますが、これらの媒体では最小限の情報しか発信できません。そのため、なかなか人材確保につながらない可能性があるのです。求人サイトや情報誌の場合、広告を掲載する費用も発生します。

ホームページがあれば、求人専用のページを設定でき、そこで求人募集が可能です。豊富に情報を掲載できるため、会社の魅力を余すことなく伝えられることがメリットです。しかも、求人サイトや求人情報誌のように高額な費用が発生しません。

【前提】3つのホームぺージ作成方法(比較表付き)

ホームページを作ることって難しいと思う方もいるかもしれませんが、敷居はどんどんと下がり、HTMLやCSSといった専門的なエンジニアリング知識がなくても、誰でも簡単にホームページを作ることができるようになってきました。

例えば、世界で最も多く利用されているWordPressは、豊富なテンプレートを活用することで、ほとんど自らでコーディングせずとも、カンタンにホームページを作成することができます。

近年では「No Code(ノーコード)」という言葉がトレンドになっており、プログラミングをせずにWebサイトやアプリ開発をする手法として注目されています。ホームページを作るには、大きく分けて三つの方法があります。

  1. ホームページ作成ツールを使う(ノーコード)
  2. HTMLとCSSなどのコードを自分で書く
  3. 制作業者に依頼する

それぞれの作り方にメリット・デメリットがあります。どのような作り方がいいのか分からない、もしくは迷われているという方は、それぞれを比較した上で参考にしてみてください。

ひと目でわかる!作成方法比較表

ホームぺージ作成ツールを使う HTMLとCSSなどのコードを自分で書く 制作会社に依頼する
費用の相場無料~(別途サーバー費用等)無料~(別途サーバー費用等)50万円~
期間の目安 1カ月~ 半年~(勉強時間等含む) 2カ月~(小規模サイトの場合)
難易度★★☆ ★★★ ★☆☆
おすすめの方中級者/なるべく早く作りたい方経験者/時間に余裕がある方 初心者/時間に余裕がある

1. ホームページ作成ツールを使う(ノーコード)

ホームページ作成ツールを用いて、難しいデザインや開発を用いず、自ら作成する方法があります。

HTMLやCSSといった専門的なエンジニアリング知識は基本的に不要であり、無料から使用できるものもあります。費用を抑えつつも、自らのイメージに近いホームページを作成したい方にはおすすめの方法と言えます。

メリット
  • テンプレートなどを活用することで、専門的な知識がほとんどなくとも作成することが可能
  • 制作会社に依頼するよりは、コストを大きく抑えることができる(無料で扱えるツールもたくさんある)
デメリット
  • 自分が思ったようにカスタマイズして作成できない(テンプレートによっては制限がある)
  • 全くパソコンやITに触れていない人の場合、活用するのはかなり困難

また、ホームページ作成ツール以外にもご自身のパソコンにインストールしてホームページを作成するホームページ作成ソフトが存在します。以下の記事ではソフトの紹介や選ぶ際に押さえておきたいポイントについて解説していますのでより詳しく知りたい方はあわせてご覧ください。

2. HTMLとCSSなどのコードを自分で書く

HTMLやCSSといっ たコードを自ら書き、作成する方法です。
ちなみに、HTMLとCSSとは簡単に説明すると、下記のようなものです。

HTML:Webサイトに表示されるテキストや画像・リンクなどを記述する
CSS:表示されるテキストのフォントや色、大きさや画像の位置などを調整する

プログラミング言語としては、決して学習コストが高いものではありませんが、全くエンジニアリングの知識がない方には多少ハードルが高いため、コーディングに興味・関心がある方にのみおすすめできる方法と言えます。

メリット
  • デザインやレイアウトなど、完全にオリジナルにできる
  • 外注の制作費がかからないため、コストを抑えることができる
デメリット
  • 専門的なエンジニアリングの知識が必要となる
  • 運用・管理のフェーズを考慮すると、予期せぬ対応が必要となった場合にサポートが不十分である

自分で一から学んで作成するとなると、多大な時間を要してしまうため、お急ぎでホームページを作成されたい方には不向きと言えます。

パソコンをお持ちの方は、macやWindowsに備わっている標準のテキストエディタ作成することも可能ですが、全くの初心者にはおすすめできません。

一般的にはホームページ制作ツールを使用して自分で作成するか、制作会社に依頼されることが多いかと思いますが、もしそれでもHTML,CSSでの作成に挑戦されたい方には以下の記事を参考にしてください。

HTMLとは?CSSとは?の基礎的な説明から、実際に作成するまでのステップを詳細に解説しています。

3.制作会社に依頼する

最後に、ホームページ制作会社に依頼する方法があります。専門的な知識はもちろん、自社の社員リソースを圧倒的に使わずに済むことができます。コストに一定の余裕があり、かつ一定のスピードとクオリティを重視する場合には、おすすめの方法と言えます。

メリット
  • 最終的な欲しい目的の設計から、プロと一緒に進めることができる
  • 集客やマーケティング、ブランディングといった観点まで設計したホームページを作成することができる
デメリット
  • コストがかかる
  • メンテナンスなどの管理に手間がかかる

ホームページ制作会社に依頼する際の費用感としては50万円〜500万円と幅が広くピンキリです。

デザインや機能などをあまり求めないライトなものだと50万円~150万円ほど、一定のクオリティやオリジナリティを求めると150~500万円ほど、コーポレートブランディングなどを踏まえて意匠を凝らしたようなデザインにする場合は500万円以上かかってきます。

ホームページ制作に必要な期間としても少なくとも3ヶ月〜半年かかることが多いので、金銭的・時間的余裕がない場合にはおすすめできません。

それでも制作会社に依頼したいとお考えの方には、以下の記事で具体的な制作の流れ、費用、注意点、またおすすめの制作会社について詳しく解説しているので、参考にしてください。

ホームページ無料作成ツール12選(比較表付き)

無料から使用することができる作成ツールを一覧にしました。ツールによっては、有料プランにすることで使える機能もありますので、実際に使用する場合は、各サービスサイトにて最新の料金プランをご確認ください。

1. siteflow

詳しくはこちら:https://siteflow.jp/

siteflowは株式会社FLUXが開発した、低価格で高品質なホームページ制作サービスです。
初期の制作はプロが行うため、入念なヒアリングを行い、お客様が見てほしい方に最適なデザインや構成のホームページを作ることができます。

管理画面は専門知識不要で誰でも使えるため、文章の修正や画像の差し替えなど、通常業者に依頼をするとお金がかかる変更も自分で行うことができます。
初めてのHP作成やリニューアルを検討されている方にオススメなので、まずは問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

初期費用0円
月額費用9000円~
ページ公開数無制限
Google Analytics
広告削除
独自ドメイン

siteflowについてより詳細に知りたい方は以下のリンク先をクリックしてください。
ホームページ作成サービスsiteflowについて詳しく知る

2. WordPress

引用元:WordPressホームページ(https://ja.wordpress.org/

WordPressとは、世界で最も多く使用されているホームページ作成ツールです。サイトの作成やブログの作成といったCMS(コンテンツ管理システム)の一つで、豊富なテンプレートがある点と無料から使用できる点が大きな特徴と言えます。

ただし、自身でサーバーを契約したりなどする必要があること、自由度が高いからこそ逆に素人には扱いにくいことがあります。初めてホームページを作成する方から制作業者などの専門家まで幅広い方々におすすめできる作成ツールの一つです。

初期費用0円 〜 
月額費用0円 〜 (別途サーバー代のみ負担)
ページ公開数無制限
Google Analyticsの連携有料プランのみ
広告の有無なし
独自ドメイン有料プランのみ

WordPressでホームぺージを作る際の作業内容

WordPressであれば、手打ちのようにheadタグやbodyタグの記述は必要ありません。テンプレートにホームページの公開に必要な枠組みが構築されているため、必要なのは基本的にコンテンツの作成のみです。

プラグインやウィジェットなどの設定も重要ですが急ぐ必要はありません。「投稿」からコンテンツを作成し、「メディア」に必要な画像をアップロードするだけで、一定のクオリティを誇るホームページが構築されます。

よりハイクオリティなデザイン性を求めるのなら、テンプレートの導入がおすすめです。とくに市場シェアの大きなWordPressは豊富なテンプレートが揃っています。

テンプレートを用いることで、HTMLやCSSなどのプログラミング知識がない初心者でも、デザイン性の高いホームページを簡単に作ることができます。

ご参考までに、テンプレートギャラリーサイトには以下のようなものがあります。

無料ホームページテンプレート.com

引用元:無料ホームページテンプレート.comホームページ(https://f-tpl.com/

企業や店舗、サービスなどのHTML、WordPressテーマ無料テンプレートが約200種類。有料(2,980円)で著作権表記なしにできます。テンプレートだけで物足りない場合は、無料でデザインをカスタマイズできます。

上記で取り上げた無料ホームページテンプレート.com以外にも様々なギャラリーサイトがあるので、もっと他にも知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。最適なテンプレートを選ぶための基準も併せて解説しています。

3. Wix

引用元:Wixホームページ(https://ja.wix.com/

Wixはイスラエル発のホームページ作成ツールの開発提供企業です。作成者のスキルに応じて、様々な利用方法が選択できる点が大きな特徴の一つと言えます。

また、目的別の細かな料金プランがあることもユニークな点で、大きく分けて「ホームページプラン」と「ビジネス&Eコマースプラン」に分かれており、幅広いユーザーが使用するケースを想定した料金プラン体系となっています。

無料ドメイン接続ベーシックアドバンスVIP
初期費用0円0円0円0円0円
月額費用0円500円900円1,300円2,500円
データ容量500MB500MB3GB10GB35GB
広告の非表示××
独自ドメイン×

4. ペライチ

引用元:ペライチホームページ(https://peraichi.com/

ペライチは直感的な操作で簡単にサイト作成できるホームページ作成ツールです。ドラッグ&ドロップで構成を変更できるので、初心者にはおすすめです。

ただ10Pを超えるページは作成できないため、ブログなどページ数の多いホームページを作成したい方にはおすすめできません。無料で始めることができるので、まずは登録して自分に合うか確かめて見ましょう。

スタートプランライトプランレギュラープランビジネスプラン
初期費用0円0円0円0円
月額費用0円1078円2178円3278円
ページ公開数13510
広告の非表示××
独自ドメイン×

5. STUDIO

引用元:STUDIOホームページ(https://studio.design/ja

STUDIOは簡単操作でサイト作成できるサイト作成ツールです。特徴としては、テンプレートだけではなく1から独自デザインも作れることです。

独自機能としても共同編集ができたり、モリサワフォントが使用できたりと他と差別化したい方におすすめです。FREE・BASICプランの場合5記事までしか公開できないため、ブログやお知らせなど使用されたい方は1000記事公開可能なPROプランの利用が必須となります。

FREEBASICPRO
初期費用0円0円0円
月額費用0円1078円2178円
ページ公開数551000
広告の非表示×
独自ドメイン×

6. ジンドゥー

引用元:ジンドゥーホームページ(https://www.jimdo.com/jp/

ジンドゥーは世界的に有名な無料から使えるWebサイト作成ツールです。登録時に案内される質問に答えるだけでAIがホームページを作成できるので、たった数分でサイトを完成することができます。

200万ユーザーの実績があるため、安心して使えるツールと言えるでしょう。豊富なテンプレートが用意されていますが、デザインの細かい調整はできないため、拘りたい方はSTUDIOをおすすめします。

料金プランはAIビルダープラン、クリエイタープランがありますが、今回はより簡単でオススメなAIビルダープランを紹介します。

PLAYSTARTGROW
初期費用0円0円0円
月額費用0円990円1590円
ページ公開数51050
広告の非表示×
独自ドメイン×

7. Weebly

引用元:Weeblyホームページ(https://www.weebly.com/jp

Weeblyはアメリカ発のホームページ制作プラットフォームです。質の高いテンプレートで、ドラッグ&ドロップで簡単にホームページを作成することができます。

Webサイトだけではなく、ECサイト向けの料金プランもあります。注意点としては、サポートやアプリは日本語対応していないため、細かい不具合や相談の敷居が高いことです。またバックアップが取れないため、ブログサービスとしての利用はおすすめできません。

無料ConnectProビジネス
初期費用$0$0$0$0
月額費用$0$5$12$25
ストレージ容量500MB500MB無制限無制限
広告の非表示××
独自ドメイン×

8. Ameba

引用元:AmebaOwndホームページ(https://www.amebaownd.com/

Ameba Owndはアメブロで有名な株式会社サイバーエージェントが開発したホームページ作成ツールです。100万人以上のユーザー実績があり、手軽にホームページを作成できます。

無料で独自ドメインを設定可能、またGoogleアナリティクスと連携もできます。
注意点としては、カスタマイズ性が低く、簡易的なSEO対策しかできない点が挙げられます。

ベーシックプレミアム
初期費用0円0円
月額費用0円960円(年払いの場合800円)
ページ公開数10無制限
広告非表示×
独自ドメイン

9. Goope

引用元:Goopeホームページ(https://goope.jp/

GoopeはGMOペパボが開発したホームページ作成ツールです。シンプルな機能で使いやすいのが特徴です。WixやSTUDIOのように柔軟性は高くないものの、機能が絞ってある分操作を簡単にできます。

無料プランはないものの、お試し期間として15日間あるため、まずは使ってみて使用感を試してみてはいかがでしょうか。

エコノミーライトプランスタンダードプラン
初期費用0円0円0円
月額費用1100円1650円3850円
ディスク容量1GB5GB50GB
広告の非表示
独自ドメイン

10. STORES

引用元:STORESホームページ(https://stores.jp/

STORESとは、初心者でも手軽にネットショップを作成できるサービスです。初期費用や月額費用0円から始めることができ、管理画面が使いやすいのが特徴です。

LINEや日産など多くの事業者から導入実績があり、サポートもしっかりしています。

フリープランスタンダードプラン
初期費用0円0円
月額費用0円2178円
決済手数料5%3.6%
広告非表示×
独自ドメイン×

11. BASE

引用元:BASEホームページ(https://thebase.in/

BASEは初心者でも簡単にネットショップを作ることのできるサービスです。初期費用や月額費用どちらも0円で利用でき、簡単にデザインが良いものを作成できます。

ネットショップ開設実績4年連続No.1を誇り、数多くのネットショップ初心者に選ばれています。商品が売れるまでコストがかからないので、ECサイト制作が初めての方でもおすすめです。

初期費用0円
月額費用0円
決済手数料・サービス手数料(決済手数料3.6% + サービス利用料3%)+40円
Baseロゴ非表示月額500円~
独自ドメイン

12. EC-CUBE

引用元:EC-CUBEホームページ(https://www.ec-cube.net/

EC-CUBEは株式会イーシーキューブが提供している、ECサイト構築のためのオープンソース型ソフトウェアです。どちらかというと個人より法人向けのサービスとなっております。

BASEやSTORESとは異なり、販売手数料がかからないことが大きなメリットとなります。専門知識がないとショップ開設は難しいため、外注できる予算(数十万円〜数百万円)のある企業におすすめです。

初期費用0円
月額費用0円
販売手数料0円
広告削除
独自ドメイン

13. Shopify

引用元:Shopifyホームページ(https://www.shopify.jp/

Shopifyはカナダ初のEC事業者向けのプラットフォームです。手軽に高性能なECサイトを、$29から始めることができるので、世界中で人気を集めています。

他のプラットフォームと比べて、個性のあるサイト作りが簡単にできるので、数多くのD2Cブランドが利用しています。133の通貨で販売できるので、海外向けに商品展開したい方にもおすすめです。

ベーシックスタンダードプレミアム
初期費用0円0円0円
月額費用$29$79$299
手数料(日本のオンラインクレジットサービスの場合)3.4%3.3%3.25%
広告の非表示
独自ドメイン

以下、これまで紹介したホームページ作成ツールを一覧表にしてまとめています。比較・検討する際には是非参考にしてください。

無料:◯ / 有料のみ:△

初期費用月額費用ページ公開数広告の非表示独自ドメイン
siteflow¥0 ~ ¥9,000~無制限
(ドメイン取得・管理代行あり)
WordPress¥0 ~ ¥0 ~無制限
Wix¥0 ~ ¥0 ~容量による
ペライチ¥0 ~¥0 ~1~10
STUDIO¥0 ~¥0 ~5~1000
Jimdo¥0 ~¥0 ~5~50
Weebly¥0 ~¥0 ~容量による
Ameba Ownd¥0 ~¥0 ~10~無制限
Goope¥0 ~¥1,100 ~容量による
STORES¥0 ~¥0 ~容量による
BASE¥0 ~¥0 ~容量による
EC-CUBE¥0 ~¥0 ~容量による
Shopify¥0 ~$29 ~容量による

ホームページを作成の6つの手順

実際に作成ツールを用いてホームページを作成する場合には、以下のような手順で進めていく必要があります。

1. 目的を決める

そもそも、なぜホームページを作成する必要があるのかを予め明確にしておきましょう。「オシャレなデザインに変えたい」「会社の雰囲気が伝わるようにしたい」といったことは目的ではありません。できるだけ具体的に決めることが重要です。

例えば、「ホームページを通して、サービスへの問い合わせを〇〇件増やしたい」「ホームページを見て、〇〇名以上の候補者からエントリーをもらいたい」など、ホームページを作成することで、どんな結果を期待するのかを明確に決めておきましょう。

次にその目的を達成するためにはホームページを通してどのような情報をお客様に伝えたら良いのか考えます。コーポレートサイトの場合、会社名やサービスの基本情報、問い合わせフォームなどが一般的にホームページに掲載される項目です。

このような項目を階層にし、わかりやすく図にまとめたものをサイトマップと呼びます。

以下の記事ではサイトマップの具体的な作成方法やポイントについてお伝えしています。
また、ホームページ構成にはレイアウトも欠かせません。実際に企業のホームページのレイアウトを参考にしながら解説していますので、併せてご覧ください。

2. 予算を決める

ホームページを作成・管理するには、少なからずお金がかかります。初期制作費用だけでなく、サーバー管理費やドメイン取得代など、その他費用も含め、いくらくらいまでの予算で納めるのかどうか予め決めておきましょう。

ホームページ作成サービスを利用するか、ホームページ制作会社に依頼するかによって初期費用や運営費用は大きく異なってきます。

ホームページ作成サービスの場合、無料で作成できるものもあるため、初期費用をゼロに抑えることも可能です。運営費用についても、レンタルサーバー代として月額1,000~3,000円、ドメイン更新代として年間で1,000円〜2,000円ほどなので大きな負担にはならないでしょう。

ホームページ制作会社に依頼する場合は、初期費用として50万円~1000万円とピンキリです。デザイン性などをあまり求めないのであれば、30万円ほどでも作成可能ですが、値段なりの出来栄えになることが多いです。ランニングコストは月額5,000~30,000円の運用・保守費用が必要となるでしょう。

その他にもホームページ認知度向上のために、広告費用やSEOなどのコンサルティング費用などがかかるケースもあります。より具体的なホームページの作成・運用にかかる費用を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

3. 構成・デザインをつくる

ホームページは、基本的に複数の階層とページからつくられます。どういった項目を内包するのかを洗い出した上で、構成を決めます。さらには、コーポレートカラーやデザインイメージなども作ることで、自分たちが作りたいホームページを作成することができます。

また、ホームページデザインにおいては7つのポイントが挙げられます。

  • ファーストビューでユーザーの興味関心を惹きつけられるか
  • 情報の優先順位に応じてレイアウトができているか
  • レイアウトや情報がシンプルでわかりやすいか
  • ナビゲーションバーがあるか
  • レスポンシブ対応されているか
  • トンマナ、フォントに一貫性があるか
  • ユーザーファーストが徹底されているか

上記に書いてあるポイントについて、より詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。参考になるホームページが集まったギャラリーサイトの紹介から、デザイン性の高いホームページについての解説を行っています。

4. 素材(テキスト・写真・画像)をつくる・集める

ホームページ内のテキストや写真、画像といった素材を用意します。写真や画像は、自ら作成するか収集することが可能ですが、集めた素材の場合は、商用として活用できるものかどうかという点に十分に注意してください。

5. 実装する

テンプレートやプラグインなどを活用することで、概ねコーディングは不要です。一方で、自由度高くカスタマイズしたい場合は、自らHTMLやCSSといったエンジニアリング知識が必要となります。

6. 公開する

コンテンツが完成したら、Web上に公開するにあたり大まかに4つのステップがあります。

  • ドメインを取得する
  • サーバーを借りる
  • 作成したホームページをサーバーにアップロードする
  • ホームページを公開する

始めの2つのステップにあるドメインとサーバーについて簡単に説明します。Webサイトを作成する上で不可欠な要素がドメインとサーバーです。住宅を建てることを例にしてわかりやすく説明します。家を建てる際に必要となるのは住所と土地、建物であり、これらはホームぺージを形成するドメイン、サーバー、Webサイトに置換できます。

ドメインをインターネット上の住所とした場合、サーバーは土地に該当する要素です。サーバーという土地にドメインという住所があり、そこに建てる家がWebサイトといえるでしょう。料金については後ほどご紹介します。

以下の記事ではこの4つのステップに沿ってホームぺージ公開までの手順を説明していますので併せてご覧下さい。

ホームページ作成における3つの落とし穴

ホームページは作成ツールを用いれば簡単に作れる一方で、3つの陥りやすい典型的な落とし穴が存在します。

1. 比較検討を十分にせず、無駄なコストが発生してしまう

数多くのホームページ作成ツールが存在し、その特徴や強みは多岐に渡ります。例えば、基本料金が無料という部分のみで判断し、実際にホームページを作成する際に、サイトのボリュームが大きく想定していた以上に、運用・管理費がかかってしまうことがあります。

2. セキュリティ対策を不十分に進めてしま う

近年ホームページの普及に比例するように、ハッカーなどに悪用されるようなトラブルも後を断ちません。気付かぬうちに、乗っ取られてしまい、それを閲覧したステークホルダーからの信頼を大きく失う可能性もあります。ツールによって違いはありますが、原則としてセキュリティ用のプラグインを導入しておくことをおすすめします。

近年の傾向では、セキュリティ対策が強固な大企業ではなく、つけ入る隙のある中小企業をターゲットとするケースが少なくありません

例えば、セキュリティの甘い中小企業へサイバー攻撃を仕掛け、メールを不正に利用するケースが考えられます。実際に、取引先の担当者であることを装い、偽のメールを送って送金を促す犯罪が起きています。

セキュリティ漏れによる具体的な被害例としては、情報漏洩、ホームページ改ざん、また様々な不具合が発生するマルウェア感染が挙げられます。取引先との情報が漏れた場合は、信用できない会社として今後の取引に重大な影響を与える可能性もあるため、十分な対策が必要となるでしょう。

あまり詳しくない方でも簡単にできるセキュリティ対策としては、必要のないプログラムを削除したり、パスワード12桁以上にするなどの対策があります。

もっと詳しく知りたい方には以下の記事で、具体的な被害例や対策、またおすすめのセキュリティチェックツールを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

3. 管理費用や運用コストを考慮せず進めてしまう

ホームページは作成して終わりではありません。集客や認知向上といった目的を果たすためには、中長期に渡り、メンテナンスしていくことが欠かせません。ホームページを作るにあたり、初期制作費以外にも発生するコストを予め確認しておきましょう。

  • ドメイン

ホームページを作成する際、まず初めに必要となる「ドメイン」とは、URLの末尾にある「~.co.jo」「~.com」「~.jp」などの部分のことを指します。また、ドメイン取得時には、独自ドメインにするかどうかを予め確認しておきましょう。

無料ツールの中には、初期設定として独自ドメインでないものをおすすめされる場合がありますが、ドメインとは言わば「ホームページの住所」であり、途中から変更することはあまり効果的とは言えません。ご自身のホームページ作成の目的を確認した上で、最適なものを取得してください。

ドメインの費用相場は年間で数百円~数千円です。特にこれといったこだわりがない場合には安価で提供されているドメインを含めて検討してみるとよいでしょう。代表的なドメインの料金相場について以下の表でまとめたので参考にしてください。

.com.jp.co.jp.net
平均金額1,408円1,628円4,158円1,628円
特徴商用サービスや企業向け日本を意味日本国内で登記を行っている会社向けネットワークに関するサービス向け
引用元:お名前ドットコム(https://www.onamae.com/service/d-price/

また、企業を経営していたり個人事業主として働いていたりする場合は、ドメイン取得にかかった費用を経費として処理できます。

以下の記事ではドメインの説明から種類について、また数ある種類の中からなぜ独自ドメインを取得するべきなのかについても解説しています。ホームページ作成の前に是非併せてご確認下さい。

  • サーバー

サーバーは、ホームページを公開する際に必要なものになります。一口にサーバーと言っても、いくつかの種類があります。ホームページを作成する際に、一般的に必要となるサーバーは、データベースサーバーやWebサーバーと呼ばれており、ホームページが保有するべき情報を格納しておく場所になります。

したがって、ドメインとは異なり、ホームページのボリュームによって、必要なサーバーのボリュームも異なるため、ご自身のホームページの規模に合わせて、適切なサーバーを契約することがポイントとなります。以下におすすめのレンタルサーバーをいくつか紹介します。

エックスサーバーConohaWingロリポップミックスホスト
初期費用3,300円0円1,650円0円
月額費用1,100円~931円~550円~1078円~
サイトの表示速度
無料常時SSL化
バックアップと復元0円0円有料0円
※月額費用は契約期間12ヶ月で試算
  • 運用コスト

ホームページを運営する上では、定期的な更新は欠かせません。例えば、会社情報やニュースなどは古いままになっていては、むしろマイナスな影響を与えてしまいます。

また、運用していく中で、訪問者数が増え、ホームページ価値が上がってきた際に、初期制作時に設定していた広告が残存していたりすることもあまり効果的とは言えません。それらを踏まえた上で、定期的にホームページを監視、更新する人的リソースは確保しておくべきでしょう。

他にも先述したドメインやサーバーは初期費用だけではなく月額費用もかかるため、支払いが滞るとせっかく作成したホームページも機能しなくなります。更新は忘れずに行いましょう。

以下の記事では「運用保守」と「運用改善」にわけてホームページを維持するのに必要な費用についてお伝えしています。また、維持費を安く抑えるためのコツについても記載していますので参考にしてください。

また、ここまでホームページ作成の3つの落とし穴について説明してきましたが、他にもいくつか注意するべき点があります。以下の記事ではホームページ作成において33つのやってはいけないポイントについて項目別に紹介しています。失敗せずにホームページを作るためにも是非ご参照ください。

ホームページ作成となると、注意すべきことがたくさんあって大変ですよね。

そこで、ホームページ作成に不安を感じている方には、ドメイン管理も任せられるsiteflowがおすすめです。siteflowでは、月額9,000円からプロと一緒にホームページを作成できます。

3つのプランを用意しており、ドメインの取得・管理代行サービスもあるので、できるだけ楽にホームページを作成したい方は、是非一度無料相談をお試しください。

無料相談はこちら

集客できるホームページを作るための対策7選

ホームページを作成する上で、多くの方は集客を主な目的としています。集客できるホームページのポイントをご紹介していきます。

1. MEO(Google Mapの最適化)

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称です。一般的には、地図アプリ(主にGoogleマップ)で検索をかけられた際に表示される一覧のことで、上位表示のための一連の最適化施策のことを指します。検索時には、SEO順位よりも上部に表示されることもあり、集客に大きな影響を及ぼす可能性があると言えます。

2. 広告

ホームページの多くには、広告が実装されています。ホームページの広告収入は比較的簡単に得ることができる一方で、ホームページの趣旨によっては、Webサイトのイメージを悪化してしまう可能性もあり、集客の観点としては慎重になるべきと言えます。広告にも様々な種類があるのはご存じでしょうか?今回は3つの方法をご紹介します。

プレスリリースやニュースリリース
無料でできる方法にはプレスリリースやニュースリリースが挙げられます。新聞社や出版社などに情報を発信し、取り上げてもらうことでホームページの認知度を上げることができます。

SNS広告
有料でできる方法にはSNS広告やリスティング広告などが挙げられます。SNS広告とは、各ソーシャルメディアで利用できる広告のことです。TwitterやFacebook、Instagramなど、あらゆるSNSで広告サービスがリリースされています。

SNS広告の魅力は、細かいターゲティングが可能なことです。年齢や性別、職業など、詳細な設定を行うことにより、ピンポイントでターゲットに広告を配信できます。

リスティング広告
リスティング広告とは検索連動型広告のことです。あらかじめキーワードを設定しておくと、ユーザーがそのキーワードで検索したときに、ページ上部に広告が表示される仕組みになっています。

リスティング広告では、クリック課金システムが採用されているため、費用が限られていても広告を運用できます。クリックされてはじめて課金されるため、上限さえ決めておけば、予算に応じた広告運用が可能です。

3. SEO対策

SEOとは、Search Engine Optimizationの略称です。一般的には、検索エンジンの最適化という意味で、自分のホームページをGoogleなどの検索エンジンの検索結果の上部に表示させるための一連の最適化施策のことを指します。ホームページは、基本的には検索サイトの検索結果の上部にあるほど、クリックされるとされており、集客の観点から言えば、非常に重要な施策と言えます。

具体的な対策としては、キーワード選定が挙げられます。ユーザーがなにかを検索する心理には、「解決したい」「詳しく知りたい」「〇〇を買いたい」「〇〇に行きたい」などの欲求や悩みがあります。これらを解決するキーワードを選定できればユーザーのニーズに答えられるため、アクセスアップが望めます。

他にもタイトルとディスクリプションの設定や、見出しタグの設定、画像や文字サイズの最適化など必要な対策は多岐に渡ります。ただ、SEO対策をしたからといってすぐに結果が出るケースは少なく、結果の反映には最低でも数ヶ月、長い場合は1年以上かかることもあります。

結果が出るまでは中々骨の折れる作業も続きますが、SEO対策を行って検索の上位に出ることで得ることのできるメリットは計り知れません。

実際にSEO対策をして1位に表示されると、約30%のクリック率が見込めるというデータがあります。2位で10%程度、3位〜4位が5%前後、5位から下は1〜2%程度となります。1位と2位の間には大きな数値の差があり、1位に表示された際の効果は大きいと言えるでしょう。

もっとSEO対策について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。具体的な8つのSEO対策や、SEO対策に役立つツールを紹介まで、初心者にもわかりやすく解説しております。

4. コンテンツ作成

ホームページとは、結局のところコンテンツの集合体です。コンテンツ量が極端に少なかったり、魅力あるコンテンツがほとんどなければ、ホームページへのアクセスは増えません。

5. 外部サイトに紹介してもらう

ホームページへの集客経路としては、検索結果からの流入の他に、外部ページから遷移もとてもポイントになってきます。外部のホームページはもちろん、あらゆる媒体に掲載してもらうことで、ホームページ自体の認知向上も集客に繋がる重要なポイントと言えます。

6. メンテナンスする(最新のお知らせを更新する)

ホームページには、定期的な更新が欠かせません。情報が一定タイミングで留まっていると、ユーザーは古い情報だと判断し、再訪することをやめてしまう可能性があります。

7. スマホ・タブレット対応する

ホームページの閲覧者は、今やパソコンに限らず、スマホやタブレットと言った媒体からの割合も高くなってきています。各媒体によって、表示サイズが異なるため、一般的には、レスポンシブ対応と言われる表示サイズの調整が欠かせません。

スマホ対応されていないホームページは非常に見えづらく、ユーザーに非常に大きなストレスになります。ユーザが離脱しやすくなってしまうため、見込み客を逃すだけではなく、ひいては検索順位の低下にも繋がります。

具体的なレスポンシブ対応の方法としては、WordPressで作成している場合は「WPtouch」や「MobilePress」などのプラグインで対応で来ます。これからホームページ制作会社で作成依頼される場合は、必ずレスポンシブ対応できるか確認しましょう。1ページ毎に1〜3万円、あるいはコーディング費用に1.5〜2倍といった制作費用が一般的とされています。

スマホデザインに対応していないことへのリスク、スマホ対応の方法などもっと具体的に知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

また、ホームページへの集客方法を練る前にユーザーはいったいどのような経路で流入しているのかも知っておきたい情報ですよね。具体的な流入経路は以下の6つです。

  • 検索
  • SNS
  • リファラル
  • ダイレクト
  • 広告
  • その他(メルマガやアフィリエイトなど)

以下の記事ではこれらの流入経路から、今回紹介していない有料でできる集客方法まで網羅しています併せてご覧下さい。

集客できるホームページを作るとなると、やらなければならないことが多くて難しいと感じる方も多いでしょう。

そんな方には、プロと一緒に集客に強いホームページを作成できるsiteflowがおすすめです。siteflowでは、初期費用0円、月額9,000円からホームページを作れます。

SEO基本機能も、カンタン更新可能なブログ機能も、スマホ対応のページも追加料金一切なしで作成できるので、是非一度無料相談をお試しください。

無料相談はこちら

なぜホームぺージ作成ツールではなく制作会社に依頼する人がいるのか

上記でも紹介してきた通り、無料で使えるホームページ作成ツールが数多く存在するにも関わらず、制作会社に依頼するケースも少なくはありません。どういった場合には、制作会社に依頼するべきなのかをいくつかご紹介します。

クオリティを担保したい

まずは、なんと言ってもホームページ自体のクオリティを担保したい場合が挙げられます。ツールを上手く活用すれば、無料でホームページを作成することは確かに可能ですが、一方でクオリティを向上させようとすると、一定の知識量と人的リソースの確保は欠かせません。

ホームページをつくる目的が明確であり、予算に一定の余裕がある場合は、制作会社に依頼することをおすすめします。

専門家にサポートしてもらいたい

次に、専門家にサポートしてもらいたい場合が挙げられます。ホームページを作成・運用する上で、自身では解決できない、あるいは解決に多大な時間を要することがあります。そういったケースにおいて、制作会社に依頼しておくと、基本的にサポートしてもらえます。

ホームページの重要性が比較的高く、専門的な知識も十分とは言えない場合には、制作会社への依頼することをおすすめします。

素材を調達してもらえる

最後に、画像やイラストといった素材を調達してもらえることが挙げられます。ホームページには、テキスト以外にも画像やイラストといった素材を挿入することで、伝えたい意図を明確に表現することができます。

そういった素材をご自身で作成、調達することが難しい、あるいはできない場合には、制作会社への依頼することをおすすめします。

費用をかけてでもホームページを新規に作成したい、またはリニューアルしたい方には専門のホームページ制作会社がおすすめです。自社に適したホームページ制作会社を選ぶ際には、抑えるべきポイントがいくつかあります。

具体的には、事前にホームページの目的を明確にすることが挙げられます。例えば、サービスの認知を高めたいのか、会社としての信頼感を高めたいのか、集客に結びつけたいのかによって、見せ方や会社選びの選定が大きく変わってきます。

その他にも料金相場を知ること、同業種の制作実績があるかどうかなどさまざまな抑えるべきポイントがあります。もっと詳しく知りたい方は以下の記事をご参考ください。特徴別におすすめのホームページ制作会社も紹介しているので、依頼先に迷われている方は必見です。

そして、沢山のホームぺージ制作会社があることはわかっても、どのような流れで制作されていくのかがわからない方も多いのではないでしょうか?以下の記事では完成までにどのくらいの時間が必要なのかについて特筆しています。あわせて、ホームページ制作会社に依頼する場合の費用感についても記載しています。是非、参考にしてください。

ホームぺージリニューアルしたいときに役立つ3つのこと

新たにホームページ作成をする方も、一旦作ってはみたものの時間が経つにつれて流行に乗り遅れたサイトになってしまう場合があります。集客ツールであるはずのホームページに閲覧者がいなくなってしまっては本末転倒です。

また、既にホームページを所有していてデザインなどを新しくしたい方は、タイミングによってもしかしたらリニューアルをする必要がないかもしれません。

以下ではホームページをリニューアルしたいと感じたと気に役立つ情報をお伝えします。

1. ホームページをリニューアルするタイミング

ホームページのリニューアルを考えるタイミングは、主に以下の3点が挙げられます。

  1. 見た目が古いと感じる
  2. 機能性が乏しい
  3. アクセスが増えない

これらの悩みを感じた場合にはホームページのリニューアルを検討しましょう。この状態をそのまま放置しておくと、顧客満足度の低下にもつながります。

ホームページのデザイン・機能性は毎年成長の一途を辿っているため、4〜5年おきにサイトリニューアルを検討してみるのがよいでしょう。

2. ホームページをリニューアルするメリット

ホームページをリニューアルすることで得られるメリットは以下の通りです。

  1. ユーザビリティの改善
  2. サイトに新しい機能を追加
  3. 企業のイメージアップ
  4. SEO上位表示

ホームページは企業の顔といっても過言ではありません。「上位に表示されている企業が有名企業である」「新しいことを積極的に取り入れ、時代の最先端を走っている」とユーザーが感じることもあるでしょう。

ホームページをリニューアルすることで、間接的に企業イメージの向上につながるともいえます。

3. ホームページリニューアルにかかる費用

50万〜100万円

仕上がりのクオリティは金額によっても左右されますが、50万~100万円の価格帯でもリニューアルは十分可能です。場合によっては新たなページや機能の追加、システムの組み込みなどもできます。

ただし、リニューアルはできるものの、100万円以内となるとできることはかなり限定的となります。そのため、思い描いていた通りの効果やメリットを得られない可能性もあるでしょう。まずはどのような効果やメリットを得たいのかを明確にしたうえで、業者へ相談することが大切です。

また、この価格帯に抑えたいのなら、業者選びも重要です。技術や実績があるのはもちろんのこと、低価格でサービスを提供している業者に絞って相談してみましょう。

300万〜1000万円

この価格帯なら、リニューアルにかける予算としては、十分な費用だと考えられます。前述した価格帯での作業以外に、大掛かりなシステム、デザインの変更なども可能です。

リニューアルを機にブランディングに力を入れることもできます。ブランディングとは、ユーザーがある商品を購入したいと考えたときに、自社製品を真っ先に思い浮かばせるようブランド化して定着させることです。

ホームページによるブランディングを成功させるには、専門的なノウハウを投入して作業を行わねばならず、入念なリサーチも必要です。必然的に作業量が増えてしまうため、費用も高くなる傾向があります。

本格的なSEOを行うときも、これくらいの費用が発生します。SEOは、ある程度までなら業者を頼らずとも対策できますが、本格的に行うとなるとノウハウや専門知識、技術が必要です。

ブランディングとSEO、いずれにしても高度なノウハウと知識、技術が必要であり、作業量も膨大です。どこまでの結果を求めるかにより、費用も大きく変わってしまうため、事前にきちんと業者に相談することをおすすめします。

1000万円以上

ホームページリニューアルには1,000万円から数千万円の費用がかかるケースもあります。この価格帯なら、自由度の高いホームページリニューアルが可能となります。

デザインを一新して新機能やシステムを実装、ブランディングやSEOに力を入れ、なおかつ動画を盛り込むなど、思い通りのホームページを作れるでしょう。

近年、動画を活用したホームページの運用を行う企業が増えました。動画コンテンツを活用すれば、自社の魅力や強みをダイレクトに伝えられるメリットがあります。

自社で扱っている商品やサービスの特徴、魅力なども情報として伝えやすく、売上向上や利益拡大を狙えます。

これほどの費用が発生する大掛かりな規模のリニューアルとなれば、期間も相当かかります。半年から1年、もしくはそれ以上の期間が必要となる可能性もあるため、ホームページリニューアルの時期と照らし合わせて考えましょう。

以下の記事ではリニューアルの進め方や注意点、リニューアル後にやっておきたいことなどについて記載されています。本記事を読んで、これからリニューアルを検討されている方はご参照ください。

まとめ

この記事で紹介している作成ツールを用いれば、誰でも無料でホームページを作成することができます。ただ、ご紹介した通り、作成方法やツールによってそれぞれに強みや弱みがあります。

ご自身のエンジニアリング能力や制作期間や人的リソース、そして費用感といった点をクリアにした上で、ご自身にあったツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

自分にとって最適なホームページ作成の方法を見つける上で、当記事が参考になれば幸いです。

ホームページの作成方法に迷っている方にはsiteflowがおすすめ!

siteflowは、ホームページ制作会社とホームページ作成ツールの
いいとこ取りをしたサービスです。

プロがホームページを作成した後は、自分でカンタン更新可能!
初期費用0円、月額費用9,000円からと圧倒的な低価格を誇ります。

・プロが作成するから高品質な出来栄え
・運用サポート付きだから万一の事態でも安心
・追加料金一切なしだから始めやすく続けやすい

まずは無料相談をお試しください。